キャラクター/アキレス

人物

 アサシン教団の導師であり、重鎮。

 シェイ以外にも多くの人物を教団へと引き込んでおり、リーダーシップに優れている。

 植民地においてアサシン教団を設立、その後はケセゴワース、ホープらと共に自らの勢力を拡大させてゆく。

 重用な任務を任せるほどシェイの実力を高く評価していたが、この任務をきっかけに、シェイは教団を裏切ることになる。
 
CV(声優):辻親八

来歴

生年:1710年頃
没年:1781年

 カリブ人とイギリス人の子孫として、西インド諸島に生まれる。1730年代中頃、彼は伝説的なアー・タバイ師によって教団に引き入れられた最後のアサシンとなった。訓練が完了すると、アキレスはアメリカ植民地で教団を設立すべく、北アメリカに送られた。

 アキレスはアビゲイルという女性と結婚し、二人の間にはコナーという息子が生まれた。そして、教団がフロンティア全体に拡大する前に落ち着くことができる農場を築いた。

 彼は、リアム・オブライエン、デ・ラ・ヴェランドリー、ケセゴワーセ、ホープ・ジェンセン、そして最後のシェイ・コーマックを含む、有望な入植者たちを教団に誘い入れた。また、部族と教団との連携に腐心し、特にモホーク族との結びつきを強化した。

その他の登場人物

シェイ・パトリック・コーマック
リアム・オブライアン
ホープ・ジェンセン
アドウェール
ヘイザム・ケンウェイ
クリストファー・ジスト

コメント

コメントを入力する
投稿前に利用規約をご確認ください。

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。