編集部コラム/お前が嫁になるんだよ!トールさん珍道中!!

書き手:垂直落下式しゃれこうべライターM(Twitter
編集悪魔超人編集TTwitter

ぶつかる視線はトニーVS花月!
赤いベルトに新たな名勝負の予感!

新たな名勝負の予感!!!

スターダム最高位と謳われた赤いベルト!
前王者・岩谷麻優の手からトニー・ストームに王座が渡り、幾星霜!
ここでベルト欲をむき出しにしてきたのが大江戸隊のカリスマリーダーこと花月ですy【編集えびす落とし】

編集T「中断させるタイミングが分かりにくい!!」

そ、それにしたってこの組み合わせはアツい……!
そいつはさておきッ!!

花粉の爆撃によって春の訪れを感じてますよ! 週刊しゃれこうべ!!
花月の魅力なら悪役なのにけっこう真面目なところ推し、SRSライターMです!!

さぁーて今週のエピソードトークはァ!
まだまだ掘るぜ、北欧神話!!

今回はまたまたトールさんとロキさんがメインでございますよ!
なんと原典ではもちろん男なトールさんが嫁入りするというお話!!

なんでまたそんなことになったのか、それをこれから見ていきまっしょい!

【目次】

消えたミョルニルを追え!

巨人たちの国であるヨトゥン・ヘイムに暮らす王のひとり、
巨人・スリュムとある女神を自分の花嫁にしたいと願っていました。
その女神の名は、フレイヤ。神々のあいだでも美人と評判の女神です。

【騎士】神話型フレイヤ

神々と敵対する巨人が女神を妻にするなど、普通に考えれば無理しかない話です。
が、スリュムはその無理難題をどうにかせんと、とある作戦を決行します。

そんな陰謀が動いているとはつゆ知らず、トールとロキはまたも巨人の国を散策していました。
そろそろ神々の国・アースガルドに帰ろうかとしたとき、
トールは恐ろしく重大なことに気が付きました。

ないのよ

そう、並みいる巨人を一撃で粉砕する必中の鎚・ミョルニルなくなっていたのです。
眠る前には確かにあったはずですが、どうやら夜中に盗まれてしまった模様。
弱ったトールはロキに相談します。

おこなの?

ふたりはひとまず大急ぎでアースガルドに帰り、
フレイヤのもとに行くと、鷹に変身できる魔法の羽衣を借してもらいます。

「心当たりがないこともない。ちょっくら巨人どもの国を探してくるとしよう」

そう言って鷹の姿になったロキは、ひとっ飛びしてスリュムの城へと向かいました。

編集T「犯人の察しがついてたのか」

悪だくみ大好きなロキですからね~!
トラブルのもとになりそうな情報は普段から集めていたのやも……?

花嫁を捧げよ!

さて、スリュムのもとへやってきたロキが問い詰めると、
スリュムはあっさりとミョルニルを盗んだことを認めます。

「あの鎚は地下9マイルの深さに埋めてある。
あれを貴様らに返すつもりはない。が、フレイヤがワシの妻となるなら話は別だ」

編集T「ゲスい作戦だな……」

ロキも若干引いたスリュムの求婚作戦ですが、
ミョルニルの場所も分からないので、ひとまずロキはアースガルドに帰り、
スリュムの要求を神々に伝えます。

ロキの話を聞くやいなや、トールはすぐさまフレイヤのもとへ走ります。

クズトールさん

編集T「唐突にトールがクズに」

トールさんが焦るのも無理はありません!
何しろ、ミョルニルがないことが巨人たちにバレてしまえば、
彼らがいつ大挙して押し寄せるか分かったものではありません!

そうなれば神々の国も最大のピンチ!
最悪巨人に制圧されてしまうまであり得るのです!

