編集部コラム/聖杯探して悪夢へGO!受難のパーシヴァル!!

書き手:垂直落下式しゃれこうべライターM

海賊王女 宝城カイリジャングルパワーで宙に舞う!!

パイレーツオブアフリカン

……いや、違うな。

密林の力を借りて、いま、必殺の!
ダイビング・エルボー!!

うんうん、こっちかn【編集落下鉄肘(ダイビング・エルボー)

編集T「どっちもねえよ!!」

の、のっけから空襲とは恐ろしい……!

こちとら2016年に入っても唯一コラムを書き続けているんですから、
少しは大目に見てくださいよってんだ!!

編集T「あぁ~ん?てめェの目は節穴か?」

ドMパイセンコラム

ど、ドMパイセン久々にコラム書いとるゥゥー!!

編集T「言われんでも気づけや!!」

シクシク……1月は占拠ならずでありますか……。

と、そろそろ本編行かないと観客席から石が飛びそうなので……。

早いもので1月も最終日、週刊しゃれこうべ!
丸め込みならスモールパッケージホールド推し、SRSライターMです!

今回は金曜日(2016年1月29日)に乖離進化が実装されたパーシヴァルにフォーカス!
乖離進化キャラを扱うのはなんだか久しぶりな感じがしますよ!

【目次】

再登場だよパーシヴァル

さてさて本コラムでは2回目のメインキャラとなりますパーシヴァル!
イテールさんから鎧を譲渡(物理)されたことでおなじみですね!

【騎士】華恋型パーシヴァル

え、そんな話知らない?

そんなあなたにはまず2015年11月に掲載したこちらのコラムをオススメ!

あんたの鎧、いただくよ!パーシヴァルと赤い鎧!!

はい、読みましたね!読んだ設定で行きますよ!
読んでなくとも差し支えないのですが。

ということで、今回は!

パーシヴァルが鎧を得て騎士に任ぜられた後、
聖杯を求める道中でエラい目に遭うお話であります!

編集T「もうちょっとマシな紹介の仕方はなかったのか」

第1章 再会、そして離別

さてさて聖杯を求めて旅に出たパーシヴァル。
ちょいと木陰で休憩していたところ、同じく聖杯を探すランスロットと出会います。

わりと定期的に登場しますはパーフェクトイケメン、ランスロット!
とは言え今回はいいところなしなんですけどね!クックック……!

【湖の騎士】第一型ランスロット

パーシヴァルは旅の供としてガラハッドを探していましたが、
彼を見つけるまでは、とランスロットとともに行動することにしました。

さて、パーシヴァルとランスロットが何日か馬を進めると、
ふたりはとある荒野で、真っ赤な十字の描かれた白い盾を持った騎士に出くわします。

ここで登場した騎士でございますが、
じつはこちら、ガラハッドさんだったりします!

【探求の騎士】第一型ガラハッド

ちなみにガラハッドがその白い盾を手に入れるお話は
ずいぶん前になりますが、2015年9月のコラムで紹介しています!

聖杯の兆し!探求の騎士ガラハッド!!

編集T「露骨に過去コラムに誘導するとは……いやらしい……」

PVが若干増えるよ!やったね悪魔超人!!

編集T「そのネタはやめろ」

ま、まあ一応つながりはありますから!
プロレスネタ入れすぎて厳重注意くらった回ですが。

それでは戻りまして!

ガラハッドに出会ったパーシヴァルたちですが、
いかんせん彼が兜を被っていたため、その正体に気づきません

「そなたは誰か。誰に仕える騎士か」

ランスロットが問いかけますが、
一種の瞑想状態にあったガラハッドは
ランスロットの呼びかけを完全にスルー

編集T「ん?ところでランスロットとガラハッドって……」

YES! They are!!
彼らは親子でしたね!

しかし、騎士の物語ではお約束ですが、
鎧兜に身を包んでいては正体が分からないのです……!

