• TOP>
  • 【白猫テニス攻略】ボレーの打ち方、ネットプレーのコツ

【白猫テニス攻略】ボレーの打ち方、ネットプレーのコツ

このページは、『白猫テニス』の対戦で勝つための基礎知識、テクニックをまとめます。
今回はボレーの打ち方とネットプレーの駆け引きについて解説していきます。


ネットプレーのススメ

001.jpg
▲ネットの近くでバウンドする前のボールを打ち返すと、“ボレー”という打ち方になる。

◆ネットプレーの基本知識

  • サービスラインより前で打つとボレーになる
  • ネット際に近づくほど鋭角なボレーを打てる
  • ハイリスクハイリターンな戦法

ネットプレーのメリット

決まれば得点になりやすい

ネット際のギリギリまで近づいたときのボレーは、ほぼ打ち返すのが不可能なほど鋭い角度で打てるので、成功すれば得点は入ったも同然。

002.jpg
▲鋭角なボレーは対応が難しい。打ち返されたとしても、相手を崩すきっかけになる。

ネットプレーのデメリット

リスクが大きい

メリットがある反面、失敗すれば自分が隙をつかれて失点してしまうリスクがつきまとう。

どんなときにネットプレーをすればいいか?

スピードが高いキャラを使うとき

素早くネットまで近づくことができるスピードタイプのキャラがネットプレーに向いている。
マールザックなどが代表的なキャラクター。

ラリーで勝ち目がないとき

スタミナの差やラリーでのダメージ差が大きいときは、そのまま打ち合っても勝ち目は薄いが、前に出て鋭角なボレーを打てば勝てるチャンスがある。

実はサーブタイプも得意

鋭いフラットサーブから崩していけるサーブタイプも、ネットプレーに向いている。
また、スマッシュが強いのでロブを打ち返せたときの決定力もあり、相性がいい。

003.jpg
▲スピードタイプは使いこなせばかなりの強さ。ネットプレーで攻めれば能力差がある相手を圧倒することも。

ボレーの狙い方と気をつけること

ボレーの狙い方

サーブのあとに攻める一手として使う

サーブレシーブのあとに素早く距離を詰めてボレーを打てば、相手にネットプレーを警戒させて揺さぶることができる。
リスクを伴うが、そのまま前に出て打ち返せれば鋭角なボレーを決められる。

スライスでコート際を攻める

ボレーを狙うときは、相手が打ち返せる方向を絞るのが重要。相手が左右に打ち分けられる状況だとこちらが対応できない可能性が高いからだ。

コート際を攻めてボールが返ってくる角度を予測しやすくすることで、ボレーの成功率を上げられる。

球速が遅いボールを狙う

スライスやドロップなど、球速が遅めのボールはこちらがネットに近づくまでの時間を稼げるので狙いやすい。
特に、相手が“ダイレクト”で弱めの返球をしてきたときは大きなチャンスだ。

004.jpg
▲スライスはスイングエリアが広がり、ダイレクトにならないのでボレーと相性がいい。ぜひとも活用すべし。

ボレーを狙うときに気をつけること

守備範囲が狭くなる

テニスは前に出るほど、ボールを拾える守備範囲が狭くなるので、ボレーを狙うと必然的に隙ができる。
球速が速いショットで横を抜かれやすくなるので、うかつなタイミングで前には出ないこと。

ロブには最大の警戒を

ネットプレーを狙うときに一番気をつけるべきなのは、ロブで後ろをとられることだ。
前に出るのが早すぎると、相手には読まれてしまう。常に後ろにも下がれるように身構えよう。

005.jpg
▲ロブはボレーの天敵だが追いつければスマッシュを打てるので、うまく誘えばこちらのチャンスになる。

ダイレクトはピンチを招く

サービスラインより後ろでバウンドしていないボールを打ち返すと、“ダイレクト”になって威力の低い返球をしてしまう。
前に出ている途中に打ち返すときにありがちなので、間に合わないと感じたら一瞬下がってバウンド後を狙おう。
また、球種をスライスにしておくことでも対策できる。

コメント

コメントの投稿にはTwitterのログインが必要です。利用規約はこちら
編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 白猫プロジェクト公式攻略データベース
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。