しかし、フレイヤはどうしても嫁入りを承諾しません。
そこで神々はミョルニル奪還の作戦会議を行います。

さまざまな意見が出つつもまとまらない会議のなか、
普段はアースガルドの門番を務めるヘイムダルが口を開きます。

【黄昏の角笛】神話型ヘイムダル

「ここはひとつ、トールがフレイヤの代わりに花嫁となるのはどうだろうか。
ベールとドレスで顔と体格を隠せば、そう簡単にはバレないはずだ」

なるほどそれはいい、とその場の神々も賛成しますが、
トール本人はヘイムダルの案に反対しました。
が。

「誰のせいでこうなったんだ」

「寝てるあいだに盗まれてんじゃないわよ」

「そうだそうだ!!」

……と、散々に言われた結果、トールは渋々花嫁衣裳を着ることになり、
一方、ノリノリで侍女に変装したロキとともにスリュムの城へと向かうのでした。

侍女ロキ

りまいんど

ところで、『乖離性』のトールで考えるとね!
花嫁姿もバッチこいというか、純白型待ったなしでございますが!

世間一般で言う雷神・トールのイメージをお忘れなく!
どちらかというとビジュアルはカログレナントに近いはずですからね!!

【騎士】第二型カログレナント

こんな感じにボディロッキンで激ヤバな野郎が花嫁衣裳ですよ!

編集T「これは、そう、吐き気」

笑いをこらえるのに必死なロキと、恥ずかしさで怒りゲージMAXなトール!
スリュムの城にたどり着いたふたりの命運やいかに!?

殺意の花嫁

城の前にたどり着いたトールとロキ。
彼らは疑われることもなく、フレイヤとその侍女として歓迎されます。

編集T「警備ガバガバすぎでは」

ま、まぁ、恋は盲目ってやつですかね……!

フレイヤが来たと思って舞い上がったスリュムは、
城の巨人たちを集めて豪勢な宴を開き、トールたちを歓迎します。

怒りと長旅で腹ペコだったトールは、目の前に並んだ料理をことごとく平らげます。

あっという間に牡牛1頭鮭8匹をガツガツと腹に収め、
さらにスイーツも食べまくるわ酒も飲みまくるわと、
正体がバレてもおかしくない勢いです。

スリュムもさすがにおかしいのでは、と声を上げますが、
そこですぐさま飛び出したのが、侍女に化けたロキです。

「ご理解ください、スリュム様。フレイヤ様はヨトゥン・ヘイムに来たい気持ちで胸が詰まり、
8日ものあいだ何も口にされなかったのです。多少食欲が旺盛なのはそのせいでございます」

嘘平八郎

編集T「さすがに口が上手いな……!」

口八丁の手八丁、トリックスターの本領ここにありですよ!

「ふむ、それほど楽しみにしてくれていたとは。
ならば、さっそく口づけのひとつでもしてくれよう……」

と言ってトールのベールをめくったスリュムですが、
ベールの奥を覗いた瞬間、広間の隅まで吹っ飛んでしまいます

編集T「!?」

「お、おい侍女よ!
なぜフレイヤの目は燃えさしの炎のように恐ろしい光を放っているのだ!」

「あぁ、スリュム様、どうかお許しください。
フレイヤ様はあなた様に会うのが楽しみで、この8日間、一睡もできていないのです。
そのせいで、ちょび~っとだけ目が赤くなってしまっているのでございます」

嘘甚八

「そ、そうか……。ならば、口づけはまた後でもよいな。うむ……」

スリュムがすっかり意気消沈してしまうと、今度はスリュムの姉がやってきます。
この姉がなかなかのセコい性格で、花嫁から金目の物をなんとか奪おうとするのです。

「あなたがスリュムの妻となるのね。
ここでいい暮らしがしたいなら、挨拶は大事よ。
たとえばそう、あなたが指にはめているその指輪をくれたり、ね」

が、それどころではないトールはこれをガン無視

トールの怒りがそろそろ爆発してしまいそうなのを見ると、
ロキは本来の目的を果たすべく、スリュムに進言します。

「スリュム様、夫婦の契りを交わします前に、まずはあなた様の誠実さを示してください。
ミョルニルを返すという約束を破らない証として、
いまここで、ミョルニルをフレイヤ様のお膝の上に置いていただきたいのです」

