スペシャルイベント/【攻略】クーホリン(断絶級)

攻略掲示板バナー.png



●目次
■クーホリン(断絶級)攻略ポイント

クーホリン(断絶級)攻略のポイント

クーホリン(断絶級).png
注意事項
・攻撃は属性耐性ダウン、エンチャントで
・特定ターンでの感電付与がほぼ必須
・攻撃支援、HP継続回復カードは不要

クーホリン(断絶級)では高HPであることが非常に重要なため、EXデッキも含め多くのMMRを入れるようにしよう。

最大HPアップのカードは、生き残る確率を引き上げるのに非常に役立つ。歌姫の最大HPアップカード以外にも、聖騎型エニードを所持している場合必ずデッキに入れよう。

物理・魔法防御が非常に高く、通常の攻撃ではダメージを与えることがほぼ不可能。属性耐性ダウン、エンチャントで攻略していこう。

毎ターン状態異常(感電、毒など)が解除されるが、感電を付与しておくことで弱体化を狙えるため特定ターンには感電付与を行う必要がある。

5ターン目(7c)までに部位③を破壊、その後は①本体のHPを削りつつ部位②の破壊を目指そう。部位②の破壊を急ぐと、①本体の攻撃が苛烈になり耐えきれない可能性もある。

防御・妨害のほか、最大HPがアップした状態など余裕が出るまでは①本体のHPを削りながら様子を見よう。

●各ターンに必要な行動

ターン目標
1ターン
(3コスト)
物理防御・妨害(状況次第では感電)
※このターンでの感電は必須ではない。防御・妨害がしっかりと行えれば耐え切れるので、無暗にリタイアをしないように。
2ターン
(4コスト)
物理防御・妨害
3ターン
(5コスト)
感電付与、毒解除、防御・妨害
4ターン
(6コスト)
防御・妨害
※物理デバフを行える“シャドーペネトレイト”をセットしている場合はここで使用。
5ターン
(7コスト)
部位③を破壊、防御・妨害
6ターン
(8コスト)
部位②、①本体を攻撃、毒解除
7ターン
(9コスト)
部位②を破壊、①本体に感電付与
8ターン
(10コスト)
①本体の破壊

傭兵のポイント

・属性耐性ダウン、多段攻撃をメインで構成
・攻撃支援カードは不要、聖杯祭限定カード・MMRを重視
・多段攻撃であれば光属性以外でも可
・物理・魔法攻撃でのダメージは通らないため属性耐性をダウンさせつつ、エンチャントでのダメージを狙おう
・富豪などのエンチャントバフが貰えるまで多段攻撃は温存し、属性耐性ダウンに専念したほうが良い
・安全を重視するのであれば、召喚スフィアは物理デバフが行える“シャドーペネトレイト”が有効

富豪のポイント

・物理防御、闇属性耐性アップ、光エンチャント付与のカードを重視
・EXデッキで防御バフ効果アップのスキルをセットできると心強い
・反射は使用するとしても高数値のカードのみ
・序盤から高数値の防御バフを行う必要がある
・傭兵の行動に合わせて、光エンチャントの付与を行うようにしよう
・安全を重視するのであれば、召喚スフィアは物理デバフが行える“シャドーペネトレイト”が有効

盗賊のポイント

・デッキは感電付与、物理デバフを重視
・EXデッキは物理デバフの効果アップのスキルをセット
・感電付与は1、3ターン目(3、5c)いずれかに確実に行おう
・富豪の防御バフだけでは確実に耐えきれないため、盗賊もしっかりと物理デバフを行おう
・安全を重視するのであれば、召喚スフィアは物理デバフが行える“シャドーペネトレイト”が有効

歌姫のポイント

・攻撃支援はほぼ不要(感電ダメージの上昇・攻撃パラメータ参照のカードにしか効果無し)
・毒解除のカードは2枚は入れておこう
・HP継続回復は解除されるため、HP回復、回復量アップカードはしっかりと準備する必要がある
・最大HPアップのカードも有効
・エンチャント付与、属性耐性ダウンの効果を持つMMRも有効だ

コメント

コメントを入力する
投稿前に利用規約をご確認ください。

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。