何度も問いを投げるも、
少しも反応しないガラハッドに業を煮やし、
とうとうランスロットは彼に戦いを挑みます

最高の騎士と名高かったランスロットですが、
なんと彼の一撃は軽くいなされ
逆にガラハッドの反撃を受けて落馬、気絶してしまいます。

これを見たパーシヴァルもガラハッドに突撃しますが、
これまたガラハッドに打たれ、馬から落ちます。

地べたでノビているふたりを尻目に、
ガラハッドは再び瞑想に入り、馬を進めて去っていきました。

編集T「ガラハッド強ッ!」

勝利を約束された最強の騎士ですからね!
ダテじゃないってなもんです!

ガラハッドが去った後、
ランスロットは人生初の敗北心を折られ
自分を倒した騎士(つまりガラハッド)を探し続けます。

パーシヴァルはランスロットを止めようとしたものの、
ランスロットが自分の制止を聞こうともしないので、
再びひとりで旅を続けることにしました。

ということで、ランスロットは出てきたと思いきや即退場!
話は引き続きパーシヴァルを追いますよ!

第2章 古王モルドレインと白い盾

パーシヴァルが馬を進めていると、
ある日彼はひとつの僧院を見つけ、その中に入ります。

そこで彼は、非常に年老いた、王冠を被った老人を目にします。

その老人は顔や身体、さらには手の先に至るまで傷だらけで、
常人を3人は殺せるほどの傷を負っていました。

胸に7つの傷、どころじゃありませんよ!
果たしてこの傷だらけじいちゃんの正体とは!?

パーシヴァルが親切そうな僧に尋ねてみると、
その老人の名はモルドレイン400年もの時を隔てた時代の王だと言います。

編集T「400……年……!?」

徳川幕府もビックリですね!
そしてここでやっと聖杯が話に絡んできますよ!

僧は、モルドレイン王がかつてイエス・キリストの末裔と出会い、
赤い十字が描かれた白い盾を授かったこと、

王はとある戦から帰った後、神の警告を無視して聖杯に近づき、
そのを受けたことをパーシヴァルに話しました。

そうして罰を受けてからというもの、
王の傷は癒えず、その目も見えなくなってしまったというのです。

編集T「傷が癒えないのに死なないとは、また地味な拷問を……」

しかし一応解呪方法はあるのですよ!

「それはお気の毒に……。
王の傷を癒す方法はないのですか?」

パーシヴァルがそう聞くと僧は答えます。

「ないことはないのです。
ガラハッドという騎士が現れれば王の傷は癒える
主はそのようにおっしゃられました」

また、モルドレイン王はお告げに従い、
ガラハッドのために赤十字の白い盾をとある修道院に預けたのだとか。

ここまで聞いて、パーシヴァルの脳裏にあの赤十字が浮かび上がります。
そう、彼が先日闘った騎士の持っていた白い盾の赤十字が!

「なんということだ!
私とランスロットを打ち倒したあの騎士!
彼こそがガラハッドだったのだ!

そうと気づいたパーシヴァルは僧たちの声も聞かず、
僧院を飛び出し、ガラハッドを探すのでした。

さてさてガラハッドを探しに出たパーシヴァルですが、
ここから彼の受難が始まります。

第3章 救援のガラハッド

あてもなく僧院を飛び出たパーシヴァルの前方に、騎士の影が見えてきました。

編集T「もうガラハッド見つかったんか」

とーころがどっこい!

近づいてみると、そこにいたのは20人もの野良騎士でした。

編集T「野良……?」

ま、まあようはモブですよ!

20人の騎士たちは、パーシヴァルがアーサー王の騎士だと知ると
彼に一斉に襲い掛かりました

パーシヴァルは武芸に優れた若き騎士でしたが、
多勢に無勢、馬は殺され、彼自身も追い詰められます

彼に最後の1撃が振り下ろされるまさにその瞬間、
途端に野良騎士たちの怒号が鳴り止み、
聞こえるのは低いうめき声のみとなりました。

意識も朦朧となっていたパーシヴァルが頭を上げると、
その目に映ったのは鮮やかな赤十字の白い盾でした。

そう、パーシヴァルを危機から救ったのは
他ならぬガラハッドだったのです。

編集T「20人の騎士が全滅!?3分もたたずにか……!」

実際は数人を打ち倒して戦意をそいだというところですかね!
それでも十分チート全開の強さなんですが!

