編集部コラム/とあるお嬢様の刺激的(?)な日常3

本日の書き手:???ライターT(♀)

 みなさん、ごきげんよう。

 こんにちわ、世界。

 これからこのワールドを賑やかに住みやすくするために、拠点を整えていこうと思います。

 拠点を整えていくと言ってもゼロからでは何も出来ないので、まずモノを作るための作業場をこしらえました。

house.jpg

 余談ですが、作業場を作っている途中で出現した“あくまのめだま”をやっつけたら、サンタに出会ったM男さんのようにプレゼントをいただきました。

house2.jpg
↑私の場合は“みどりのプレゼント”でした。

 このプレゼントに関しては、全く記憶がありません。前世でも起こったことのない出来事だったのでしょうか。

 それにしても、マモノが私にプレゼントをくださるなんて……、なんて恵まれているんでしょう。素晴らしい暖かいワールドですわ。

愉快(になる予定)な住人たちの家、設計プラン

 前回言った通り、今後ここに来てくださるだろう新たな住人たちのために、家を建てていこうと思います。

 1件や2件ではないので、しっかりとした設計プランを練っています。

 住人たちは、それぞれ大事な役割を持っていて、様々な面から私のことを助けてくれます。そのため、どの住人たちの家にも行きやすい設計であることが重要なのです。

 そこを考慮して、このように設計してみました。

house3.png
↑“ガイド”を中心にサイコロの目のような造り。

 縦と横の行き来を必要最低限にできる構造を考えてみました。

 ワールドのアレコレを教えてくださる重要な“ガイド”は、住人たちの家の中心に。

 内装は、住人それぞれに合わせたデザインにするつもりです。例えば“ガイド”なら、豪華なシャンデリアを釣るして、可憐な花の置いてある、紳士的な部屋。

 秀逸な構造と優雅なデザインを併せ持つことになるこの拠点、前世の私はモチロン褒めてくださることでしょう。

 私も自分自身が誇らしいですから。

 次回からは早速、建築に取り掛かろうと思います。

 時々、寄り道をするかもしれませんが、拠点の完成を楽しみにしていてくださいね。

コメント

コメントを入力する
投稿前に利用規約をご確認ください。

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。