編集部コラム/禁断の秘技、アイテム増殖とは!?

本日の書き手:ドM男性ライターY

 イェーイ! みんな、テラリアライフ楽しんでるぅー!?

 はい、こんなウザイ書き出しも、全てはハンドラクス様があまりに快適すぎるがゆえ。なんと言っても1本でツルハシとオノ、ハンマーの性能を持つスーパーツール!

 掘削能力(掘る力)にいたってはなんと200%!! 最上級のツルハシ、モルテンツルハシ(掘る力100%)の2倍を誇るチート級のお力に、僕はすっかりメロメロになっているのです!!

01.jpg
↑力強いモーター音と共に、触れた物全てを破壊する快感はヤミツキ! もはや別のゲームと言っても過言ではない!

 そして何よりも、発見事例、情報をくださった皆さんのおかげです! 

 本当にありがとうございます!! 

 特に、前回のコラムではコメントもたくさんいただき、感謝感激です! 

ぞ、増殖……? そんなウマい話があるわけ……!

 そして、前々回前回にいただいたコメントの中に気になるものが。

「アイテム増殖すれば……」「金庫と貯金箱で増殖が楽ですよ」

 情報ありがとうございます!! 

 金庫は“きんこ”、貯金箱は“ちょきんばこ”で間違いないと思う。 

 だが……アイテム増殖? テラリア世界の法則に、正面切ってグーパンかますような方法……本当にあるのだろうか?

 というわけで、実際に2つのアイテムを使ってアイテム増殖が実際にできるのか試してみることに! 

禁断の秘技、アイテム増殖とは!?

02.jpg
↑用意したのは“ちょきんばこ”と“きんこ”。両方とも“しょうにん”から買うことができる。ちなみに、“ちょきんばこ”はワークベンチなど、テーブル類の上に置かないと使用することはできない。“れんきんだい”と原理は近いかも。

03.jpg
↑まずは“きんこ”に“いしブロック”を3つ預けてみる。

そして、“ちょきんばこ”の中を見てみると……。

04.jpg
↑からっぽ。そりゃそうだ。

 うーん、ひょっとしたらやり方が違うのかもしれない。次は、適当にアイテムを“きんこ”に突っ込んでみることに。

05.jpg
↑テキトーに見繕ったアイテムを“きんこ”に突っ込んでみる。

 で、“ちょきんばこ”の方を覗いてみると……。

06.jpg
↑……えっ!? えええぇえぇえぇっ!? 

 まさか、移動したのか!? “きんこ”の方を慌てて見てみると……。

05.jpg
↑同じアイテムが……! あれ? でも最後に入れた“たいまつ”、“ちょきんばこ”には入ってなかったよね? 

 ともあれ……、

 ふ、増えてるっ! アイテム増えてるっ!! 

 そして、両方からアイテムを取ってみると……。

07.jpg
↑“たいまつ”以外のアイテムのスタック数が2倍に増えている。つまり、「増殖した」ということになる。

 だけど、なんて最初はダメで、2回目は大丈夫だったんだ……? そういえば、“きんこ”への入れ方を最後だけ変えたような……。

アイテム増殖の法則とは?

 というわけで、検証の結果わかった増殖の法則は以下だ! 

 この増殖方法の実際のところは、「“きんこ”に入れたアイテムが、“ちょきんばこ”にコピーされる」ということ。つまり、“ちょきんばこ”→“きんこ”という順序ではできない。

 そして、

  1. “きんこ”には、アイテムを複数入れる必要がある
  2. “きんこ”に最後に入れたアイテムは、“ちょきんばこ”にコピーされない
  3. 最後のアイテム(増やさなくても良いアイテム)を入れる際には、“預ける”ではなく、ドラッグして“きんこ”のアイコンにドロップする
  4. ドラッグした際、“きんこ”のメニュー画面に移動してしまうと、コピーはされない

08.jpg
↑“きんこ”アイコンの上にアイテムをドラッグした状態。最後のアイテムを入れるときには、ここで素早く指を離す。

09.jpg
↑“きんこ”のメニュー。この画面になってしまったら無効。

「まさかなー、そんなウマい話があるわけないって! 僕のウサギタオースこそが唯一無二のプレゼント搾取装置に決まっているのだフーハハハっ!」

 そう思っていた時期が、僕にもありました。

10.jpg
↑前回1万個集めたプレゼントの残りを“きんこ”に突っ込んでみると……。

11.jpg
↑自然の摂理に逆らうかのように、コピーされている。

 は、ははは……、
年末年始を犠牲にしてiPhoneを放置した時間はなんだったんだ……!! 

 この方法を使えば無限の資金稼ぎはもとより、プレゼントは作り放題、他にもあーんなことやこーんなことがサクっとできてしまう……!

 な、なんて素晴らしい技術だ……!
改めて、情報提供ありがとうございます!!

 だがこの増殖方法、物理法則をまるっと無視した未知のテクノロジーであることには変わりはない。僕も今のところは全く問題ないものの、ひょっとしたら何か予期せぬ事態が起こる可能性も否定できない。

  ご利用は自己責任&バックアップをしっかり取った上でお願いします!

 とはいえ、このスバラシイ方法さえあれば、アレへの道のりが比較的簡単になることも事実……!

12.jpg
↑コイツを増やせば、あのアイテムへのハードルがグッっと下がる……!

 次回、ハンドラクスに次いで幻のアイテム、“こううんのおまもり”の探求と検証に、ご期待くださいっ!

コメント

コメントを入力する
投稿前に利用規約をご確認ください。

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。