ガラハッドは野良騎士が逃げるのを見ると、
もはや用はないとばかりにその場を去ってしまいました。

痛む身体を起こして後を追うパーシヴァルですが、
重体の人間の足で馬に追いつけるわけもありません。

やがて走る足が木の根にとられ、
パーシヴァルは倒れた拍子に頭を打って気絶してしまいます

編集T「イテールと闘ったときは大活躍したのに、今回はパーシヴァル散々だな」

著者や物語によって騎士の扱いは千差万別ですからね~。
哀れなり、パーシヴァル……!

残念ながら、この後さらに彼の受難は続きますがね!

第4章 謎の乙女と黒い駿馬

さて、パーシヴァルが目を覚ますと、
彼のそばには見知らぬ乙女が。

何故かパーシヴァルの名を知る彼女は、
彼にガラハッドを追うためのをくれました。

獣と仲良くなれることに定評のあるパーシヴァルでしたが、
その漆黒の馬をひと目見た瞬間恐怖に襲われます。

明らかにヤバい予感がしつつも、
それでもガラハッドを追うため、と
パーシヴァルは馬を借りることにしました。

何で騎士さんたちはヤバい予感を基本ガン無視なんですかね……。

パーシヴァルが乗るや否や、
馬はすさまじい勢いで駆け出します。

周りの風景は飛ぶように流れ去り、
黒馬は一瞬で何日分もの距離を移動しました。

ふとパーシヴァルが前を見ると、目の前には大きく流れの荒い川が。

黒馬は何か勝利を確信したような声を上げ、
猛然と川に突き進んで行きます

もはや我が命もこれまでか、と観念したパーシヴァルが額の前で十字を切ると、
唐突に黒馬が苦しみだし、パーシヴァルを投げ落としました。

黒馬がそのまま川に突っ込むと、
川からは水しぶきではなく、火柱が上がり、黒馬を焼き尽くしました

編集T「なんだこの超展開は」

馬が悪魔的なサムシングだったんですかね……?

しかしまだまだ超展開は続きますよ!

第5章 孤島と2隻の船

黒馬が焼けるのを呆然と見ていたパーシヴァル。
ふとあたりを見回すと、なんと彼がいたのは絶海の孤島でした。

先ほどまで馬に乗って駆けていた森はなく、
4方にはただ海が広がるのみです。

パーシヴァルが再び呆然としていると、
今度は上空から獣の鳴き声が響きます。

見上げてみれば、なんとびっくり!
翼の生えた蛇小さなライオンをくわえて飛んでいます。

編集T「もはや突っ込んだら負けなのか、これは」

さらに、親と思しきライオンが蛇を追いかけ、
近くにある丘の上で蛇と戦闘を始めました。

編集T「ん?蛇とライオン……、どこかで聞いたような」

ええ、このくだりはユーウェインがライオンを助けた話に似ていますね!

そしてユーウェインと同じく、
パーシヴァルもライオンを助け、仲良くなったとかなんとか!

