• TOP>
  • テスト_狂オシキ鬼

テスト_狂オシキ鬼

&ref(): File not found: "狂オシキ鬼.png" at page "テスト_狂オシキ鬼";

キャラ紹介

鬼神天ヲ穿ツ 狂オシキ鬼

「殺意の波動」にさらされ続けた結果、完全に人ではないものに変貌した豪鬼の姿。
もはや人間としての肉体や感情はほとんど残っておらず、純粋な戦いへの意識だけで形態を保っている。
その前に立った者には、死力の限りを尽くして戦うか、諦めて死ぬかの選択肢しか与えられない。

代表国:不明

誕生日:不明

身 長:不明

体 重:不明

3サイズ:不明

血液型:不明

好きなもの:不明

嫌いなもの:不明

特 技:不明

格闘スタイル:無し



コマンド一覧

※キャラ右向き時

分類技名コマンド備考
通常投げ羅豪双破(近)or +弱PK
朱裂刀(近)+弱PK
特殊技雁下打ち+中P
ターゲットコンボ1+弱P→中P
ターゲットコンボ2+中P→強P
必殺技豪波動拳+PEX可 ボタン押し続けでタメ可
轟雷波動拳+PEX可
豪昇龍拳+PEX可
斬空波動掌(空中で)+P
竜巻斬空脚+KEX可 アーマーブレイク
空中竜巻斬空脚(空中で)+KEX可
赤星地雷拳+KEX可 EX版中段攻撃
羅漢断塔刃+KEX可 アーマーブレイク
スーパーコンボ瞬獄殺弱P・弱P・・弱K・強P空中可
ウルトラコンボ冥恫豪波動+PPPorKKK空中可 アーマーブレイク
天地双潰掀()×2+PPPアーマーブレイク



各種技解説

通常技

狂オシキ鬼は、立ち攻撃に遠近の区別が無いのが特徴。
レバーを方向に入れることで、ニュートラル時とは違った技が出せるようになっている。
+中Pは2ヒットする中段攻撃。相手の体力を細かく削るために使うといい。
立ち強pはヒット時に相手を立ちやられ状態にできる。
+強Pはリーチの長い掌底で、飛び道具を1ヒット分だけ相殺することができるのが特徴だ。

特殊技

雁下打ちはヒット、ガード問わず狂オシキ鬼側が有利になる攻撃で、ターゲットコンボ2の始動技にもなっている。
攻撃判定がそこそこ強めで相手の攻撃に打ち勝ちやすく、近距離戦では頼りになるぞ。
ターゲットコンボは1、2どちらも必殺技でキャンセル可能なので使いやすい。

豪波動拳

水平に飛び道具を放つ。飛び道具は約画面半分を進むと消えてしまうが、ボタンを押し続けることでタメが可能で、タメた場合は画面端まで届く2ヒットの飛び道具を放つ。

轟雷波動拳

弱→中→強版とヒット数が1ずつ増える飛び道具。同様に発生も徐々に遅くなっていく。
独特の構えを取ってから飛び道具を撃つため、弱版でも発生は遅めだが、飛び道具がヒットすればダウンを奪うことができる。

豪昇龍拳

弱版には下半身無敵無敵が、中、強版には完全無敵無敵が攻撃発生後まで続く対空攻撃。
ガードされても初段であればEXセービングキャンセルが可能。攻撃発生直後の根元がヒットするとモーションが変化し、3ヒット技になる。

斬空波動掌

空中で掌から波動を放出し、その反動でジャンプの軌道を変化させる技。
弱版は前方へ、中版は上へ、強版は後方へそれぞれ移動する。弱、中版は空中竜巻斬空脚に派生が可能。

