• TOP>
  • ポイズン

ポイズン

ポイズン

キャラ紹介

トキシックビューティー ポイズン

マッドギア壊滅後、一旗揚げようとプロレス団体のプロモーターに転向した元構成員。
見た目は美しいが姐御肌で男勝りな性格をしており、その本性は謎に包まれている。
世界格闘大会の開催を知り、うだつの上がらない人生に終止符を打つべく出場を決意する。

代表国:アメリカ

誕生日:12月7日

身 長:175cm

体 重:52kg

3サイズ:B91 / W60 / H89

血液型:不明

好きなもの:フライドポテト

嫌いなもの:警官

特 技:アクロバット

格闘スタイル:喧嘩殺法



コマンド一覧

※キャラ右向き時

分類技名コマンド備考
通常投げスラップショット(近)or +弱PK
フランケンシュタイナー(近)+弱PK
特殊技エルボードロップ+中P        中段攻撃
バックフリップKKK同時押し
必殺技ウィップオブラブ+PEX可 通常版は3回、EXは4回まで連続入力可
ラブミーテンダー+K(ヒット時にKで追撃可能)    EX可 アーマーブレイク EXのみヒット時自動で追撃
キスバイゴッデス+KEX可
エオルスエッジ+PEX可
スーパーコンボサンダーウィップ+P
ウルトラコンボラブストーム+PPPアーマーブレイク
ポイズンキッス(近)()×2+PPP



各種技解説

通常技

当てて有利になるしゃがみ弱Pは発生が3フレーム。下段のしゃがみ弱Kは発生4がフレーム。
遠距離中立ちKは足元のやられ判定が小さく、しゃがみ中Kはリーチの長い下段技。どちらもキャンセル可能技でけん制に使いやすい。
しゃがみ強Pと遠距離立ち強Kは対空技。前者は真上付近、後者は斜め上方向に判定が強いので距離によって使い分けよう。
ジャンプ弱Kはめくりを狙える。ジャンプ強Kは下方向への判定が強い。

特殊技

エルボードロップは前方に小さく跳んで肘落しを放つ中段技。
動作中は空中判定となり、低打点の攻撃や投げを避けつつ攻撃できる。

ウィップオブラブ

鞭で薙ぎ払い、追加入力でさらなる追撃を行う技。
弱→中→強の順で初段の距離が長くなり、先端を当てればガードされても反撃を受けにくい。
EX版は通常版よりもリーチが長く硬直も少ないうえ、4段目で相手を打ち上げて追撃ができるように。
通常技からキャンセルで連係し、ヒット時のみ2段目以降へつなごう。

ラブミーテンダー

前方に跳んでカカト落としを繰り出すアーマーブレイク属性の必殺技で、追加入力をするとヒット時のみ投げに移行する。
弱→中→強の順で技の飛距離が長くなる。判定が強くガードされても1フレーム不利になるだけなので、接近手段としても役立つ。
EX版は出始めから全身が飛び道具無敵で、ガードされても有利になる。

キスバイゴッデス

真上に跳び上がり回転蹴りを繰り出す。
弱は発生5フレームで発生と同時に無敵が切れるので相打ちになりやすい、中は発生が4フレームで発生後も無敵が続く。引きつければ対空に使えないこともないが初段の攻撃判定が低く、相手の空ジャンプに対して空振りしやすく危険なため、主に地上での割り込みに使うのが最適。
EX版は発生4フレームで無敵が長く、初段の判定が大きいため対空技としても信頼できる。

エオルスエッジ

鞭から衝撃波を放つ飛び道具。
強→中→弱の順で弾速が速くなり飛距離も長くなる。
強とEX版は密着でガードされても有利になるので、画面端の固めに使っても強力だ。

サンダーウィップ

前方に跳び上がり、回転しながら雷をまとった鞭で連続攻撃を繰り出すスーパーコンボ。発生が2フレームと早いうえに無敵が長く、威力が高い。
空中の相手に当てるとカス当たりしやすいので、基本的には地上の割り込みや反撃、連続技に組み込んで使おう。

ラブストーム

鞭から単発の飛び道具を放つウルトラコンボ。ヒット時は相手をロックする。
発生と弾速は遅いので、主に連続技に組み込んで使うことになる。

ポイズンキッス

相手の頬を平手打ちしたあとに股間を強く蹴り上げる投げ技のウルトラコンボ
暗転後にジャンプで回避されるが、発生が早いので反撃や起き上がりにリバーサルで使おう。



対戦攻略

エオルスエッジを主軸とした地上戦

中~遠距離戦は弱エオルスエッジでけん制しよう。弾を撃つリズムが単調にならないように意識し、弱以外と様子見を織り交ぜること。
うまく跳び込みを誘えたら、遠距離立ち強Kか引きつけてEXキスバイゴッデスで迎撃しよう。間合いを詰めたいなら強エオルスエッジを盾にして接近するといい。
ある程度近付いたら、しゃがみ中Kと遠距離立ち中Kでけん制しよう。これらはキャンセルして弱or中ウィップオブラブへ連係させ、ヒット時のみ追加入力するのが基本となる。この際、ウィップオブラブの先端が当たるように、弱と中を使い分けることが重要だ。


