• TOP>
  • 環境グリッド

環境グリッド

環境グリッド.jpg

※コントローラー操作の表記についてはPlayStation4を基本にしております。
※()内はXbox 360のコントローラー操作です。

 地域ごとの作物の育ちやすさや環境などを色によって確認できる。R2ボタン(Rトリガー)を押しながら〇ボタン(Bボタン)で表示することができ、L1ボタン、R1ボタン(Lボタン、Rボタン)でタブの切り替え、十字キーで項目の選択ができる。タブごとに確認できる内容は下記のとおり。

作物タブ

 作物タブでは土地が農園や牧場を建てるのに適しているかを確認することができる。緑色になっている部分が最も適性が高く、黄色、赤と変化するにしたがって適性は低くなる。作物の適性は工場による環境汚染などで変化するので、建設時には適性が高かった土地も時が経つにつれて適性が下がることがある。時代が変わったときなど、定期的に適性を確認して、必要があれば農園や牧場の移転を検討しよう。

自然環境タブ

 自然環境タブでは「美観」、「環境汚染」、「木」、「津波」、「火山」の項目が確認できる。グリッドの色によって確認できる内容は書きのとおり。

美観

 その土地の景観の美しさを確認できる。緑色が濃いほど美しい土地であり、観光施設や娯楽施設を建設すると高い効果を発揮する。黄色、赤になっている土地ではそれらの施設に高い効果を望むのは難しい。浜辺付近の方が内陸に比べて美観の優れているが、工業施設などが建設されると美観は損なわれる。

環境汚染

 その土地の環境汚染の度合いが確認できる。緑色が濃いほど環境は汚染されていない状態であり、黄色、赤となるにつれて汚染がひどくなっている。工場などの施設を建てていくと環境汚染が進む。環境汚染がひどい土地では農園や牧場の生産力が低下してしまうので、その場合は環境汚染を減少させる施設を建てるか、農場を別の場所に立て直すなどの対応を検討しよう。

 その土地でどれだけ木が採れるかが確認できる。伐採キャンプを建てる場合はこのグリッドが濃い緑色になっている場所に建てた方がより多くの木を採ることができる。伐採が進み木の本数が少なくなるにつれてグリッドの色は緑から黄色、赤へと変化していく。

津波

 津波が発生した際にその土地がどれだけの被害を受けるかを確認できる。グリッドが赤いほど被害が大きくなり、黄色、緑と変わるにしたがって安全な土地となる。基本的に沿岸部ほど赤く、内陸に進むにつれて緑色になっていく。

火山

 火山が噴火した際にその土地がどれだけの被害を受けるかを確認できる。グリッドが赤いほど被害が大きくなり、黄色、緑と変わるにしたがって安全な土地となる。基本的に火山を中心にして一定範囲が赤くなり、火山から離れるほど緑色になっていく。

生活タブ

 生活タブでは「治安」、「電力」、「自由」の3項目が確認できる。グリッドの色によって確認できる内容は下記のとおり。

治安

 治安のよさを確認できる。緑になるほど治安がよく、黄色、赤と変化するにしたがって治安は悪くなっていく。また、住居など人の集まる施設が集中している場所ほど治安が悪くなり、警察署などを建てれば治安は改善できる。警察署を建設する際は、他のグリッドと異なり赤い部分に建てたほうがより効果的となる。

電力

 電力の供給範囲を確認できる。発電所を中心とした一定範囲が送電範囲となり、その範囲内で発電量が消費電気量を上回っていればグリッドは緑色となり、発電量が不足している場合は赤色となる。なお、発電所を増設せずに送電範囲を広げたい場合は、変電所を建設すればそこを中心とした一定範囲にも電力が供給されるようになる。

自由

 自由度の高さを確認できる。緑色になるほど自由度は高く、黄色、赤となるにつれて自由度が低くなる。自由度は住人の幸福度に関係があるので、結果的に支持度に影響を与える。軍事施設を建てるとその周辺の自由度が低下し、新聞社などのメディア施設を建てれば周囲の自由度を上げることができる。警察署同様、新聞社なども赤い部分に建設することでより効果を発揮する。

タグ

コメント

コメントを入力する
投稿前に利用規約をご確認ください。

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。