• TOP>
  • 海戦の基本

海戦の基本

 海洋での戦闘は艦隊船が基本となる。敵船を無力化した後は乗り込むことが可能となり、これを制圧することで、積み荷などを入手することができる。
 
 艦隊船と乗り込みをスムーズにこなすためには、モリガン号のアップグレードが非常に有効だ。

 アップデート項目は多岐に渡るが、対船に対して効果的なものは、モリガン号の耐久力を上げられる外殻、側砲などの武装系、重砲の貯蔵庫などの弾数アップ系だ。

 乗り込みに反映されるものは、船員居住区、船倉になる。

アップグレードの優先度

 船首カロネード砲、側砲、臼砲、重砲といった攻撃面を優先してアップグレードしていこう。なお、臼砲と重砲は弾数制になっている。そのため、臼砲の貯蔵庫、重砲の貯蔵庫も併せてアップグレードしておくといい。
 
 モリガン号の耐久力となる外殻のアップグレードは、耐久力不足を感じたら行っていくといい。

 また、アップグレード項目の通常弾の威力は側砲、炸裂弾の威力は船首カロネード砲に反映される。

戦闘テクニック

 敵船との戦いにおいては、基本的に正面切っての打ち合いは避け、死角からの攻撃を仕掛けていきたい。

海洋戦闘の例

  1. 遠距離から臼砲で攻撃
  2. 船首カロネード砲で敵船の速度を落としつつ、後方に回り込む
  3. 側砲、パックルガン、重砲を使い、近距離から攻撃
  4. 敵船に後ろに回り込まれそうな場合、燃える油を使用

最適な位置取りをしよう

 海洋戦闘時には、被ダメージを極力避け、効率的に敵船にダメージを与えることが望ましい。

 たとえば、側面が向き合えば側砲の撃ち合いになり、正面切っては船首カロネード砲の撃ち合いになり、最終的には耐久力の勝負となってしまう。複数との戦闘をこなすには理想的と言いがたい。

 そのために必要なことは、敵船が攻撃手段に乏しい背後からの攻撃だ。加速、減速、最大船速を使い分け、速度をコントロールして敵船背後からの攻撃を心がけたい。

武器を使い分けよう

 モリガン号には様々な武器が搭載されているが、それぞれ得手、不得手がある。また、視点の方向によって使用可能な武器が限られてくるので、どの方向を向いているかの状況把握は常に必須となる。

船首カロネード砲

 視点を船首に向けた状態で使用することができる。着弾時、敵船の速度を若干鈍らせることが可能。攻撃力は、アップグレードの炸裂弾の威力が反映される。
 
 アップグレードは2段階まで。2段階目で砲門が倍に増える上にアップグレード費用も比較的安めなので、優先して強化しておきたい。
 
 側砲と比べると砲門の数が少なく、側砲のアップグレードが進むと攻撃力不足を感じてくるだろう。進行方向にしか撃てないので、敵艦に近づきつつ攻撃する用として使うといい。

側砲

 視点をモリガン号の側面に向け、L1ボタンを押した状態で使用可能。近距離から中距離まで幅広く使うことができる。攻撃力は、アップグレードの通常弾の威力が反映される。
 
 アップグレードで砲門が増えていき、最終的には17門まで増加する。かなりの攻撃力となるので、こまめにアップグレードしていこう。

パックルガン

 全方位に使用可能。連続して撃つことができるが、威力は高くない。しかし、敵船にダメージを与えた際に露出する弱点を狙うことで、大きなダメージが期待できる。

重砲

 弾数が設定されている。視点をモリガン号の側面に向けた状態で使用可能。威力は高いが、L1ボタンで狙いを付けられない、射程が短いと、当てられるようになるには慣れが必要。

臼砲

 弾数が設定されている。全方位に使用可能で、もっとも長い射程を持つ。弾切れを起こしやすい点、使用時には視界が限定されることが難点だが、攻撃力は武装の中でも随一。臼砲の威力だけではなく、臼砲の貯蔵庫も優先的にアップグレードしておきたい。

燃える油

 後方視点時のみ使用可能。海面に一定時間炎を発生させることができる。メインウエポンとして使うのではなく、後方から追ってくる敵船との距離を取る際に使用するといいだろう。

衝角

 モリガン号船首を敵船に接触させることで、ダメージを与えることができる。敵船に密着する必要があるため、リスクが大きい。

望遠鏡を使おう

 あまりアップグレードをしていない状態で、高レベルの敵船に勝つことは困難だ。敵船と交戦する前には、必ず方向キー上を長押しし、対象の船を調べよう。また、保有している積み荷も確認することができるので、目当ての積み荷がある場合にも有効だ。

乗り込みを有効に使おう

 敵船に乗り込んで制圧することにより、いくつかの選択肢が提示される。その際、“解体してモリガン号を修理する”を選ぶことで、モリガン号の耐久力を回復させることができる。

 この方法が優れている点は、他の船と交戦中でも乗り込みは可能乗り込み時には、他の船の動きが停止することの2点だ。

 高レベルの船との連戦時には大きな助けとなってくれるので、積極的に利用していこう。

乗り込み

 無力化した船に近づき、○ボタンを長押しすることで乗り込むことが可能になる。その際に提示される各アクティビティを達成することで、敵船の積み荷を得ることができる。また、積み荷は船倉のアップグレードにより、最大所持数を増加させることが可能だ。

 敵船制圧後は、下記3つの内からいずれかを選択可能。

  • ・解体してモリガン号を修理する(モリガン号の耐久力の回復)
  • ・コーマックの艦隊に送る(“海戦”で使用できる持ち船を増やす)
  • ・敵船を解体する(資金を増やす)

 なお、フェイが舵輪に戻ることで乗り込みを中止することもできる。また、船員メーターが尽きると乗り込みに失敗する。船員がすぐに死亡してしまう場合は、船員居住区をアップグレードすることで、船員の最大数を増やすことが可能だ。

各アクティビティについて

 敵船のレベル、船の種類によって各アクティビティが決定される。なお、レベルの高い船ほど難易度は高くなる。

敵の船員を倒す

 敵の船員を規定数倒す。なお、敵船のレベルが高くなるにつれ、倒すべき敵の数が増える。

 実際に乗り込りみ白兵戦に持ち込んでも良いが、その前に手動パックルガンを使うことがおすすめだ(SEQUENCE2 MEMORY1終了後)。弾数は限られているものの、直接戦闘を避け、効率的に敵を倒すことができる。

 ただし相手が軍艦の場合、対象の間近で乗り込むと船体の高さの違いから、パックルガンの射線が遮られてしまうことがある。軍艦に対しては、ある程度の距離を取ってから乗り込むことがおすすめだ。

敵の斥候を倒す

 軍艦の上部に配置されているターゲットを規定数倒すことで達成可能。斥候は狙撃をしてくるタイプの敵のため、率先して倒しておきたい。

敵の船の旗を切り落とす

 敵船上部に上り、旗を切り落とすことで達成できる。“敵の斥候を倒す”とセットになっていることが多く、この場合、登っている最中に狙撃される恐れがある。斥候を倒してから旗を切り落とすようにしたい。

敵の船長を倒す

 殺害対象を撃破することで達成可能。

敵の船に残っている火薬を破壊する

 ピストルや爆竹ダート、手動パックルガンなどで火薬樽を破壊する。間近で破壊する場合、自分が巻き込まれないよう、あらかじめ距離を取ろう。

コメント

コメントを入力する
投稿前に利用規約をご確認ください。

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。