編集部コラム/教えてオーディン!ルーン文字あれこれ!!

書き手:垂直落下式しゃれこうべライターM(Twitter
編集悪魔超人編集TTwitter

熾烈とはッ!!
誇りをかけた女王たちの戦いを表す言葉であるッ!!

王者・イオは高き壁として立つ!!!

この春に高校を卒業する若き戦士、渡辺桃!
初のシングルメインイベントにて挑むは紫雷イオ!!

観客の応援を勝利への予感に変えるほどにの猛攻はすさまじく!
されど王者・イオは無情なまでの実力で挑戦者をねじ伏せr【編集ムーンサルト】

編集T「防衛は必然だっつってんだろォォー!!」

へ、編集T!
インフルエンザにかかったわりには元気ですね……!
※ガチです。

ま、それはさておき本編本編ん~!

座って本を読むと眠気がノンストッピング! 週刊しゃれこうべ!!
桃が見せた新技のなかではテキーラサンライズ推し、SRSライターMです!!
技名は後から調べて知りましたけどね!

さぁて今週はエピソードトーク、ともちょっと違いますね!
前回のリクエストにお応えしまして、北欧神話からの番外編!
ルーン文字特集回をお送りいたしますですよ!!

その特徴やら読みにくさやらに触れつつ、
『交響性』の騎士たちが対応するルーンなんかもチェックしていきますよ!

【目次】

オーディン先生のルーン教室

さてさて!
ファンタジーを扱うゲームや北欧神話でおなじみのルーン文字!
なんとなく存在は知っていますが、細かいことはぶっちゃけよく知りませんよね!

書籍をあさってみても、その起源についてはまだ謎が多いとされ、
いつどこで生まれたのか、まだまだ不透明な存在だそうな!

オーディン9日9夜のあいだ首吊り&槍貫かれ状態になってルーン文字を会得した、というエピソードも、
ルーン文字は神がもたらしたもの(つまりルート不明)であることを示していると言えますね!

今回はそこまでしてルーン文字をラーニングしたオーディン先生といっしょにね!
ルーン文字について判明している範囲でお勉強していきましょう!

オーディン先生

「それ違くね?」的なことがありましたら、
例によってコメントにてご指摘いただければ幸いですよ!

ルーン文字、いろいろ

本コラムでもちょくちょく話題には出していますが、
何気にルーン文字の見た目って紹介していませんでしたよね!

あまりに有名なので多くの人は見たことがあるでしょうが、
つまりはこういう感じの文字でございますな!

るんるんるーん

なかなか特徴的な形で不思議な雰囲気もありますが、
パッと見で思いつく共通点は何ですか、編集T!

編集T「うーむ、直線が多いな」

お、いいポイントを突いてきましたね!
ではそのへんについてオーディン先生、解説よろ!

01

02

編集T「は~、なるほどなるほど。木目ねぇ」

北欧神話にも登場することからお察しでしょうが、
ルーン文字はヨーロッパ北部の諸地方に存在していました!

8~11世紀ごろの中世にはヴァイキングたちがヨーロッパ各地で猛威を振るい、
彼らがみずからを称えてそこらの巨石に自分の功績を彫っていたりしたとか!

だがしかし!

ルーン文字が刻まれた物品はその多くが紛失しており、
各研究者を悩ませているそうな!
それは何故なのオーディン先生ェー!

03

編集T「木と石はともかく、金属ェ……」

1734年に発見された、ルーン文字付きの純金製の杯も、
1802年に盗まれて融かされちゃったそうですからね!
いやはやヒドい話で……!

魔法の文字、か?

編集T「んで、ルーン文字ってぇと神秘的な力が、みたいな話も多いが、
実際のところはどうだったんだ?」

そういうイメージがあったんですけどね!
占いに使われたり護符として刻まれたりはしていたものの、
加工品の制作者を示す文言など、実用的な文字としての使用が多かったようですね!

呪術的なもので言えば、解読不明な文字列があったり、
ドラゴンや神々を模した彫刻とともに彫られているものなどがあったりと!
それっぽいものもけっこうあるみたいですが!

04

編集T「へ~」

あと個人的にびっくりしたのがですね、
ルーン文字は書きかたのルールが自由すぎて
解読するのは相当面倒そうなんですよ!

編集T「と、言うと?」

オーディン先生が英語と比べつつ教えてくれますよ!

05

編集T「あー、もうしんどいな」

これで文章を読むとなると、相当難解になるでしょうね~!

06

編集T「こいつは……!」

普通に全部左から読むパターンもあるとかで、いやぁもう大変!

07

編集T「面倒すぎじゃね?」

いやぁ、これがただの書き間違い、というか彫り間違いなのか、
それとも何かしらの意味があったのか、どっちにせよ読みにくさMAXですね!!
じゃ、オーディン先生の出番はここいらで終了ということで!!

ルーン文字のABC

さてさてそんなルーン文字でございますが!
日本語で言う平仮名、英語で言うABCのように、文字一覧的なものがあるんですが!
これまた時代や地域によって数や形にバラつきがあるんですね!

なので今回紹介するものも、あくまでその一例として見ていただければ!
ということで、ルーンの形、名前、英字などに対応する発音
そしてそのルーン文字が持つ意味を並べていきましょう!