そんなこんなで絶海の孤島ライフを送っていたある日、
パーシヴァルは海の向こうから1隻の黒い船が来るのを発見します。

これで帰れるぞ、と喜ぶパーシヴァルでしたが、
船に歩み寄ると、船から出てきた黒髪の美しい乙女が言います。

「そんなことより、まずは食事でもなさいませんか?」

その乙女が船の人間に目配せすると、
船から黒いテントと食べ物、ワインが出されました。

編集T「船に乙女にテントまで黒黒&黒とは……、
また悪魔だとかじゃあるまいな」

そしてテントの下、パーシヴァルは彼女と杯を交わします。

ワインを飲みながら乙女の話を聞くと、
彼女はかつては某国の王妃でしたが、王の怒りを買ったために
国を追放されてしまったのだと言います。

乙女はパーシヴァルに力を貸してほしいと頼み、
パーシヴァルのほうもこれを快諾します。

そして乙女がパーシヴァルに口づけをしようとしたとき、
ふとパーシヴァルの剣が彼の視界に入ります。

ちなみに、どの騎士の剣もそうであるように、
パーシヴァルの剣もまた、十字架のかたちをしていました。

編集T「十字架ってぇことは……?」

その剣を見た途端、パーシヴァルは強い恐怖と悪寒に襲われます。

パーシヴァルが震える手でなんとか十字を切ると、
彼の隣りにいた乙女や葡萄酒、テントなどはすべて消え去ってしまいました

編集T「やっぱ悪魔か!」

神様のご加護スゴイナー。

そして、乙女が黒い船ともども消え去った後、
パーシヴァルが神に助けを乞い、祈りを捧げると
今度は純白の帆を張った白い船が現われました。

白い船の出現とともに、どこからともなく声が言います。

「パーシヴァルよ、この船に乗るがいい。
そなたは絶望の淵に足を踏み入れたが、見事に踏みとどまってみせた。

船の導きに従って旅を続ければ、
やがてはそなたの求めるガラハッドにも出会えるだろう」

そしてパーシヴァルはこの声に従い、
再び冒険の旅へと出るのでした。

~ To Be Continued ~

編集T「……あ、え、終わり?ガラハッドに再会するんじゃないの?」

そこまで書いたらもったいない尺が伸びすぎるでしょ!!

編集T「完全にお前ェの都合じゃねえか!!」

~パーシヴァル先生の次回にご期待ください~

あとがき

ということで今回は聖杯探求譚でございました!
聖杯はてんで出てきませんでしたが!!

じつはガラハッドに負けて絶望中のランスロットは、
聖杯に遭遇していたりするのですが、それはまた別の機会に!

いやあ、そしてスターダムですよ!!

先週(2016年1月24日)の大阪大会では、
王座を防衛したチームハイパーデストロイヤーズ
紫雷イオ岩谷麻優、そして宝城カイリの3人娘が挑戦を表明!!

3人娘が6人タッグ王座に挑戦表明!

果たして体重100キロをも持ち上げる松本浩代を打ち倒せるのか!?

力持ちだよ松本

しかし岩谷のキックだって負けてはいない!
見よ、この迫力!!
岩谷ハイキック

頑張れ、岩谷
頑張れ、3人娘!!

