編集部コラム/祝!『テラリア』コラム1周年!

本日の書き手:ドM男性ライターY

 今日は何の日、フッフーン♪

「別に祝日じゃねーよ」というツッコミはごもっとも。そう、今日は、世間一般的にはどうということもない普通の木曜日。

 ですが、

 今日は、『テラリア』コラムが1周年を迎えた超絶おめでたい日なのです!!

01.jpg
↑テンション上がりすぎて、ブロック並べてこんなのまで作ってしましたよ!

 それもこれも、ひとえに読者の皆様のおかげ……、深く感謝申し上げます!!!

 というわけで、今回はこの1年を振り返ろう企画ということで、いわゆる総・集・編でございます。

 正直、アニメの総集編回は高確率で飛ばす派なのですが、まさか自分がやることになろうとは。いやはや、世の中はまさに巡り巡るものでございますなあ……。

 なお、結構な長文となっております。

 だって、1年間の思い出が宝石箱を開けたみたいにドバドバ溢れてしまったんだもの、しょうがないじゃないか!? しょうがないよね!?

 えー……、おほん。

 それでは、僕の1年間の右往左往っぷり、生暖かい目でお楽しみください!

2014年8〜9月:『テラリア』ってなにさ? の時代

 
「『テラリア』のコラム書いてみない?」と冷酷担当編集T(当時は優しかった)から言われたのが去年、すなわち2014年8月のこと。ワケもわからずに「合点承知の助! 万事お任せくだせぇ!」と考えナシにお引き受けしたことが全ての始まりだった。

02.jpg
↑青い肌にマリモ頭。完全に悪ノリで作ったコイツを今まで使い続けることになるとは、正直思ってもみなかったね。もう少しマシなビジュアルにしておけば……、とちょっぴり後悔していることは内緒だ。

 実はサンドボックス系のゲームを全くやったことがなかったという致命的な適正のなさを抱えつつも、ひとまず触ってみようじゃないかとプレイしてみた結果……、

 なんで、こうも理不尽に殺されるかな!?

 とりあえずHPを増やして武器&防具を作成、地上をウロウロしていたら“クトゥルフのめだま”とかいうデカい目玉に惨殺され、地下をコツコツと掘っていたらダンジョンガーディアンとかいう馬鹿デカい頭蓋骨に瞬殺され。全くもって意味がわからなかった。

 あまりの超展開に、iPhoneをぶん投げそうになったのも、一度や二度ではない。

 ところが、空に“うき島”なるものがある(2014年8月29日)とわかってからテンションがダダ上がり。だって、浮いてるんだよラピュタだよ!? 男のロマンがたっぷり詰まった空の城、ワクワクしないという方がどうかしている。

03.jpg
↑コツコツと階段を積み上げていき、ゴリ押しで“うき島”を発見しようとしているところ。何度、ハーピーちゃんたちに地上にたたき落とされるor惨殺されたことか……。なお、重力を反転することにより擬似的に空を飛べる“じゅうりょくのポーション”の存在を知った時は、ショックで開いた口が塞がらなかった。そんな便利な液体、知らねえよ!

 その後、ゴリ押しの脳筋プレイに拍車が掛かり、爆弾を大量生産(2014年9月3日)、無軌道にブロックを破壊しまくりもしたっけ。

 そして、プレイ初期には全く歯が立たなかったボス連中もなんとか倒した頃。

 気づけば、『テラリア』の持つ独特すぎる魅力にドップリと魅せられてしまっていたのだった。

2014年9月〜11月:NPC萌えの時代

 一通り『テラリア』をプレイして、僕はアイテムコンプを目的とするでもなく、凝りに凝った建物を作成するでもなく、NPC萌えに走りはじめた。

 昨今主流の美麗なグラフィックは確かにステキだ。正直グっとくる。だけど、『テラリア』みたいなドット絵で描かれたキャラクター達にこそ、妄想が掻き立てられるワケです。その流れで女の子NPCの、メカニックちゃん(2014年9月12日)ナースちゃん(2014年10月1日)ドライアドさん(2014年10月30日)激萌えっすよ。ええ。

06.jpg
メカニックちゃん。『テラリア』世界の元気印だが、出会い頭はこんな感じで捕まっていた。ポニーテール&巨大武器(レンチ)持ち&性格サバサバという属性にすっかりメロメロ。お嫁さんにした上で、僕の作ったミソ汁を毎日飲ませたい永久に。

04.jpg
ナースちゃん。基本的に発言がドSな上、こっちが瀕死でもゴミムシを扱うような台詞を容赦なく吐いてくる。が、奇跡的に僕のせいへ……高尚な趣味とピッタンコカンカン! で、普段はツンツンしているのに、こんなウィットに富んだ台詞も。妄想が際限なく加速するぜウヒョー!!