ルーンの名前に関しては表記ブレ的な可能性もあるので、
あくまで参考程度にどうぞッ!

ルーン一覧01
ルーン一覧02
ルーン一覧03

編集T「多い~」

なお、別パターンではあと4文字ほど多かったりもしますね!

現在登場している『交響性』の騎士たちは称号が【〇〇のルーン】となっていますが、
それぞれ対応するルーンとセットで確認してみますか!

あくまでこちらで調べたものを当てはめているだけで、
実際に『交響性』で同じような対応があるかは分かりませんので、
そのへんはご了承をば!!

で、まずバッチリマッチしているのが太陽のルーンのガウェイン
水のルーンのランスロットですかね!

交響型ガウェイン

交響型ランスロット

ガウェインは原典でも太陽の力でパワーアップするという能力がありますし、
湖の騎士とも呼ばれるランスロットが水のルーンなのも納得ですね!

ガウェインの弟であるアグラヴェインガレスについては、
それぞれ松明贈物、なんとなく支援系っぽいルーンですが、
実際どんな感じになるのか……?

交響型アグラヴェイン

交響型ガレス

能力が想像できないので言うと、豊穣のルーンのパーシヴァルなんかもそうですね~!
逆にモードレッドということで、冷気系の能力持ちっぽい感じも……!?

交響型パーシヴァル

交響型モードレッド

そして!
門のルーンのガラハッド戦士のルーンのベディヴィア

こちらについては、そもそもルーンの対応が若干不安なのですが、
スリサズはいばら⇒いばらの門、マンナズが男⇒戦士ということで、
多分合っているはず!

交響型ガラハッド

交響型ベディヴィア

果たして、ほかにはどんなルーンの騎士が登場するのか!
テュールやらフレイやらの神々に対応するルーンとかは、とくに気になりますね!

みなさんも残りのルーンは誰になるか予想してみてはいかがでしょうかッ!?
んでは、今回はここいらで!

あとがき

ってことでね、今回はルーン文字回でしたよ!
大英博物館とかに行けばモノホンのルーンが見られますからね!
これを機にヨーロッパ圏に旅行とかしてみては!?

編集T「それはガチ勢すぎるだろ……!!」

実際に「行ってきました!」とか言われたらリアクションに詰まりますね、ええ!
まぁ僕としてはね!
英国に行ってきましたの報告も聞いてみたいですけどね!
むしろこっちに行ってきましたの報告を聞きたいし聞かせたいですね!

そう!
つまりはスターダムトークの幕開けですよッ!!!

いやァーもう、先週2月18日の後楽園ホール大会はヤバかったですよ!!
メインもさることながら、セミメインのトニー・ストームVS里村明衣子がもうね!!
静かな緊張感に溢れたグランドの攻防がもう、芸術品の域ですよ!!

この勝負はもはや芸術の域!!!

現代のレスリングにおける最高峰、そのふたりの初対決という歴史的瞬間をね!
まさに!
目撃した訳ですよ!!
嗚呼、レスリングファンで良かった!!

そ、し、て!
未来にも大きな楽しみが!!

年齢20歳以下、もしくはキャリア2年未満の選手に挑戦権があるベルト、
フューチャー・オブ・スターダム王座が新たに爆誕!
果たして初代王者に輝くのは誰か!!

新王座設立で燃える!!!

個人的に初代王者決定トーナメントの決勝は、
やはりAZMパイセンVSスターライト・キッドがアツいのではないかとね!
タイトル戦がいまから楽しみで楽しみd【編集ドロップキック】

編集T「長くねぇか!!!」

そ、それだけ密度の濃い大会だった、って、こと、です、よ……!デスサイズッ

【北欧続投か、話題チェンジか】

コラムで取り上げてほしいキャラ、行ってほしい特集はいつでも募集中!

「この騎士ってどんな活躍したんだろう?」
「この妖精って元ネタあるのかな?」
「SRSと編集Tの考える○○ベスト5ってどんな感じ?」

などなど、『乖離性』で攻略に関係ない疑問があれば当コラムのコメント欄へ書き込んでください!
SRSが可能な範囲で調べて取り上げます!

皆さまのコメント、お待ちしています!




SRSのTwitterはこちら!
編集T(悪魔超人)のTwitterはこちら!

コメント欄にジャンプ!

過去のキャラコラム一覧

表示/非表示切り替え


参考文献

河崎靖(2017)『ルーン文字の起源』 大学書林.
マッケンジー,A,ドナルド(1997)『北欧のロマン ゲルマン神話』(東浦義雄・竹村恵都子訳) 大修館書店
ページ,レイ(1996)『大英博物館双書 失われた文字を読む7 ルーン文字』(菅原邦城訳) 學藝書林
ジョンソン,ポール(2009)『ルーン文字 古代ヨーロッパの魔術文字』(藤田優里子訳) 創元社





前回のコラム
トールさんブチ切れ!巨人の国の大冒険!!【垂直落下式しゃれこうべライターM】
トールさんがロキさんを連れて旅に出る!
しかし、そこで遭遇したのは世にも奇妙な冒険で……?

コラム一覧に戻る
Copyright © 2018株式会社スターダム, All rights reserved.

コメント

コメントを入力する
投稿前に利用規約をご確認ください。

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

乖離性ミリオンアーサー攻略wikiへようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。