• TOP>
  • 憲法>
  • 政治的権利、労働政策、市民権

憲法/政治的権利、労働政策、市民権

憲法:政治的権利など1.jpg

 政治的権利、労働政策、市民権に関する憲法を設定できる。

  • ・憲法の開放条件:「法律用語」の技術を研究する。
  • ・開放できる時代:世界大戦時代以降

政治的権利

 選挙の頻度や得票数などに影響する制度を下記の3つから選択する。

全体主義国家

 選挙の頻度が減り、買収した票が3倍になり、反体制派が50%増加する。

警察国家

 警察官が国民の説得にあたり、警察官の数だけ得票数が増加する。

民主主義

 選挙が頻繁に実施され、暴動が起こらなくなる。

労働政策

 島の住人の労働に関する制度を下記の3つから選択する。

国民総労働

 子供も働き、定年が遅くなり、寿命と仕事に関する幸福度が低下する。

青年労働

 定年の時期が遅くなる。

労働者の楽園

 定年の時期が早くなり、仕事に関する幸福度が上昇する。

市民権

 島の人口の増減などに影響する制度を下記の3つから選択する。

ビザシステム

 教育を受けた移民が増加する。

移民国家

 国内および国外への移住が容易になる。

鎖国

 出入国が規制され、国内および国外への移住が困難になる。

 その他の憲法の項目はこちら。

コメント

コメントを入力する
投稿前に利用規約をご確認ください。

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。