スペシャルイベント/お雛様

スペシャルイベント“お雛様”のページです。

0227bn1.png

お雛様概要

 お雛様は氷属性の敵で中級、上級、超級、超弩級で挑むことができる。

超弩級攻略
中級
上級
超級
超弩級

※ドロップ情報、ダメージ情報などは、プレイ時(2015.2.28時点のものです)に確認した参考値です

お雛様攻略

 お雛様の動きはブラックチアリーイーターに似ているが、左腕の攻撃が非常に強力になっている。各アーサーが役割を守って動かなかれば、全員での勝利は難しい。

 超級ではHP20,000以上、超弩級に挑む場合は必要なカードを揃えた上で24,000以上ある事が望ましい。

立ち回り

 超級、超弩級どちらでも共通している点として、“機巧腕”(画面右側)の物理ダメージを受けることが非常に危険となる。この攻撃は奇数ターンに発動し、ダメージ量が多い。物理ダメージダウンの効果を入れ、威力を下げることを忘れないようにしよう。

 その上で、“袖大砲”(画面左側)からの破壊を狙おう。“機巧腕”(画面右側)は妨害がしっかりと入っていればダメージ量を抑えられるため、先に“袖大砲”(画面左側)の破壊をした方が安定して闘うことができる。

 ただし、最初の数ターンは歌姫による回復が完全に追いつかない可能性が高いので、傭兵以外は攻撃よりも防御・妨害に専念した方が安全。

 “袖大砲”(画面左側)、本体による魔法攻撃も強力な為、物理・魔法どちらの防御/妨害も必要になってくる。風属性でデッキを構築するのが難しい面があるが、必要な支援カード以外は積極的に風属性のカードを入れておこう。

 ただし、物理防御については防御カードを入れるよりも、ディートリヒを入れた方がコスト面や効果が期待できる。防御カードは魔法防御を多めに入れ、物理防御は少なめにしてしまって良い。後半、安全に戦うために華恋型ブリーセンなどは有効に使うことができる。物理・魔法どちらも強力なため、ドモヴォーイなどの全防御アップの方が効果が期待できる。

 傭兵アーサーは、妨害カードを入れるとしてもアストラトエレインや、アンシーリーコートなどに留めよう。いち早く“袖大砲”(画面左側)を破壊することが生存率を引き上げるので、風属性の強力なカードを中心としたデッキを組みあげよう。

  

超弩級攻略

 超弩級での立ち回りは、ほとんどが超級と同じように動いて問題ない。ただし、“機巧腕”(画面右側)の攻撃がより一層脅威となっている。物理ダメージダウンは確実に与え続けるように心がけたい。盗賊だけでなく、他のアーサーもデッキに物理ダメージダウンのカードを入れておくと、多少カードが揃っていない仲間と戦う時でも比較的安全に戦うことが可能になる。

 富豪は、超級と同様に物理防御については防御カードを入れるよりも、ディートリヒを入れた方がコスト面や効果が期待できる。防御カードは魔法防御を多めに入れ、物理防御は華恋型ブリーセンなどに留め、少なめにしてしまって良い。物理・魔法どちらも強力なため、ドモヴォーイなどの全防御アップの方が効果が期待できる。

 傭兵アーサーは、とにかくダメージ量を多く与え、1ターンでも早く部位破壊を目指す必要がある。威力の低い全体攻撃カードは支援効果と合わせられる後半に残しておき、前半は単体攻撃で“袖大砲”(画面左側)により多くのダメージを与えていこう。

 偶数ターンに“袖大砲”(画面左側)に25,000ダメージを与えることで、相手の魔法ダメージアップを防ぐことができる。この行動を防げるかどうかで、生き残れるかどうかが大きく変わってくる。偶数ターンは強力な風属性カードで腕を狙えるようにしよう。

 
 

中級

ドロップ情報

【騎士】特異型甲斐姫
【応援の妖精】チアリー
【応援の妖精】スーパーチアリー

経験値:150
お雛メダル:60枚
 

上級

ドロップ情報

【騎士】特異型甲斐姫
【騎士】支援型リオネス
【応援の妖精】チアリー
【応援の妖精】スーパーチアリー
【応援の妖精】アルティメットチアリー
【螺旋の妖精】レジェンドキラリー

経験値:300
お雛メダル:280枚

超級

ドロップ情報

【騎士】特異型甲斐姫
【騎士】支援型リオネス
【応援の妖精】スーパーチアリー
【応援の妖精】アルティメットチアリー
【螺旋の妖精】レジェンドキラリー

経験値:600
お雛メダル:1000枚

超弩級

ドロップ情報

【騎士】特異型甲斐姫
【騎士】支援型リオネス
【応援の妖精】スーパーチアリー
【応援の妖精】アルティメットチアリー
【螺旋の妖精】レジェンドキラリー

お雛メダル:2000枚

コメント

コメントを入力する
投稿前に利用規約をご確認ください。

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。