竜巻斬空脚

アーマーブレイク属性を備えた回転蹴りで、空中版はジャンプの軌道を変化させる。

赤星地雷拳

空中に跳び上がってから強烈な手刀を地面にたたき付ける。EX版は中段攻撃になる。

羅漢断塔刃

突進しつつ手刀で薙ぎ払う。強版、EX版は突進中に相手をスリ抜けるため、めくり攻撃を仕掛けることも可能。

瞬獄殺

すべての通常技、特殊技からキャンセルで出すことができる移動投げ。空中でも発動可能で、空中版は空中の相手にのみヒットする打撃技に変化している。

冥恫豪波動

PPPで正面、KKKで頭上に飛び道具を放つ(滅殺豪天破)。
P版のみ1段目が打撃判定になっており、至近距離でヒットすると演出動作に移行してダメージが増す。
P版、K版ともに攻撃発生直前まで無敵時間が持続するほか、空中追撃判定があるため連続技にも組み込みやすい。
また、空中でも発動が可能で(滅殺豪斬空)こちらは斜め下に気弾を発射する。

天地双潰掀

地面をたたき、気を放出する。近距離で根元部分がヒットすると演出動作に移行してダメージが増加する。



対戦攻略

トリッキーな必殺技を要所で使う

前作の狂オシキ鬼といえば、羅漢断塔刃を絡めた連続技や補正切りによるすさまじい火力で、ワンチャンスからゲームを持っていく印象が強かったが、『ウルⅣ』では弱羅漢断塔刃のダメージ、気絶値に下方修正が入ったため、強烈な破壊力は多少鳴りを潜めている。
その代わり豪昇龍拳の初段にEXセービングキャンセルがかかるようになっていたり、轟雷波動拳の硬直が少しだけ減っていたりと基本性能が全体的に底上げされている。

本作では各種飛び道具と+強P、しゃがみ強kを軸に遠〜中距離戦を展開し、相手のスキを見て+中Kで切り込んでいくスタイルを重視しよう。
近距離戦ではしゃがみ中Pを軸に、通常投げと暴れつぶしの択一を細かく仕掛けていくといい。

通常投げは相手を大きく吹き飛ばす前方投げをメインに使い、相手を画面端に押し込んでいこう。
相手を画面端に押し込んでしまえば、ガードされてもマイナス1Fとスキの小さい強赤星地雷拳を多用していける。
相手にまとわり付きつつ、ガードをこじ開けよう。

&ref(): File not found: "狂オシキ鬼1.jpg" at page "テスト_狂オシキ鬼";
▲連続技中に強羅漢断塔刃で裏周りから補正切りを仕掛けられる。

&ref(): File not found: "狂オシキ鬼2.jpg" at page "テスト_狂オシキ鬼";
▲補正切りが決まれば、一気に大ダメージを与えて気絶寸前に持ち込めるぞ。



コンボ

※(C)=キャンセル (SC)=スーパーキャンセル

I [+弱P→中P](C)弱羅漢断塔刃

簡単かつ使いやすい連続技。ブランカのしゃがみ状態以外には安定してつながるので、コンボ選択に迷ったらこれを使おう。


II (立ちやられ限定)しゃがみ弱K→しゃがみ弱P→[+中P→強P](C)弱羅漢断塔刃

立ちやられ限定の連続技だが、相手がしゃがみ状態だった場合はターゲットコンボ2の初段の+中Pからキャンセルで弱羅漢断塔刃を出せば問題無い。
ヒット確認が簡単なので、使いやすさがウリだ。


III EX羅漢断塔刃→冥恫豪波動

EX羅漢断塔刃で裏回り攻撃をヒットさせた後の追撃。
リベンジゲージがたまっていない場合には、中竜巻斬空脚や弱赤星地雷拳で追撃してダメージを稼ごう。


IV しゃがみ強P(C)弱羅漢断塔刃→EXセービング〜ダッシュ→しゃがみ中P→[+中P→強P](C)中赤星地雷拳

しゃがみ強Pの強制立ちやられを利用した連続技。主に跳び込みなどから狙っていこう。


V (立ちやられ限定)しゃがみ弱K→しゃがみ弱P→[+中P→強P](C)弱羅漢断塔刃→EXレッドセービングアタック〜ダッシュ→冥恫豪波動

EXレッドセービングアタックを利用した、お手軽な高威力連続技だ。



現在掲載されている攻略、データはアルカディア編集部調べによるものです。
無断使用・無断転載は固くお断りします。

コメント

コメントを入力する
投稿前に利用規約をご確認ください。

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。