• TOP>
  • テスト_サンダー・ホーク

テスト_サンダー・ホーク

&ref(): File not found: "VS_サンダー・ホーク.png" at page "テスト_サンダー・ホーク";

キャラ紹介

誇り高き戦士 サンダー・ホーク

サンダーフット族随一の誇り高き戦士。
その巨躯から繰り出される攻撃は強力だが、一方で正義感が強く、自然と動物を敬う優しい心を持つ。
長い戦いの末に取り戻した聖地に安住することなく、シャドルーに奪われたままの恋人ジュリアを取り戻すため、再び旅を始める。

代表国:メキシコ

誕生日:7月21日

身 長:230cm

体 重:162kg

3サイズ:B114 / W98 / H112

血液型:O型

好きなもの:動物、髪飾り

嫌いなもの:ウソ

特 技:木彫りの彫刻作り、猛禽と会話

格闘スタイル:-



コマンド一覧

※キャラ右向き時

分類技名コマンド備考
通常投げネックハンギングツリー(近)or +弱PK
メキシカンスルー(近)+弱PK
特殊技ヘビーボディープレス(空中で)+強P
ヘビーショルダー(空中で)+中P
スラストビーク+弱P
必殺技メキシカンタイフーン(近距離で)レバー1回転+PEX可
トマホークバスター+PEX可
コンドルダイブ(垂直 or 前方ジャンプ中)PPPアーマーブレイク
コンドルダイブ(EX版)(EXトマホークバスター後に)PPP or (空中で)KKKアーマーブレイク
コンドルスパイア+KEX可(アーマーブレイク付与)
スーパーコンボダブルタイフーン(近距離で)レバー2回転+P
ウルトラコンボレイジングタイフーン(近距離で)レバー2回転+PPP
レイジングスラッシュ()×2+KKK



各種技解説

通常技

遠距離・近距離立ち弱Pはガードさせて3フレームの有利を取れる。
しゃがみ弱Pは連打の効く通常技。接近戦ではしゃがみ弱P→立ち弱Pと連係して、攻め立てるのが基本だ。
近距離立ち中Pは強制立たせ効果を持つ。連続技のパーツに組み込もう。
しゃがみ中Kは姿勢が低く、脚先に攻撃判定を持つ。脚先を当てるように使えば、相手のけん制に勝ちやすい。中距離戦で振っていこう。
遠距離立ち強Kはリーチが非常に長い。ただし、攻撃判定が高いため、しゃがみの姿勢が低いキャラには当たりにくい。相手のジャンプを防止するための置き技として使おう。
しゃがみ強Kは足払いを2回繰り出す。ヒット時はダウンを奪えるが、ガード時のスキはやや大きめ。
両手でチョップをたたき込む前ジャンプ強Pは判定が強い。正面から跳び込むときに利用しよう。ジャンプ強Kはリーチの長いドロップキックだ。

特殊技

ヘビーボディープレスは横に攻撃判定が広くめくりを狙える。跳び込みから攻めるときの主力技だ。
ヘビーショルダーは姿勢の低さがポイント。地上の相手に当たらない事を逆手に取り、ジャンプ攻撃と見せかけて着地を攻めるという戦法を仕掛ける際に役立つ。

メキシカンタイフーン

片腕で相手を持ち上げ、回転させながらたたき付ける豪快な投げ技。
弱<中=EX<強の順に威力が高くなるが、投げ間合いは強<中<EX<弱の順に広くなる。
EX版は攻撃発生は遅いが、発生まで打撃無敵が付いている。

トマホークバスター

屈んだ姿勢から、勢いよく斜め上方へ突進する。攻撃発生前まで打撃無敵を持つ中版か強版を対空に使おう。
EX版は攻撃発生後も無敵が付加する強力な切り返し技。ヒット・ガード時はEXコンドルダイブに派生可能だ。

コンドルダイブ

空中から斜め下方に急降下して突進をする必殺技。
EX版は飛び道具無敵が付く。突進力を生かし、敵の飛び道具を跳べた際の反撃技として役立つほか、画面端に追い詰められた状況での離脱手段としても活用できる。そのほか、奇襲としても利用できるが、ガード時に着地を狙われるリスクもあるので注意しよう。

