• TOP>
  • ヒューゴー

ヒューゴー

ヒューゴー

キャラ紹介

ジャイアントレスラー ヒューゴー

人間離れした巨体を持つプロレスラー。
愚鈍ながらその怪力を買われ、かつてはマッドギアの一員として数々の犯罪行為に加担した。
故郷のドイツで母親が作ってくれたジャガイモ料理が大好物。
自身が世界最強である事を証明する為、世界格闘大会に出場する。

代表国:ドイツ

誕生日:5月19日

身 長:240cm

体 重:200kg

3サイズ:不明

血液型:不明

好きなもの:ポイズン、ジャガイモ

嫌いなもの:自分を馬鹿にするヤツ

特 技:重量挙げ

格闘スタイル:プロレスリング



コマンド一覧

※キャラ右向き時

分類技名コマンド備考
通常投げネックハンギングツリー(近)or +弱PK
ボディスラム(近)+弱PK
特殊技ボディプレス(垂直or前方ジャンプ中に)+強P 
ハンマーフック+強P
リープアタック+中K中段攻撃
必殺技ジャイアントパームボンバー+PEX可
ムーンサルトプレス(近)レバー1回転+PEX可
シュートダウンバックブリーカー+KEX可
ミートスカッシャー(近)レバー1回転+KEX可
ウルトラスルー(近)+KEX可
モンスターラリアット+KEX可 アーマーブレイク
スーパーコンボハンマーマウンテン+PP押し続けでフェイント可
ウルトラコンボギガスブリーカー(近)レバー2回転+PPP
メガトンプレス+KKK



各種技解説

通常技

立ち弱P、しゃがみ弱Pは連打の効くチョップ。リーチが長く、連続で決めればそこそこのダメージを与えられる。
しゃがみ弱Kは下段攻撃。この技を起点に連係や連続技を狙おう。
立ち中Pはやや前進しながら張り手を繰り出す。中距離の置き技で使おう。
しゃがみ中Kはリーチの長い足払い。ヒット時はダウンを奪える。
立ち強Pは肘打ちを振り下ろす。中段属性とアーマー判定が付加しており、敵のジャンプ攻撃やけん制を受け止めつつ攻撃ができる。
しゃがみ強Kは発生がそこそこ早い中段攻撃。相手のしゃがみガードを崩したいときに出そう。ただし、ガード時の硬直は膨大なのでリスクが大きい。

特殊技

ボディプレスはめくりを狙えるジャンプ攻撃。ダウンを奪った後の起き攻めで使おう。
リープアタックは中段攻撃で、ガード時でも有利を取れる。攻撃の終わり際を当てると、さらにしゃがみ弱Kなどがつながる。

ジャイアントパームボンバー

両手をたたいて衝撃波を発生させる。
弱<中<強の順で発生が遅くなる代わりに、ガード・ヒット時の有利フレームも大きく変わる。
連係や連続技に組み込んで使うのが基本。EX版は2ヒット技となる。

ムーンサルトプレス

相手を抱きかかえて空中に跳び上がり、落下して押しつぶす投げ技。
攻撃発生が早く、反撃や割り込みをはじめ、崩し手段として重宝する。
弱<中<強で威力が上がるが、投げ間合いは狭くなる。
EX版は打撃無敵飛び道具無敵が付加する代わりに攻撃発生が遅くなる。

モンスターラリアット

腕を思い切り振り回し強烈なラリアットをお見舞いする。
主に弱版を連続技で組み込む。EX版はアーマーが付加される。

シュートダウンバックブリーカー

斜め上方に跳びあがり、空中の相手に触れると投げ技に移行する。弱<中<強で移動距離が長くなる。
EX版は打撃と飛び道具に対して無敵時間があり、対空手段として優秀な性能だ。

ウルトラスルー

相手をつかんで壁に放り投げる。
跳ね返った相手にはやられ判定が残っており、ここからさらに連続技を決められる。

ミートスカッシャー

両手を前に突き出しながら突進していき、相手に触れるとつかんで投げる必殺技。
投げ後は必ず画面端を背負わせた状況になるので、端攻めに移行できることが利点だ。

ハンマーマウンテン

勢いよく突進し連続攻撃を繰り出す。
発動後に完全無敵が付加されており、飛び道具などに対する迎撃手段としても有効。
攻撃の最後にシュートダウンバックブリーカーのコマンドを入力することで、派生攻撃として出すことができる。

ギガスブリーカー

ムーンサルトプレスを強化したウルトラコンボ。威力が非常に高い。
ダッシュや割り込みなどから狙っていこう。

メガトンプレス

斜め上方に跳びあがり、空中の相手に触れると専用の投げ演出に移行する。
ウルトラスルー後の連続技に組み込むのが強力だ。



対戦攻略

相手に接近するまでの道のり

ヒューゴーは持ち前の体力の多さと豪快な投げを駆使して闘う、接近戦特化型のキャラクターだ。
まずは相手に近付くことが目的となるが、体格が大きいがゆえに、飛び道具やリーチの長いけん制が苦手。近付きたいからといって焦らずに、じりじりと歩いて進むか、セービング~ダッシュや前ジャンプを駆使して中距離まで距離を詰めていこう。