接近戦に持ち込みたいなら、各種中攻撃 (C) 強エオルスエッジの連係をガードさせてから接近するといい。
この連係は、合い間に跳び込まれてもバイソンとハカン以外のジャンプ攻撃ならガードが間に合うので、リスクを抑えつつ接近が可能だ。

対戦1
▲キャンセル強エオルスエッジに前ジャンプを合わされた際も、SCゲージがあればEXキスバイゴッデスで安全に迎撃できる。


接近戦に持ち込んだら、しゃがみ弱K→しゃがみ弱Pの連係と投げで二択を仕掛ける。
ガード時は一瞬歩いて投げを狙うか、下段技とエルボードロップでガードを揺さぶろう。エルボードロップは相手の投げ抜けや、打点の低い通常技をつぶしやすい。
座高の低いキャラのしゃがみにヒット、あるいはカウンターや持続でヒットすれば、しゃがみ弱Pがつながり連続技を狙える。

対戦2
▲接近戦ではラブミーテンダーも強力。セービングアタックに強く、ガードされてもスキが小さいのでどんどん頼ろう。

EXウィップオブラブからの展開

EXウィップオブラブの4段目はヒット時に相手を空中に打ち上げ、さらに追撃を決めることができる。画面中央での追撃方法を紹介していこう。
まずはEXウィップオブラブ→強ウィップオブラブ。SCゲージを消費しない追撃の中では最も威力が高く、相手を端に追い詰めやすいほか、受け身不能ダウンを奪えるのが利点。
相手キャラによって強ウィップオブラブの出しかたを変える必要があるので、以下に紹介しよう。


【最速で出す】

ダルシム、サガット、C.ヴァイパー、キャミィ、さくら、ローズ、元、ガイ、いぶき、ユン、ヤン


【ほんの少し待ってから出す】

リュウ、ケン、バルログ、アベル、セス、ダン、まこと、殺意リュウ、エレナ、ポイズン、ディカープリ


+強Pで出す(少しだけ前に歩く)】

春麗、ブランカ、バイソン、ベガ、ルーファス、豪鬼、剛拳、T.ホーク、ジュリ、狂オシキ鬼、ロレント




次にEXウィップオブラブ→ラブストーム。
威力が高いのが利点だが、以下のキャラには対応していないので覚えておこう。


【非対応キャラ】

E.本田、ガイル、エル・フォルテ、フェイロン、コーディー、ダッドリー、アドン、ハカン、ヒューゴー




最後は、EXウィップオブラブ→前ジャンプキャンセル→着地弱キスバイゴッデス→EXセービング~ダッシュ→ラブストーム。
この方法なら全キャラにラブストームを決められる。ジャンプキャンセル後にはジャンプ攻撃を出さないよう注意し、つなぎはすべて最速で。


なお、画面端ならEXウィップオブラブからラブストームと強ウィップオブラブは全キャラに問題なく決められる。

対戦3
対戦4
▲中央でのEXウィップオブラブ最終段を前ジャンプキャンセルして、頂点付近でジャンプ中攻撃。

対戦5
対戦6
▲相手より先に着地できるので、ダッシュで追い越せば裏からの攻撃が可能に。エルボードロップや投げも使って着地を攻めよう。


コンボ

※(C)=キャンセル (SC)=スーパーキャンセル

I しゃがみ弱K→しゃがみ弱P→遠距離立ち中K (C) 中ウィップオブラブ(3段目まで)

下段始動の連続技。中ウィップオブラブの1~2段目をスーパーキャンセルしてサンダーウィップにつなぐこともできる。
または、中ウィップオブラブの1~2段目からEXレッドセービングアタックをヒットさせ、続けて連続技IIIを決めることもできる。


II 中orEXキスバイゴッデス→EXセービングキャンセル~ダッシュ→【しゃがみ強K】or【弱ウィップオブラブ(3段)】or【強キスバイゴッデス】or【ラブストーム】

キスバイゴッデスをEXセービングしての追撃。密着から狙うとダッシュ後に相手の裏に回ってしまうことがあるので注意。
ダッシュの硬直中に、追撃したい必殺技のコマンドだけ完成させておこう。リベンジゲージがない状況では、気絶値とダメージ重視なら引き付けて強キスバイゴッデス、展開重視なら弱ウィップオブラブかしゃがみ強Kでの追撃がオススメ。


III セービングアタック(Lv2)→ダッシュ→強エオルスエッジ→しゃがみ強P (C) 強ウィップオブラブ(3段目まで)

セービングアタックからの連続技。つなぎはすべて最速で。


IV (画面端)セービングアタック(Lv2)→ダッシュ→強エオルスエッジ→近距離立ち強P (C) 中エオルスエッジ→しゃがみ弱P→遠距離立ち中K (C) 中ウィップオブラブ(3段目まで)

画面端のセービングアタック始動連続技で威力が高い。中エオルスエッジ後のしゃがみ弱Pは、つなぎがかなりシビアなので注意。
相手が無敵技を持つなら、中エオルスエッジ後に一瞬だけ様子を見て、エルボードロップや投げを仕掛けるのもアリだ。




現在掲載されている攻略、データはアルカディア編集部調べによるものです。
無断使用・無断転載は固くお断りします。

コメント

コメントを入力する
投稿前に利用規約をご確認ください。

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。