ストーリー&世界観/『ザ・エクセキューショナー』のストーリー

プロローグ

 STEMでの実証実験を継続
 ルヴィク縁故の男と娘を使い
 レスリーによる装置脱出のプロセスを検証する

 STEMにつながれて戻らない
 あなたの娘を救い出すには

 自らSTEMに接続し
 中で他の被験者を全員殺すしかない

 そこへは違う体で行くことになる
 でも、そのほうが都合がいいはずよ

 STEMの影響で彼女も
 やがて記憶を失い怪物になる

 そうなる前に救いだすこと
 可能なサポートはするわ

ストーリー

 男は、実の娘を救いに、自らSTEM内へと侵入することになる。

 そこでの彼の姿は金庫頭のクリーチャー、キーパーであった。

 STEM内に在るルヴィクの生家、ヴィクトリアーノ家を訪れ、メビウスからの指令を受け取る男。

 それは「娘のSTEM脱出を阻害する、他被験者たちを全て殺せ」というものだった。

 現在STEMに繋がれている被験者は、男本人と実娘の2人に加え、“刑事”、“双子の弟”、“殺人犯”、“精神患者”、“元傭兵”の計7名。

 娘の幻影を追いながら先へ進み、指令に従う男。

 しかし、倒すべき被験者たちはSTEMの影響下にあり、いずれもおぞましいクリーチャーへと変貌していた。

 チェーンソーを振るう“殺人犯”サディスト、異形の巨人“双子の弟”ツェーン、記憶を失い暴走する“刑事”ジョセフ、重火器を携えた“元傭兵”サディストRPG。

 彼らを殺すたび、STEM世界はより深淵へと男を導く。

 メビウスは、被験者を殺すことで娘の記憶の喪失速度は緩やかになると言う。

 しかし、それは記憶の緩慢な死と同義であった。

 最後の被験者、圧倒的な巨体を誇る“精神患者”アマルガムαを倒し、ついに娘と再会する男。

 だがその瞬間、男の体から生み出された影が娘を捕らえる。

 それは、自らと瓜二つの異形、ブラックキーパー。

 最後にメビウスから下された指令。それは、「自分自身を殺すこと」。

 娘のため、5人の被験者を殺した男。だが結果として、男は彼らの“影響力”を奪い続け、娘に近付くだけでSTEM支配へと導く存在へとなってしまっていた。

 娘を救うためには、文字通り自身を殺すしかない。

 しかし、それは同質存在との戦いに他ならない。

 ブラックキーパーを追い詰めるたび、自らも同等のダメージを負う男。

 そして男は、死闘の末ついにブラックキーパーを倒すことに成功する。だが、同時に男も絶命に至ることになった。

 現実世界。

 STEMから生還した娘は、装置につながれた父に優しく手を重ねるのだった。

ギャラリー

01.jpg
↑STEMへと繋がれる男。この女性はまさか……?

02.jpg
↑幾度となく現れる娘の幻影。男の手は空を掠めるのみ。

03.jpg
↑サディストとの戦い。鉄槌とチェーンソーが火花を散らす。

04.jpg
↑襲いかかるホーンテッドの群れ。しかし、キーパーの戦闘能力には及ぶべくもない。

06.jpg
↑軽々と鉄塔を振り回すツェーン。キーパーと言えども、まともに喰らえばタダでは済まない。

07.jpg
↑自我を失ったジョセフ。意外にもその身のこなしは素早い。

08.jpg
↑サディストRPG。高威力の重火器と使い、熾烈な攻撃を仕掛けてくる。

09.jpg
↑這い寄るアマルガムα。そのパワーは、乗用車を軽々と投げ飛ばしてくるほど。

10.jpg
↑ようやく出会えた愛娘。しかし、男の体に異変が……。

11.jpg
↑もうひとりの自分自身、ブラックキーパー。娘を抱きかかえ、いずこへか去る。

12.jpg
↑ブラックキーパーのメインウェポンは刀。鈍重な外見とは裏腹に、その斬撃は非常に鋭い。

13.jpg
↑刀を地面に突き刺し、異形の腕を大量に召還するブラックキーパー。捕まってしまえば、待っているのは死のみだ。

14.jpg
↑現実世界。STEMから生還した娘は男とようやく再会する。男の安否は、果たして……?

コメント

コメントを入力する
投稿前に利用規約をご確認ください。

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。