中距離ではリーチの長い立ち中Pでけん制していく。逆に相手のけん制技が空振りしたときはしゃがみ中Kを差し込み、ダウンを奪って近付きたい。
強力な対空技を持たない相手なら、前方ジャンプ強Pやボディプレスで空中から攻めにいくのも有効だ。
相手が固まっているなら弱ミートスカッシャーやダッシュ~ムーンサルトプレスを決めて接近戦に持ち込もう。

対戦1
対戦2
▲ミートスカッシャーは投げ抜け不能なだけでなく、画面端に追い詰められるのが魅力。スキあらば狙っていこう。


ダッシュや前方ジャンプで相手に近付けたならヒューゴーのターン。
しゃがみ弱Pとムーンサルトプレスやウルトラスルーの投げ抜けできない必殺投げで択一攻撃を仕掛けていこう。
相手に攻められた場合は、地上ならEXムーンサルトプレスでの割り込みやEXシュートダウンバックブリーカーで逃げるのが得策だ。
跳び込んでくる相手は、アーマー効果の付いた立ち強Pで迎撃するといい。

対戦3
▲スーパーコンボゲージがたまっていれば、ハンマーマウンテンで相手の飛び道具をすり抜けつつ攻撃できる。

接近戦の崩しのバリエーションを増やす

ヒューゴーは中段技を豊富に持つので、投げ以外に中段と下段の択一攻撃を仕掛けるのも強力。
中段はガードされても有利なリープアタックや発生の早いしゃがみ強Kを使い、下段はしゃがみ弱Kから弱ジャイアントパームボンバーに連係していこう。

対戦4
▲豪快な見た目とは裏腹に早い発生を誇るしゃがみ強Kは奇襲に最適。ガード時のスキは特大なので、過信は禁物。


リープアタックと弱ジャイアントパームボンバーはガードされても不利にならないので、ここから投げと打撃の択一攻撃を迫ろう。より接近するためにボディプレスで上から攻めるのも悪くない。
本命は必殺投げのどちらかを決めることだが、これらは後方ジャンプで回避されるのがネック。
たまにEXシュートダウンバックブリーカーを放ち、逃げるところを追撃しよう。

対戦5
▲対空はEXシュートダウンバックブリーカーにお任せ。距離が近いと相手のバックステップを吸えることもある。

ウルトラコンボ、どちらがオススメ?

ギガスブリーカーは発生が早く、崩しはもちろん、割り込みや反撃に適している。
メガトンプレスは空中投げという属性を活かして相手の空中行動を抑制できるほか、連続技Vに組み込むことで高火力を出せる。
どちらも強力だが、空中戦が強いキャラにはメガトンプレスを選択するのがオススメだ。

対戦6
対戦7
▲連続技Vは病み付きになる威力!一度お試しあれ。


コンボ

※(C)=キャンセル (SC)=スーパーキャンセル

I ミートスカッシャー→立ち中P

投げ後に相手が着地する瞬間を狙って立ち中Pを出せば連続でつながる。
タイミングがシビアなため常に決めるのは難しいが、練習する価値は十分にある。


II ボディプレス→しゃがみ弱K (C) 弱モンスターラリアットor【ハンマーマウンテン~シュートダウンバックブリーカー】

めくりから狙えて、起き攻めにいける点が魅力。
スーパーコンボゲージがフルの状態ならハンマーマウンテンにつなぐことで、高火力をたたき出せる。


III しゃがみ弱K(カウンターヒット) (C) 弱ジャイアントパームボンバー→しゃがみ弱K (C) 弱モンスターラリアット


IV 強ウルトラスルー→弱ジャイアントパームボンバー→弱シュートダウンバックブリーカー

V 強ウルトラスルー→EXジャイアントパームボンバー×2→メガトンプレス

投げ抜け不能のウルトラスルーを活用したもので、基本的にはIVをメインに決める。
メガトンプレス選択時、かつスーパーコンボゲージに余裕があるならVを狙いたい。


VI 【セービングアタック(Lv2)】or【強ジャイアントパームボンバー】→中ジャイアントパームボンバー→EXジャイアントパームボンバー→弱ジャイアントパームボンバー→しゃがみ弱K (C) 弱モンスターラリアット

ジャイアントパームボンバーをふんだんに盛り込んだ連続技で、1ゲージ消費とは思えないほどの威力を誇る。
相手の割り込みを読んだり、大きなスキを見せたときには欠かさず決めたい。
スーパーコンボゲージがない場合はEXジャイアントパームボンバーを省き、弱ジャイアントパームボンバーへとつなごう。



現在掲載されている攻略、データはアルカディア編集部調べによるものです。
無断使用・無断転載は固くお断りします。

コメント

コメントを入力する
投稿前に利用規約をご確認ください。

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。