編集部コラム/続・ターゲティングスキルの謎に迫れ〜強化された10%〜

書き手:熱血バリキレライターY(♂)

紅葉.jpg
紅葉が始まったぞ、全国各地のアーサーのみんな!
そろそろ秋の季節が本格的にやって来るけどヨぉぉォ……この季節、みんなは何を思い浮かべる?

スポーツか? 読書か? はたまた、食欲か?

オレ、バリキレはだな……“キノコ狩り”がバリッバリのキッレキレに熱いぜッ!!

山をバックに.jpg
▲空気がうんめぇ!!

ターゲットは、山のダイヤとも呼ばれる松茸だ。今日も山を歩き続けるぜ……。

キノコ.jpg
▲発見物一覧。いやあ、どのキノコもうまそうだ!

う~ん、松茸は見つかんねぇなぁ……。明日はどのポイントにターゲットを絞っていこうか……。

ん? ターゲット……ターゲティング……??

ウッ……頭が……。そうだった、オレは今……!

前回のVer.3.1.0 アップデート(2015年9月30日)で仕様変更があったターゲティングについて、コラムを書いていた途中じゃねえか!

やべぇ、松茸探しに夢中になって完全に忘れてたッ!

とっとと下山して、原稿書かなきゃ……!!

アップデートによる仕様変更について

まずは、公式サイトで発表された↓のターゲティングに関する記述を確認しよう。

公式告知.png
▲変更点は2つ。

火力アップとしては頼りなかったターゲティングに、2つも変更点があるようだ!

さぁ今回は、強くなった(?)かもしれない、ターゲティングをチェックだ!

このターゲティングに関する基本事項や活用方法については、以前にコラムでも取り上げているから、ぜひチェックしてみてくれ!

【関連コラム】
ターゲティングスキルの謎に迫れ!〜10%の真実〜【バリキレ熱血ライターY(♂)】
ターゲティングの活用方法を探る 【引き弱ドMライターO(♂)】

変更点①~ターゲティングを行ったターンにNPCがタゲ部位を攻撃!~

以前は、ターゲティングを行ったつぎのターンから、NPCがターゲティング部位を攻撃する仕様だったな。

しかし、2015年9月30日の仕様変更以降は、ターゲティングを行ったそのターンから、即、NPCがターゲティング部位を攻撃するようになったぞ!

変更点①.png
▲NPCの攻撃を、より操作しやすくなった。

↓のようなNPCと共闘するシチュエーションにおいて、この仕様は覚えておくと役に立つ!

間違いねえ!

【ターゲティングが活きるシチュエーション】
(1)“ひとりでクエスト”に挑む際
(2)ソロダンジョンに挑む際
(3)“みんなでクエスト”でアタッカー(主に傭兵)がNPC化してしまった際

他にも、以前のアリーナでも活躍できる効果だったが、今回の仕様変更と同時に全アーサー操作が可能になったぶん要らなくなっちまった。

ま、AUTOモードならターゲティング効果は適用されるけどな!

変更点②~ターゲティングダメージの計算式変更~

ターゲティングダメージダメージの計算式が変わったようだな!

変更内容に関して、公式サイトでの告知はこうなっているぞ。

「ターゲティングのダメージ上昇値を攻撃力アップがのった値から計算するように変更しました。」

今回のメインとなる変更点だな。ぜひ強くなっていて欲しい!

調査した結果、アップデート前後でこのような変化が確認できたぞ!!

Before
Before.jpg
▲ステータスの物理or魔法ダメージの10%がターゲティングダメージとして計算されていた。

After
After.jpg
▲キャラのスキル効果値の10%という扱いに。計算しやすくなった!

計算式では↓のようになるぞ。

【2015年9月30日以前の計算式】
(攻撃アーサーの物理or魔法ボーナスパラメーター)×10%=ターゲティングダメージ

【Ver.3.1.0 アップデート以降(現在)の計算式】
(攻撃アーサーの物理or魔法ボーナスパラメーター + 攻撃カードのスキル効果値)×10%=ターゲティングダメージ

つまり……。

攻撃カードのスキル効果値がダメージ計算に追加された!! ってことだ。

また、“物理or魔法攻撃力の○%を威力に上乗せ”するスキルのターゲティングダメージは、↓のように計算されるぞ。

【ターゲティング+“威力上乗せ”系の計算式】
{(攻撃アーサーの物理or魔法ボーナスパラメーター + 攻撃カードのスキル効果値)+ 威力上乗せダメージ}×10%=ターゲティングダメージ

ちなみに、クリティカル(1.5倍)や属性相性(2倍、0.5倍)は、通常のスキル効果値とターゲティングダメージの合計に掛かる計算だ。

まとめると、こうだ!

