• TOP>
  • 編集部コラム>
  • 多段攻撃との組み合わせが強力!属性耐性ダウンの性能チェック

編集部コラム/多段攻撃との組み合わせが強力!属性耐性ダウンの性能チェック

戴冠型コンスタンティンだけは何とか入手しました、引き弱ドMです。

今回のコラムでは、最近活躍の場が増えている“属性耐性ダウン”について取り上げていきます。

カードの枚数も増え、5属性ぶんのカードが揃った属性耐性ダウン。敵の防御を無視でき、エンチャントや多段攻撃との相性がよい強力なスキルです。

いままで属性耐性ダウンについてコラムで取り扱うことはありませんでしたが、遅ればせながらその性能を調査することにしました。

属性耐性ダウンとは

現状、傭兵と盗賊タイプのカードで使用できる“属性耐性ダウン”。(※例外として、共通タイプの異界型スバル&パックは全アーサーが使用可能。)

まずは、その性能について公式のガチャニュースに記載されている内容を再確認していきます。

・敵に与える対象属性の魔法・物理・追加ダメージを増加させるスキル
・敵の属性耐性を下げることで、その属性の攻撃で敵に与えられるダメージを増加する
※属性耐性ダウンによって増加する属性攻撃によるダメージは、敵の物理・魔法防御の影響を受けない
・対象属性以外の魔法・物理・追加ダメージは増加しない
・毒、感電等のダメージは増加しない

このスキルを使用した状態で攻撃カードを使用する場合の与ダメージは、下記のような式になります。

・(光属性の攻撃-敵の防御)+光属性耐性ダウン=与ダメージ

属性耐性ダウンで注目したい特徴は、下記のふたつです。

1・敵の防御による影響を受けないこと
2・多段攻撃、エンチャントによるダメージが大幅に増加すること

属性耐性ダウンの数値は、敵に1回ダメージを与えるごとに加算されます。そのため、数回のダメージを与える多段攻撃やエンチャントを使用した状態であれば、2~8回ぶんの属性耐性ダウン数値がダメージに上乗せできます。

たとえば、10,000の光属性耐性ダウンを行った状態で4回の多段攻撃を行った場合、攻撃の数値、敵の防御に関わらず40,000ダメージを確実に与えることができます。エンチャントをしていれば、その倍の80,000ダメージを確実に与えることが可能。

3.jpg
▲エンチャント付与状態の多段攻撃との組み合わせは抜群

非常に強力な属性耐性ダウン。このスキルについて、アリーナでの性能や重ねがけができるかなど、気になる点を調査していきます。

気になる性能の詳細を調査

Q.属性耐性ダウンの重ねがけは可能?

A.可能です。スキルを使用したぶんの数値が加算されていきます。

なお、重ねがけをした場合効果ターンは延びません。

Q.アリーナでの属性耐性ダウンの数値は?

A.アリーナでは、通常の戦闘と比較し12%まで数値が減少します。

4.jpg
歌劇型グィネヴィアが6,750→810、神装型ガラティーンが10,125→1215まで数値が減少しています。

Q.属性耐性ダウンを使用した状態で2属性持ちの攻撃カードを使用した場合、判定はどうなる?

A.最もダメージを与える形でダメージ判定が行われます。

●例
光属性の敵に光属性耐性ダウンを使用した状態で、光・闇属性の攻撃カードを出した場合は下記のようになります。

・(闇属性の攻撃-敵の防御)+光属性耐性ダウン=与ダメージ

1.jpg
▲光属性耐性をダウンした状態で、光・闇属性の電波型アーリンを使用すると
2.jpg
▲攻撃によるダメージは弱点の闇属性、追加で光属性耐性ダウンのダメージが加算されます

Q.2属性耐性ダウンを使用した状態で、同2属性持ちの攻撃カードを使用した場合、判定はどうなる?

A.2属性ぶんのダメージが加算されます。

●例
風・光属性耐性ダウンを使用した状態で、風・光属性攻撃を行う場合は下記のようなダメージ計算になります。

・(風・光属性攻撃-敵の防御)+風・光属性耐性ダウン数値×2=与ダメージ

5.jpg
▲25,313の風・光属性耐性ダウンを使用
6.jpg
▲この状態で7,689の風・光属性の攻撃カードを使用すると
7.jpg
▲ダメージは7,689×2+25,313×2=66,004ダメージに!

Q.属性耐性ダウンの値は、チェインの影響を受ける?

A.チェインによる値の変化はありませんでした。

Q.属性耐性ダウンを使用すると反射スキルでのダメージは増える?

A.反射スキルでのダメージ増加はありませんでした。

Q.“与えたダメージ分を回復”の効果も反映される?

A.反映されます。攻撃した際に表示される与ダメージから、特定の割合(50%)のHPが回復されます。

多段+エンチャント+属性耐性ダウンが強力

属性耐性ダウンは、ダウン値が高いため単体では威力を出しにくい多段攻撃との相性が非常に良いです。

そこにエンチャントも加えると、歌姫の支援なしでも高数値のダメージを与えることができるようになりました。敵の防御を無視できるため、規定ダメージの突破での活躍も期待できます。

低コストの多段攻撃も増えてきたため、今後は属性耐性ダウンを活用した撃破も狙えるようになりそうです。







前回のコラム
アルスター神話の振り返りもね!フェデルマ&カラティン!!【垂直落下式しゃれこうべライターM】
原作では強いカラティンメイン回!
数行しか登場しないフェデルマについての詳細も注目です!

コラム一覧に戻る

コメント

コメントを入力する
投稿前に利用規約をご確認ください。

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。