05.jpg
↑オーガニックな雰囲気全開のドライアドさん「気をつけて。テラリアには あなたが必要なの!」「あなたには この世界を 浄化する使命があるわ」など、どこぞのお姫様的な発言をしてくるかと思えば、実年齢は500歳越えというバ……、お姉様。まあ、見た目より実年齢上ってキャラ、ぶっちゃけ大好物ですけどね! あと、確実に露出度が高い。つまりは大正義。

07.jpg
↑なお、メカニックちゃん監禁事件の犯人“ろうじん”(2014年10月6日)は熔岩で爆発四散させたのち、リスポーンを見計らって「いしのなかにいる」刑に処した。さあ、お前の罪を数えろ!

2014年9月〜11月:世界観萌えの時代

 NPC萌えと平行して、僕は『テラリア』の持つ世界観、たとえばNPCの謎めいた発言、アイテムのぶっちゃけ意味不明なテキストに魅せられていた。このあたりは、名作シューディング『ゼビウス』のミステリアスな世界観を考察しまくった世代に通じるものがあるのかもしれない。

 一見するとナンセンスに見える事象に、ひょっとしたら深い意味が隠されているのでは……? と、穿ちに穿ちに穿ちまくった。考えすぎて前髪がちょっぴり後退した気もするけど、気のせいだと信じたい。

08.jpg
「○○たちは ぜんめつした!」がデフォだと思っていた僕にとって、死に方のテキストが無駄に多いことも衝撃的だった。色々見てやろうと至るところで死にまくってみた(2014年9月23日)こともあったなあ。こちらの画像の煽りっぷりも凄まじいが、他にも「ぶつ切りにされた」「細かく切り刻まれた」という想像するだに痛いグロ系「魚たちと眠りについた」「サメの餌になった」なんていう「魚もサメも死んだ時にいなかったじゃねーか!」みたいなツッコミ待ったなし系「生命活動は停止した」なんて妙に重苦しいものまで様々。もう、一生分死んだ気がする。

10.jpg
何度見返しても正気を疑う紹介文(2014年9月26日)。食えってのか? ソウルイーターみたいなグロ系スプラッタモンスターから採取した肉を? だまされるわけねーだろ! 他にも「“すなブロック” をなめると しにます」をはじめ、ロード画面にすら「押すなよ! 絶対押すなよ!?」的なトラップが潜んでいる。

11.jpg
地底世界のボス・ウォールオブフレッシュの正体はNPCのガイドじゃなかろうか?(2014年10月23日) という疑惑。最初から出てきて何でも知ってるって、どう考えても怪しすぎる。どうせこいつ、プレイヤーをこの世界に放り込んで悪戦苦闘するサマをニヤニヤしながら見てて、最終的にはチェーンソーでバラバラにされるタイプだろ? 今もまだ疑ってるからな!

09.jpg
↑“てんしのぞう”。意味ありげに複数のNPCから言及があるものの、結局なんでもなかったというしょーもない結果(2014年11月3日)に終わった。いやいや、でもやっぱり深い意味があるんじゃないのか? ブツブツ……。

 その他「ブラッドムーンって結局何よ?」とか、「なぜ、NPCは死んでも何事もなかったように名前だけ変わって同一人物がやってくるのか?」とか「“ろうじん”はなんでスケルトロンに呪われたの? というかダンジョンガーディアンってなんなんだよ?」などなど、未だに判明していないナゾは枚挙にいとまがない。

 これらについては、未だに「何とかして、こじつけてやろう」と、虎視眈々と画策している。

2014年12月:季節イベントに狂喜乱舞する時代

 そんなこんなでプレイ開始から早4ヶ月、12月に。

 世間がクリスマスでイチャコラ沸いていた最中、僕は何をやっていたのか?

『テラリア』ですよ!!!!

12.jpg
初めて見たとき(2014年12月11日)は目を疑った。「えっ!? 季節流れてるの!?」と。なお、こいつはエッグノッグなる麻布十番でしか売っていなさそうなシャレオツなドリンクを勧めてきたり(ただし、くれる気配はない)、ぶしつけにクッキーを所望してきたりと、人格には難アリ。

13.jpg
ノリでサンタ衣装を購入(2014年12月25日)。この後、女の子NPCにはステキなプレゼントを、野郎NPCにはダイナマイトとかをプレゼントしてきた。喜んでもらえたカナ?