ターゲティングダメージとして加算される値は、カード攻撃力(スキル効果含む)の10%ということだ!

変更点②.jpg
▲キャラアイコン下部の数値の10%が、ターゲティングダメージとして上乗せされると覚えよう! この状況でのターゲティングダメージは、10,051だ!

本来、100,000のダメージだったなら、110,000(+10,000)に。
530,000のダメージなら、583,000(+58,300)に、といったところだ!

カードスキル効果値の10%って考えると、ダメージの底上げにはなかなか役立っているんじゃねぇか!

ちぃっとばかし、仮定の数値がオーバーかもしれねえけどよ……。

この10%という上昇値はな!

ボスバトルの勝負所、仲間とチェインを合わせて勝負を掛けるときなんかには、侮れない上昇値だと……オレは確信しているッ!

やったな! 良い感じに強化されたじゃねぇか!!

オマケ~ターゲティングの重ね掛けについて~

ついでに、以前のコラムで検証できなかった“ターゲティングの重ね掛け”について検証してみたぞ。

試してみた結果、ターゲティング状態の部位に対し、さらにターゲティング効果を与えることは可能だ!

これは、まさか……重ね掛けすればするほど、倍率が上がっていくのでは……?

仮に5枚重ね掛けすれば、カードのスキル効果値が1.5倍クリティカル(通常の1.5倍ダメージ)確定状態じゃねえか!

果たしてこれが真実かどうか、ターゲティング効果を3回重ね掛けした状態で攻撃するッ!

もしかしたら、1.3倍(通常の30%増し)のダメージになるかも……? さっきと同じ条件で攻撃だ!!

重ね掛け.png
▲嘘……私のターゲティングダメージ低すぎ……!?

しかし……ダメッ……。

明らかに、1.3倍の火力なんてもんじゃねえッ!! 普段通りの1.1倍だッ(涙)

どうやら、ターゲティング効果を重ね掛けをしても10%以上のダメージ上昇は起きない。

ターゲティングアイコンが1度消えてから再度表示されることを考えると、2度目のターゲティング効果で上書きされてしまったものと考えるのが妥当だろう!

10枚ターゲティングを重ね掛けして100%アップ! なんてのは幻想だったのサ(涙)

まとめ

【仕様変更後のターゲティングまとめ】
使用したそのターンからNPCの攻撃がターゲット部位に集中する
カードスキル効果値の10%がターゲティングダメージとして加算される
・ターゲティングの重ね掛けは不可上書きは可能

ターゲティング効果は、確実に優秀になったといえるだろう!

あの鬼神と恐れられ、『テイルズオブ』シリーズの人気ボス“バルバトス”でさえ、ターゲティング効果を掛けると、

「クソォ!!」

全力シャウトするくらいには、強力な効果になっちまったってことよ……。

仕様変更されたターゲティングは、火力底上げ用として評価できる効果になったと思うぜ。

が、しかしだ!

重ね掛けできないことに加え、複数部位を同時にターゲティングできないことを踏まえると、デッキに1枚程度、こっそり忍ばせておくのがいいかもしれねえな!

今回みたいな上方修正があるとよ……あれもこれもと、欲が出てくるよなぁ……!

同時期に出てきた挑発スキルのような高倍率のターゲティングスキルの登場をよぉ、期待しちまうぜ!

まずはきてくれ、上昇ダメージ20%ォ!!







前回のコラム
悲劇の姉妹!ベイリン&ベイランシスターズ!!【垂直落下式しゃれこうべライターM】
メインはベイリン&ベイラン姉妹による悲劇の物語! 涙無しには読めねぇ内容だ!
垂直落下式しゃれこうべライターMによる後楽園ホールでの握手会の様子にも注目……!

コラム一覧に戻る

コメント

コメントを入力する
投稿前に利用規約をご確認ください。

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。