ストーリー&世界観/CH.2_Crossing_Paths

01.jpg

あらすじ

 地下水路にジョセフと共に落とされたキッド。しかし、彼の姿はどこにも見当たらなかった。

 行く手を阻むホーンテッドを倒し、先を急ぐキッドだったが、水路の底が抜け階下に落とされてしまう。

 足を瓦礫に挟まれ身動きでできない状態のキッドに、ホーンテッドとキャダバーの群れが襲いかかる。それを撃退し、辛くも難を逃れるキッド。

 キッドは水路の奥へと進む。そこでリフレインする“メビウス”の男の声。それは「セバスチャンとジョセフは任務には関係がない捨て駒である」と告げるものだった。

「邪魔になったら、どうするべきかは分かっているな」

 男は念を押すように、そう言った。

 クリーチャー・トラウマから逃れたキッドは、水路の先でジョセフと再会。彼はセバスチャンを待つよう提案するが、キッドはすぐにここから脱出しなければ、と反論する。

 脱出口を探すキッドに、再び“メビウス”の男が警告を発する。それはジョセフの存在についてだった。キッドは男に「彼は何も気づいていない」と反論するが、「彼は無用。片付けろ。これは命令だ」と一蹴。

「ジョセフを殺す……、そんなことをしても、レスリーは見つからない」
「キッド、君は弱い。我々を失望させるほどにな」
 
 男との会話の最中、よく知った声が聞こえてくる。気がつけば男の姿はどこにもなく、セバスチャンとジョセフの姿が目の前にあった。

「捉えただけで殺さないというのは妙だ」と言うジョセフに、「彼は脅威と見なさなかった」とつぶやくキッド。しかしその直後、波動によりホーンテッド化したジョセフが襲いかかってくる。

「お前が誰か知っている。彼は渡さない」「お前が私たちを巻き込んだんだ」

 ジョセフを死闘の末倒し、「どうしてこんなことをさせるの?」と叫ぶキッド。

「自らの罪を悔いることはあるか?」

 その声と共に、キッドは意識を失う。目覚めた場所は、彼女の生家だった。思い出される母の記憶、町の中心の像、惨めだった暮らし。それらが彼女の中に去来する。

 町に出たキッドはレスリーを見つけるが、彼はキッドの言葉を聞かず、去ってしまう。 

 ホーンテッドたちの群れを避け、ようやくレスリーと合流したキッド。意思の疎通は難しかったが、彼の願いを聞き教会へと向かう。

「私から離れないで、守ってあげるから」

 教会に向かう途中、過去の様々な出来事を思い出すキッド。ツェーンの手から逃れ、ついにレスリーと共に教会へとたどり着く。

「あいつ、来た!」

 叫ぶレスリーの視線の先にはルヴィク。

「お前が義務を果たしているか見に来ただけだ」「私のように、そいつを傷物にされては困るからな」

 レスリーを“器”と呼ぶルヴィクは彼の意識に浸食する。襲いかかるレスリーに銃を向けるキッドだったが、そこに“メビウス”の男が割って入る。

 レスリーを連れてこいと命じる声に、キッドは明らかな反発の声を上げる。

「私には……、できない! レスリーを連れ出したらルヴィクを解き放ってしまう! 彼がどんなことをするのか計り知れないのよ!」
「君は覚悟はできていると言った。君は決断をする立場にはない」

 組織の意向に逆らったキッドは、男の不可思議な力による暴力に晒されることになる。キッドは辛くも逃げだし、教会の外へと出る。

「いつまでも逃げきれんぞキッド! あの少年を連れてくるのだ!」

 男の声は遠く、しかしはっきりとレスリーの奪還を命じるのだった。

ギャラリー

02.jpg
↑銃弾に悶えるライトウーマン。いかに強力なクリーチャーと言えども、無敵ではないようだ。

03.jpg
↑キッドがジョセフたちを心底仲間であると思っていたか? それは定かではないが、少なくとも“メビウス”に従うまま、殺すつもりはなかった。

04.jpg
↑ジョセフを倒した後。結局のところ、“メビウス”の思惑通りに動いてしまったことになる。

05.jpg
↑キッド曰く「町を満たす、みじめな命を思って泣いているように見えた」という像。

06.jpg
↑度々語りかけてくる“メビウス”の男。キッドを常に見張り、精神的ゆさぶりをかけてくる。

07.jpg
↑ようやく出会えたレスリーだったが、彼の意識はルヴィクに冒されてしまう。

08.jpg
↑印を組む“メビウス”の男。絶大な力を発する衝撃波は、ルヴィクの能力に勝るとも劣らない。

09.jpg
↑言っていることに正当性はあるが、行動はあくまで力ずくだ。

10.jpg
↑影の手に捕まってしまうキッド。STEM内でルヴィク並の超常現象を起こす彼の正体は一体……?

<<前のストーリーへ次のストーリーへ>>

コメント

コメントを入力する
投稿前に利用規約をご確認ください。

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。