• TOP>
  • NEWS一覧>
  • 聖剣解放-トランス-に関する初公開情報も掲載!10月30日ニコ生情報まとめ

聖剣解放-トランス-に関する初公開情報も掲載!10月30日ニコ生情報まとめ

本ページでは、2017年10月30日のニコ生にて発表された新要素“聖剣解放-トランス-”について解説します。

さらに、ニコ生では発表されなかった新情報も公開!;

聖剣解放-トランス-とは
伝承カードとは
トランス・伝承カードの詳細について

※掲載されている内容は開発中のものとなるため、変更になる場合があります。

聖剣解放-トランス-とは

聖剣解放-トランス-は、アーサーたちの新たなバトルスタイルとなるシステム。

後述する「聖剣解放」習得クエストをクリアーすることで使用可能となる。

バトル中にトランスゲージが100%まで貯まると、アーサーの姿が闇堕型アーサーへの変化する。

それにより専用アビリティ(トランスアビリティ)が解放されるほか、ステータスが上昇し従来よりもパワーアップした状態で戦えるようになるシステムだ。

DNZShtkUEAArF9G.jpg

トランスゲージについて

トランスゲージは、「聖剣解放」習得クエストをクリアーするとバトル中HPゲージの下に新たに追加されるようになる。

トランスゲージ.jpg

このゲージは、使用した騎士カードのコストに応じて上昇する仕組みだ。また、今後トランスゲージを上昇させるスキルを持った騎士カードも登場する予定となっている。

トランスゲージが100%になると次のターンのはじめにトランスが自動で行われ闇堕型アーサーに変化するが、ゲージ自体は100%以上まで貯めることも可能。

ただし、敵からの攻撃を受けるとトランスゲージも減少し、0%になるとトランスが解除されてしまう。また、一度トランス状態が解除されると、次の1ターンのみトランスゲージは溜められない状態になる。

コストごとのゲージ上昇量は以下の通り。

コストゲージ上昇量
コスト12%
コスト25%
コスト312%
コスト420%
コスト530%

トランスアビリティについて

トランスアビリティは、トランスした状態でのみ使用できるようになる要素。

スキル画面.jpg

トランスゲージを消費することで、選択した手札騎士カードに追加効果を付与するなど特殊なアビリティを使えるようになる。

アビリティ例

・指定した手札騎士カードを「2回攻撃」に変更
・指定したカード3枚を残して手札カードを引き直す
・指定したコスト5騎士カード1枚のコストを3減らす

トランスアビリティで攻撃回数などを増やす場合、効果の上乗せはできずより強い効果が反映される。

たとえばカードの効果が4回攻撃の場合、2回攻撃を付与しても6回攻撃にはならず4回攻撃のままになる。

“【4チェイン】攻撃回数+2”など、条件付きで多段攻撃になるカードの場合は最終的な攻撃回数を参照。

伝承カードとは

伝承カードは、騎士や妖精、人間たちのエピソードをデータ化して封じたもの。

従来の騎士カードとは異なり、横長のイラストになっているのが特徴だ。

DNZXGdzUMAACgq1.jpg

ニコ生では発表されなかった新規伝承カード、“ガネイダ”と“エヴェイン”のイラストも公開!

ガネイダ.jpg
エヴェイン.jpg

この伝承カードをデッキにセットし、トランスすることではじめてトランスアビリティが使用できる。

伝承カードは1枚につき3つのトランスアビリティを持っており、それぞれトランスゲージの消費量が異なる。ゲージが0%になるとトランスが解除されてしまうため、使用するタイミングにも注意が必要だ。

スキル画面2.jpg
▲アビリティの中にはトランスの条件である100%を上回るものも存在

伝承カードの構成

各アーサータイプごとに用意された「聖剣解放」習得クエストをクリアーすると、それぞれ1枚伝承カードを入手でき自動でデッキにセットされる。

4アーサーすべての「聖剣解放」習得クエストをクリアーすれば、初期時点で合計4枚の伝承カードが入手可能だ。

伝承カードはメインカード1枚、サポートカード4枚の計5枚までセット可能なので、最初の1枚目以降は入手したカードを編成画面でセットしよう。

デッキ編成サンプル.jpg

伝承カードのスキル構成は、以下のような形になる。

トランスバーストトランスすると発動する
パラメータアップアビリティ
トランスアビリティ1指定した手札騎士カードを「2回攻撃」に変更など
(伝承カードごとに変化)
トランスアビリティ2
トランスアビリティ3

トランスバーストは、トランス時にHPや物理ダメージなどの基礎パラメータを常時上昇させる支援効果を持つアビリティ。このアビリティは、トランス状態である限り効果が発揮され続ける。

伝承カードサンプル.jpg

3つのトランスアビリティは、手札の騎士カードに追加効果を付与するなど戦闘時に役立つ効果を手札選択時に発動できる内容になっている。

このうち、メインカードはトランスバーストとトランスアビリティ1~3、サポートカードはトランスバーストのみ効果を発揮できる。

サポートカードもセットすれば5つのトランスバーストが発動し、パラメータを大幅に上昇させることが可能になる。

トランス・伝承カードの詳細について

「聖剣解放」習得クエストについて

「聖剣解放」習得クエストは、メインストーリー第一部をクリアーしたプレイヤーであれば誰でも受けることができる。

アーサーチェンジ使用時にトランスした場合

アーサーチェンジを使用している場合は、闇堕型アーサーに変身する代わりにオーラを纏うようになる。

トランスゲージが100%になった状態で倒された(HPが0になった)場合

トランスゲージが100%になったターンに倒された場合、コンテニューしてもトランスゲージは上昇したままなのでコンテニュー直後にトランスできる。

ひとりでクエスト(ソロプレイ)時のトランスについて

フレンド、フォロー貸し出しデッキを使用してプレイしている際、伝承カードがセットされていればトランスは使用できる。

ただし、貸し出しデッキのトランスアビリティを使用することはできず、トランスバーストによるパラメータアップのみが反映される形となる。

マイデッキの場合は、全アーサーでトランスアビリティを使用することが可能。

みんなでクエスト(マルチプレイ)時の制限時間について

トランス状態になると、トランスアビリティを選択する時間を考慮しカード選択の制限時間が少し増加する。

伝承カードのデッキへの編成制限

EXデッキ、召喚スフィアと同様に他アーサータイプとの重複編成はできない。

伝承カードの育成について

伝承カードは、専用の育成素材を用いることでカードレベルを上げることができる。

また、同じ種類の伝承カードを素材とすることで、進化させることも可能だ。

好きな伝承カードを進化させることができる特別なアイテムも存在する。このアイテムは、イベントなどで定期的に獲得可能となる予定。

進化することによって得られる主な効果は以下の通り。

・伝承カードの最大Lvが上昇
・トランスアビリティの再使用可能ターンが短縮
・トランスアビリティの消費ゲージが減少

3周年に向けてMMR騎士交換所などのアップデートも実装予定!

ニコ生では、トランス以外にもMMR騎士交換所の実装や聖杯祭限定騎士のMMR化などさまざまな予定が発表された。

DNZXfFJV4AABcyP.jpg
DNZXi55UMAABzVE.jpg

また、3周年ころには新3Dボスとして闇堕型ファルサリアが登場することも明らかに。

WS000109.JPG

そのほか、ニコ生で発表された内容についてはファミ通App掲載のニコ生レポート記事をチェック!

コメント

コメントを入力する
投稿前に利用規約をご確認ください。

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。