• TOP>
  • デッキの構築

デッキの構築

デッキの構成について

 『乖離性ミリオンアーサー』ではリーダーカード1枚と、その他9枚の合計10枚でデッキを組んで戦うことになる。

 デッキ自体にコストのような概念はなく、好きなカードをセットすることができる。ただし、同一のカード(例:『騎士』第二型ぺリアノと『獣探しの』第二型ペリアノ)はランクが違う場合でもセットできない。属性やタイプを組み合わせ、戦うことになる敵に合わせて有効なデッキを組みあげていこう。相手の弱点に合わせてカードを組むことが勝利へのカギとなる。

リーダーカードの設定
アーサータイプとカードタイプ
デッキ編成
コスト別の特徴

リーダーカードの設定

 リーダーカードに設定されているカードは、パラメータが1.5倍に引きあがる。デッキに組み込まれたカードの中でパラメータの高いものを選択しておこう。

アーサータイプとカードタイプ

 カードの左上に描かれる剣や盾のマークは、アーサータイプを表している。例えば剣のマークが描かれている場合、傭兵アーサーと組み合わせることでスキルの覚醒が自動的にされる。覚醒されたカードはスキルの効果が引きあがるため、デッキを組みあげるときはそれぞれアーサーと一致したカードを選択すると良い。

type.png
↑アーサータイプの一致デッキ一例。おすすめデッキを選ぶと自動的にアーサータイプを合わせてくれる

デッキ編成

 デッキは自由に組み上げることができるが、かといってコストの高いカードばかりで組み上げると痛手を負うことになるだろう。戦闘の開始はコスト3からになるので、最低でもコスト3のカードを所持していなければ1ターン目からパスをしなければならなくなる。バランスよく組み上げていくことが勝利へのカギとなる。

 属性については、攻略するクエストやストーリーに合わせて変更していくのが望ましい。弱点属性の攻撃を与えていくことが攻略のカギとなるため、相手が風属性であれば火属性、とデッキを組みかえて戦いに臨もう。

敵に大ダメージを与えられる組み合わせ一例


befor.png
↑画像のように物理ダメージを引き上げる支援スキルを二つセットし、相手の弱点属性である氷の物理スキルをターゲットに当てると


after.png
↑特大ダメージ!

コメント

コメントを入力する
投稿前に利用規約をご確認ください。

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。