コンドルスパイア

小さく跳び上がり、水平に突進する。
突進中は下半身無敵となり、足払いなど下段を交わしつつ接近ができる。硬直の少ない弱版をメインに使おう。
EX版は飛び道具無敵が付加し、ヒット時はダウンを奪える。

ダブルタイフーン

メキシカンタイフーン弱→強と2回連続で相手をたたき付けるスーパーコンボ
発生が早く、暗転後に回避できない。

レイジングタイフーン

ダブルタイフーンをさらに強力にした、投げ技のウルトラコンボ
こちらも暗転後に回避はできない。

レイジングスラッシュ

トマホークバスターを強化したウルトラコンボ
投げを嫌がり空中へ逃げる相手への追撃や、対空技で出すのがベターだ。


対戦攻略

強力な突進技で接近し、メキシカンタイフーンでねじ伏せろ!

投げ抜けできない必殺投げメキシカンタイフーンを持つホーク。接近戦で投げと打撃の択一攻撃を仕掛けて倒すために、まずは相手へ近付くことが最優先となる。
その接近手段として役立つのが弱コンドルスパイアだ。技の判定が強い、硬直が短い、さらに下段を避けつつ攻撃が可能と、突進技としては申し分無い性能なので、この技を中心に攻めを展開していこう。
遠距離では弱コンドルスパイアを出しつつ距離を詰める。相手に届かなくてもSCゲージがためられるので、反撃を受けない状況なら連発して構わない。中距離からは、しゃがみ中Kでけん制、前方ジャンプ→ヘビーボディプレスでめくりを狙いつつ接近しよう。



相手がガードを固めるなら、弱コンドルスパイアで相手の目の前に着地し、メキシカンタイフーンで投げる連係も展開が早いため有効。ガードされてもこちらが有利な状況となるので、しゃがみ弱Pで固めて攻めを継続させよう。
飛び道具でのけん制に対しては、EXコンドルスパイアとEXコンドルダイブで反撃を狙おう。
不利な状況での割り込みはEXトマホークバスターが有効。ガードされても、派生のEXコンドルダイブを出せば相手の頭上を飛び越えて着地するため、反撃を受けにくいのだ。

&ref(): File not found: "サンダー・ホーク1.jpg" at page "テスト_サンダー・ホーク";
▲コンドルスパイアに対してセービングで対処してくる相手には、EXコンドルスパイアを併用し、逆にカウンターを取ってしまおう。

コンボ

※(C)=キャンセル (SC)=スーパーキャンセル

I しゃがみ弱P×2→遠距離立ち弱P→しゃがみ中K

連打可能で状況確認がしやすい、しゃがみ弱P始動の連続技。しゃがみ中K後は、キャンセルで弱コンドルスパイアを出して接近し、メキシカンタイフーンを狙うなどしていくといい。


II ヘビーボディプレス→近距離立ち中P(C)弱コンドルスパイア or EXコンドルスパイア

めくりから狙える連続技。弱コンドルスパイアヒット後は、やや不利な状況だが、EXトマホークバスターなど割り込みを狙う、強気の選択肢を見せるのもあり。
中トマホークバスターとEXコンドルスパイアはダウンを奪える。後者は起き攻めを仕掛けやすい点が魅力だ。


III (相手空中時)EXコンドルスパイア(カウンターヒット)→EXコンドルダイブ

空中の相手にカウンターヒットしたとき限定のもの。空中の相手にEXコンドルスパイアを引っかけたときは忘れずに狙うこと


IV ヘビーボディプレス→近距離立ち中P(C)弱コンドルスパイアor中トマホークバスターorEXコンドルスパイア


V セービングアタック(Lv2)~ダッシュ→各種ウルトラコンボ

セービングアタックから狙える高火力の連続技。敵の割り込み技をガードし、大きなスキが生まれたときに決めよう。


現在掲載されている攻略、データはアルカディア編集部調べによるものです。
無断使用・無断転載は固くお断りします。

コメント

コメントを入力する
投稿前に利用規約をご確認ください。

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。