キャラクター/ホープ・ジェンセン

ホープ.jpg

人物

 
 アサシン教団におけるシェイの指導者の一人であり、彼のことを未熟ながらも評価していた。

 ニューヨークの犯罪組織を取り仕切っており、毒を使った暗殺を得意とする。シェイがアサシン教団を離反後、刃を交えることになる。

CV(声優):たなか久美

来歴

生年:1732年
没年:1759年

 ニューヨーク市生まれ。幼くして両親を亡くし、その後は児童養護施設に預けられる。やがて、植民地で新生活を築きたいと願っていたドイツ人夫婦の養子となり、ホープと名付けられる。

 その後、ホープの義父の事業は大きな利益を上げ、一家はニューヨークの上流階層と交流をするになった。しかし富を築き、溶け込もうとする最大限の努力をしたにもかかわらず、彼らがニューヨークの社交界に本当に受け入れられることはなかった。彼女は、世界が不公平であることを次第に理解しはじめる。

 1742年、ホープの義父は謎の失踪を遂げ、その消息は二度と知られることはなかった。そして同年後半、父親のビジネスパートナーだった者たちが義父の事業の経営権を奪い取り、彼女と義母は路上生活を余儀なくされた。

 ホープは、病気を患った義母のために食べ物や薬を盗む生活を送る。しかし、彼女の必死の献身も虚しく、義母は亡くなってしまう。天涯孤独の身となった彼女は、二度と誰にも頼らずに生きていくことを誓う。

 1746年、ホープはアキレスと出会う。彼は、彼女の生命力とスリの腕前、強靱な意志に興味を持つ。そして1年後、彼女はアサシン教団に招き入れられることになる。

 ホープはアキレスにニューヨーク内にネットワークを構築することを命ぜられ、ほどなくして彼女はニューヨークの組織犯罪の大半を牛耳るようになった。

 

その他の登場人物

シェイ・パトリック・コーマック
アキレス
リアム・オブライアン
ホープ・ジェンセン
アドウェール
ヘイザム・ケンウェイ
クリストファー・ジスト

コメント

コメントを入力する
投稿前に利用規約をご確認ください。

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。