14.jpg
↑クリスマスイベントの華、プレゼント! なお、サンタがくれたわけではなく、モンスターがドロップしてくれるもの。サンタ仕事しろ。

 こんな感じでクリスマスを十二分に楽しんでいたわけだ。1人で。

 が、このプレゼントこそが、“あのアイテム”の鍵になるとは思ってもみなかったのだった……。

2015年1〜2月:レアアイテム探求の時代

 ノーマルモード時、幻と謳われたアイテムがある。

 それの代表格が、ハンドラクス“こううんのおまもり”だ。

ハンドラクスって?

 まずはハンドラクスについて説明しよう。そもそもこのアイテム、ノーマルモード時には、まともに手に入れる手段がなかった。それで性能がショボかったらともかく、問題は『ツルハシとハンマーとオノの3つの機能をこれ1本でまかなえる』『掘削性能がモルテンツルハシ(ノーマルモード最強ツルハシ)の2倍』という明らかなぶっ壊れスペックであったことだ。

 なお、ハンド“ラスク”と間違われることが多いが、これだと「片手でサクっと食べられるキュートなラスク新発売☆」みたいになってしまうので注意しよう。最初に見たときはモロに勘違いしましたけどね!

 そんなハンドラクス、もちろん喉から手が出るほど欲しかった。そんな折り、なんと前述のプレゼントから手に入るらしい、という情報をゲット!

 そりゃあ、「うおーー! こいつで一切合切デストローイ!!」ってなるわけですよ!

 あとはひたすらにプレゼントを集めるべく、努力と根性フルブーストするだけだった。

15.jpg
↑“ウサギのせきぞう”を使い、ウサギちゃんがブラッドムーンで凶暴化、熔岩に焼かれプレゼントを回収、以下繰り返し。当然、その間iPhoneはひたすらに放置&放置。そして年の瀬にも関わらず、誰からもメールも電話もないという惨状。いやー、電話なんかあったらアプリが終わっちゃってヤバかったなあ! ひょっとして僕って豪運?

 こうして、僕の2014年は幕を閉じた。流石にちょっと寂しかったぞコノヤロウ!

 結果、プレゼントを3000個集めたものの、ハンドラクスは出なかった(2015年1月8日)。年末をまるっと犠牲にしたのに、出なかった。

 にも関わらず、冷酷担当編集Tは「ハンドラクス手に入れるまで原稿料支払わないからね」とあんまりなことを言い出す始末。「いや〜、シャレがキツいっすよTさ〜ん」とエヘラエヘラ笑って返すも、奴さん、明らかに冗談を言っている目ではなかった。

 おまんまが食えなくなる恐怖&ハンドラクスが欲しいという欲望がミックス、前述の方法でiPhoneを延々と放置した結果、ついに10000個のプレゼントを集めることに成功!(2015年1月15日) なお、その間、例によって誰からも連絡はなかった。そして……、

16.jpg
7612個目にて、ようやく発見! 実際はその前に3000個開けているので、10612個目という計算。が、正月を犠牲にした価値は十二分にあり、ファンタジー世界にあるまじきエンジン音とともに繰り出されるドリルの快適さ、まさに圧巻のひとことだった。

“こううんのおまもり”って?

 ハンドラクスのつぎの標的となった“こううんのおまもり”とは、ざっくり言ってしまえば「どんなに高いところから飛び降りても死なない」アクセサリーのこと。

17.jpg
↑“こううんのおまもり”があれば、飛び降りてもこんな感じで爆発四散することもない。物理法則を無視していることから、明らかに反重力めいたオーバーテクノロジー満載のアイテムに違いない。かがくの ちからって 以下略。

 だが、こいつがどうやっても手に入らない。

18.jpg
↑このように、ロード画面では“うき島”にさえ行けば、さもカンタンに手に入りそうに言ってくれている。もうね、ウソです、これ。宝クジ1等レベルの豪運がないと無理です。

 で、手始めに100回(2015年1月29日)“うき島”に行ってみたものの、結果は惨敗。

 追加で300回(2015年2月5日)行ってみたものの、やっぱり無理。

 最終的には合計1000回(2015年2月18日)行ってみたものの、ビックリするほど見つからない。

19.jpg
↑終盤の方は頭がどうにかなってしまったらしく、完全にオカルト頼みになっている。出ねーから、こんなんで出ねーから! バーカバーカ!

 ちなみに“うき島”巡り1回につき平均3分計算×1000回=総計55時間以上かかった。

 ここまでやっても出なかったワケだが、冷酷担当編集Tの目はやっぱり笑っていなかった。

 かくゆう僕は「すぐに見つけてやりますよ、見たってくだせえ!」と意気込みつつも、奴さんのアイスピックみたいに鋭い視線を華麗にスルーしつつ、当面の入手は諦めるに至った

 その後、ニンジャにハマりまくる(2015年2月26日)マイブームが訪れたり、ペット選手権(2015年3月12日)めいたことをやってニタニタしたりする日々を送っていた。

 だが、そんな怠惰な日々は、あまりにショッキングな出来事により終わりを告げたのだった。それこそが……!

