第21章/ボス/フェニックス(21-7)

敵データ

フェニックス[ボス]Lv.58武器:杖属性:炎
フェニックスHP
32021
攻撃
174
魔攻
340
EXP
1659
防御
488
魔防
558
スキル1:鳳翼轟炎 全体
ブラストマウスLv.50武器:杖属性:炎
ブラストマウスHP
1865
攻撃
148
魔攻
210
EXP
1304
防御
192
魔防
204
スキル1:ブラストブレス 周囲1
スラグラーLv.51武器:槍属性:-
スラグラーHP
2315
攻撃
158
魔攻
55
EXP
1304
防御
198
魔防
199
スキル1:突き刺し 縦1
スキル2:突き飛ばし 縦1

第21章のその他の敵データ

攻略

初期配置

ボスは「フェニックス」。それに「ブラストマウス」、「スラグラー」がそれぞれ4体ずつ中央に固まって登場する。
「フェニックス」は凄まじい威力を誇る属性の全体攻撃と、敵全員を完全蘇生するスキルを持つ難敵。ただし、初回行動は3ターン後、2回目以降は2ターンごとの行動となるため行動回数自体は多くない。なるべく行動させないうちに倒すために、攻撃力重視の編成で挑みたい。

初期配置

最初の3ターンでHPを半分まで削る

ボスの行動はHP残量で変化する。HPが約半分以上残っている場合はその場で「鳳翼の羽音!全員復活!」を繰り返し、周囲の敵を撃破された場所に蘇生してくる。
「ブラストマウス」と「スラグラー」は最初中央に集まっているので、最初のターンでこの8体の敵を可能な限り倒しておけば、復活しても再度処理しやすい。あらかじめ前のバトルでこの8体を挟み込めるように味方を配置しておこう。
挟み役には「挟み+周囲1」など広範囲を攻撃できるスキルを持つものが適任。もし所持していない場合は、第15章や友情の契約で仲間にできる「ビッグコルプ」が属性で敵の弱点も突けるのでオススメだ。

ボスを挟む役とザコを挟む役で分担するといい

ボスのHPが半分を切ったら速攻で倒す

ボスはHPが半分を切ると、蘇生をやめて「鳳翼轟炎 全体」&移動を繰り返すようになる。このスキルは、適正レベル程度では多くのキャラクターが耐え切れずに、一撃で戦闘不能になってしまうほど強力な全体攻撃。逃げ場もないため、撃たれる前に撃破するという方法で乗り切ろう。
そのためには、ボスのHPを半分程度まで削ってからパワードポイントを使った2列挟み攻撃で畳み掛け、2ターン以内に撃破できる程度の攻撃力が必要になる。属性の攻撃がよく通るほか、野獣の防御力を下げられる「グレース」や周囲の敵の防御力を下げられる「インビジブル」などがいると物理攻撃でも有効打を与えやすい。逆に属性はほとんど通用しないので、アタッカー選出の際は注意しよう。また、今回は回復役の重要性も高くないので、攻撃面でも貢献できる回復役がいる場合はそちらを連れてくるといいだろう。

別の対抗策として、「対炎カプセル生成」のスキルを持つキャラクターがいれば、これを重ねがけすることで味方全体を守れる。「アメリパクト」や「ギゴジャゴ」などが育っているなら、これで「鳳翼轟炎」を耐え切るのもアリだ。

氷属性で攻められると楽になる

コメント

コメントの投稿にはTwitterのログインが必要です。利用規約はこちら

『テラバトル』関連サイト

【テラバトル】公式サイトへ
▲『テラバトル』公式サイト


【テラバトル】オフィシャル・グッズショップへ
▲オフィシャル・グッズショップ


【テラバトル】高橋きの先生_よそみたっぷ【マンガ】
▲ファミ通連載漫画


【テラバトル】オフィシャルコミュニティサイト【Lobi】
▲公式コミュニティ・サイト

『テラバトル』関連Twitter

『テラバトル』公式攻略wiki


『テラバトル』公式アカウント

『テラバトル』関連動画


▶動画をもっとみる