「うむ、フレイヤと結婚できるならその程度お安い御用だ」

そう言ってスリュムが合図すると、部下の巨人がフレイヤに化けたトールの膝にミョルニルを置きます。

その瞬間、トールは、自分のドレスとベールを引きちぎり
怒りに震える身体とギラつく瞳をあらわにしました。

ブチ切れトールさん

スリュムが驚きの声を上げるよりも早く、
トールはスリュムの姉にミョルニルを振り下ろし、その頭蓋を粉砕

振り向きざまにスリュムも打ち砕くと、
宴に参加していた巨人たちをつぎからつぎへと血祭りに上げていきました

編集T「うわぁ……」

巨人たちが死屍累々と、まさしく屍の山を築き上げるなか、
ちゃっかり安全な場所に避難していたロキはその光景をニコニコと眺めていたのでした。

面白!!

あとがき

ってことでぇ!
今回はまたまた北欧神話、トールさんお嫁に行くの巻でございました!
いやまさか雷神様が強制女装とは!

編集T「神話の時代からこんなネタがあるとはな……。
それはさておき、前回ルーン文字についての質問がきてたな」

「文字ひとつひとつに意味があったら、書ける文章が限られるのでは?」

ってやつですね!

ルーン文字は単体で“も”意味がある、という感じなので、
英語で言う“I love you”のように単語をつづって文を作ることもできますよ!

ただし、ルーン文字が使われていたのは古代英語とかなので、
当然単語や文法も違っている訳ですね!
なので、ルーン文字に直してもけっこう素っ頓狂な感じになるやも!
(日本語をローマ字に変換して“OMOCHI TABERU”と書くような感じ……?)

ところでベディヴィアのルーンね!!
マンナズじゃなくてテイワズでしたね!!
完全にティザーサイト見落としてましたよ!!!

テイワズでした

ベディヴィアはオルウェン回隻腕の騎士として登場していましたし、
フェンリルに片腕を食われたテュール神とは確かにベストマッチ!

いや~、確認はしっかりね!!


と、なったところで!!
いざ参らん、スターダムトーク!!!

編集T「尺ないんで巻きで」

でしょうね!!!

ならば!
岩谷麻優花月が第1回戦を突破した、
WOH(ウーマン・オブ・オーナー)初代王座決定トーナメントの話ですかね!!

空を舞う岩谷が初代王者となるか!!!

海外団体ROH(リング・オブ・オーナー)との提携でスターダム勢も参加しているこの戦い!
果たして並みいる強豪をかきわけ、スターダム勢が決勝に進めるのか!
後半戦は海外で行われますが、経費で観戦できたりしませんk【編集ミサイルキック】

編集T「ゴルロイスの話しろっつったろ!!!!」

イベストに登場したっつってもテキストだけでしょうがよ!!!!
というかワイハン!!
ワイハンは出ないんですか!!!
ちょっとスクエニさn【強制終了】

【北欧ストックもあと少し!】

コラムで取り上げてほしいキャラ、行ってほしい特集はいつでも募集中!

「この騎士ってどんな活躍したんだろう?」
「この妖精って元ネタあるのかな?」
「SRSと編集Tの考える○○ベスト5ってどんな感じ?」

などなど、『乖離性』で攻略に関係ない疑問があれば当コラムのコメント欄へ書き込んでください!
SRSが可能な範囲で調べて取り上げます!

皆さまのコメント、お待ちしています!




SRSのTwitterはこちら!
編集T(悪魔超人)のTwitterはこちら!

コメント欄にジャンプ!

過去のキャラコラム一覧

表示/非表示切り替え


参考文献

マッケンジー,A,ドナルド(1997)『北欧のロマン ゲルマン神話』(東浦義雄・竹村恵都子訳) 大修館書店





前回のコラム
教えてオーディン!ルーン文字あれこれ!!【垂直落下式しゃれこうべライターM】
北欧神話にちなんで、神秘の文字・ルーン文字をご紹介!
つってもわりと呪術とかに限らず日常的に使っていたようですが!!

コラム一覧に戻る
Copyright © 2018株式会社スターダム, All rights reserved.

コメント

コメントを入力する
投稿前に利用規約をご確認ください。

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

乖離性ミリオンアーサー攻略wikiへようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。