僕はいつでも応援してまs【編集ハイキック】

編集T「お前この前松本の応援してたろ!!!」

そ、そこがアウトな……の……。ガフッ

カード一覧

過去のキャラコラム一覧

タイトルひと言説明公開日
悲しみは愛ゆえに!悲恋の騎士ペリアス!!ぺリアス、その悲恋!
ガウェインの外道っぷりにも注目!
2016年1月24日
ナイルのほとりでこんにちわ!
エジプトの神々!!
オシリスの命を狙うセトの悪意!!
ネフテュスアヌビスもちょろっと登場!
2016年1月17日
新春炸裂!
ディナダン&輝夜だよ!!
メインは輝夜の元ネタである竹取物語の紹介!
コメントでもツッコミがありますが竹姫の元ネタでもあります!
2016年1月10日
嫁にするなら豚を殺れ!
巨人王の娘オルウェン!!
オルウェンを娶るための課題をめぐる冒険!
ケイの意外なチート性能も明らかに?
2016年1月3日
行くぞ怪傑!
ユーウェインとライオン!!
ユーウェインライオンの出会い、そして冒険!
ユーウェインも意外と強いんですよ?
2015年12月27日
恐怖のヤンデレ教官!
その名はスカアハ!!
スカアハの意外なヤンデレエピソード!
恐ろしくも悲しい意外な一面は必見!!
2015年12月20日
質問はノーセンキュー!
白鳥の騎士ローエングリン!!
ローエングリンが少女の悲劇を救う!
もちろんゴットフリートも登場しますよ!!
2015年12月13日
呪いの槍は誰を突く!
レウィ&クーホリン!!
レウィクーホリンの出会い、そして別れ……。
クーホリンの名前の由来も紹介!
2015年12月6日
UTSUWAを見せろ!
ガウェインと呪われた花嫁!!
ガウェインの花嫁となった呪われた女性とは!?
人を見た目で選んじゃいかんのです!
2015年11月29日
訪れはカオスとともに!
湖の乙女ニムエ登場!!
妖精ニムエが現れるとき、何かが起こる!?
ラモラックペリノア王の意外な強さも!
2015年11月15日
壮絶!
魔女モーガンの策略がもたらした悲劇!!
魔女モーガンがアーサー王の命を狙う!
しかし彼女の計画が狂った結果……?
2015年11月8日
あんたの鎧、いただくよ!
パーシヴァルと赤い鎧!!
パーシヴァルが鎧を手にするエピソードを紹介!
彼女に鎧を受け渡す騎士と言えば?
2015年11月1日
正妻ジャスティス!
王位の継承者コンスタンティン!!
コンスタンティンのお話をいたしましょう!
正妻って、いいですね……。
2015年10月25日
悲劇の姉妹!
ベイリン&ベイランシスターズ!!
ベイリンベイランのエピソードを紹介!
姉妹の悲しい運命とは!?
2015年10月18日
魔剣神剣どうですけん!
アロンダイト&天叢雲!!
魔剣アロンダイト神剣天叢雲を紹介!
日本神話もいいものです!
2015年10月11日
レジェンド伝説!
名剣&神の盾に迫る!!
名剣カラドボルグ神盾アイギスを紹介!
『乖離性』のメインストーリーの話も……?
2015年10月4日
三女は聖女!?
狂乱の魔女モーガン!!
モーガン過去などを紹介!
イラコンに舞い降りた闘魂型モーガンの姿も!?
2015年9月27日
悲しみの未亡人!
ローディーネ!!
ローディーネ元ネタを紹介!
彼女と騎士ユーウェインの出会いに迫ります!
2015年9月20日
聖杯の兆し!
探求の騎士ガラハッド!!
ガラハッドの数あるエピソードの中から、
石の剣白い盾を手に入れるお話を紹介!
2015年9月13日
ポロリもあるよ!
傾国の淑女、ロウエナ!!
ロウエナの元ネタを紹介!
セリフいじりもありますよ!
2015年9月6日
悲恋と謀略どちらが好み?
ランスロット&エレインズ!!
ランスロットふたりのエレイン
元ネタを紹介!
2015年8月30日
八方美人はアイ・オブ・ザ・ハリケーン!
柔手のガレス!!
ガレスと彼をいじめる、
リネット&リオネスを紹介!
ガレスの兄弟の話も!
2015年8月23日
歴史をヒストリー!
さるかに&ヘルヴォール!!
ヘルヴォールと彼女の持つ魔剣、
ティルフィング元ネタを紹介!
あの伝説の昔話も……!?
2015年8月16日
浜辺に潜むサスペンス!
消えたアイスの行方を追え!!
夏と言えば水着!水着姿のウアサハ
スカアハを中心にいじっています!
2015年8月9日
歩く危険地帯かよ!?
ガウェインと愉快なナカマたち!!
ガウェインとその周りの人物紹介かよ!2015年8月3日
天上に輝く五つ星!
ステラクラウン!!
星冠型5人組のアイドルユニット、
ステラクラウンのメンバーを紹介!
2015年7月19日
沈黙の恋路は一方通行?
エニード&エレック!!
エニードエレック
むーむーコンビを紹介!
2015年7月4日
愛憎の三つ巴!
白のイゾルデと金のイゾルデ!!
トリストラムふたりのイゾルデによる、
恐ろしい三角関係を紹介!
2015年6月11日

参考文献

サトクリフ, ローズマリ(2001)『サトクリフ・オリジナル2 アーサー王と聖杯の物語』(山本史郎訳) 原書房.






前回のコラム
低カット率の挑発カードは本当に使えるの?【引き弱ドMライターO】
帰ってきたぜドMパイセン!!今回は20%、30%挑発もけっこう使えるよ、というお話です!
なぜか僕の“御祭性”取材時の写真も載っていますよ!!

コラム一覧に戻る
Copyright © 2016株式会社スターダム, All rights reserved.

コメント

コメントを入力する
投稿前に利用規約をご確認ください。

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。