2015年3〜8月:アップデート後の時代

 2015年3月9日。あの衝撃は今も忘れることができない。

 そう! 『テラリア』の大型アップデートが実装、ハードモードが遊べるようになったのだ! 

 ちなみにアップデートの概要は、

  • ・アイテム数400個→1800個
  • ・NPC数7人→18人
  • ・モンスター数70体→200体以上
  • ・ボス数5体→15体
     
     という凄まじいものだった。今、改めて見ても目を疑う。

 アップデートってレベルじゃねえぞ!

 ついでに言えば、グラフィックの一新BGMの大幅追加なんかもサラっとされていて、「もうこれiOS/Android版『テラリア2』でいいんじゃね?」というレベルの革新ぶりだったのだ。

20.jpg
↑『千と千尋の神隠し』に出てきそうなツラをしたワイバーンをはじめ、新モンスターが目白押し! 新しい鉱石からは強力な新武器が作れたり、新NPCは例によって曲者ぞろいだったり……。変わりすぎだろ。ガンダムで言えば、MkⅡ→ゼータではなく、初代ガンダム⇒ダブルオークアンタというレベル。ガンダムってとこしか合ってないからね、まるっと別モノだからね! それくらい、圧倒的なアップデートだった。

 しかし。「よーし、ハードモード遊び倒すぞ!!」と意気込んだ気持ちは、のっけからへし折られた。

 まず、1000回“うき島”に行っても手に入らなかった“こううんのおまもり”が、3分の1くらいの確率で手に入るようになった。

 そして、ハンドラクスがフツーに作れるようになった挙げ句、ドラックスとかいう、どっかのシャンプーみたいな締まらない名前に変更、あまつさえ、ツルハシ+オノ+ハンマーの性能を持ったパーフェクトツールだったのに、ハンマー性能がごっそり削除された。

 ……絶望したね。

 小学校の頃に好きだった清楚系の子と同窓会で再会したら、全身にタトゥー入れて子供が3人いた上に、ホストに狂って旦那に隠れて借金まみれだったってくらいに絶望したね!!

26.jpg
↑ハンマー成分が削除、ハンドラクス→ドラックスという妙な名前に変貌、あまりに辛い現実。「ピックソーとごっちゃにしないでね」だと? ピックソーはツルハシみたいな見た目だし、間違わねーよ煽ってんのか!?

21.jpg
↑ハードモードから追加された翼系アクセサリー。機動力が大幅アップ、ノーマルモード時とは次元の違うプレイ感覚を体験できる。そしてなんと、翼系アクセサリーには、高いところから落ちても死なないという付加効果効果まであった。つまり、“こううんのおまもり”にいたっては、存在意義のほとんどを剥奪されたと言っていい。

 しかし、そんな絶望も、ハードモードの追加要素を満喫するにつれ、徐々に消えていってしまった人のサガって悲しいっ!
 
22.jpg
↑ハードモードのボス、プランテラ(2015年4月30日)。単なるデカい花にしか見えないが、かなりの戦闘力を持つ。幾度ともなく惨殺された苦い思い出から、今はこいつの蕾を見つけるたびにボコボコにしている。

 ハードモードで追加されたボスたちだと、スケルトロン・プライム(2015年4月9日)ツインズ(2015年4月16日)デストロイヤー(2015年4月23日)戦なんかは実に燃えた。敗れた連中がサイボーグ化させられて再戦! ってやっぱりいいもんだね、男の子の血が騒ぎまくりっすよ!

23.jpg
↑やたらとダークな発言が目立つ悲しきモンスター・新NPCのトリュフ(2015年5月21日)。「かつてオレたちは タケノコと せんそうし しょうりしたんだ」など、スレスレな発言も。色々怖いからやめてください。

 他にも酒浸りのダメ人間“かいぞく”や、ラピュタネタを飛ばす姉御肌・スチームパンカー、脳ミソお花畑なアホの子・パーティガールなどなど、新NPC連中の楽しいこと楽しいこと。

24.jpg
↑低確率で発生するイベント“にっしょく”の時に低確率でドロップするアイテム“おれたゆうしゃのつるぎ”を3本も素材にするテラブレードを作成!(2015年7月9日) 思ったよりは苦労しなかったけど、単に運が良かっただけと思われる。“こううんのおまもり”の時のツキが裏返ったのだ、きっとそうだ!

25.jpg
↑パンプキンメダルを使って発生するパンプキンムーンに出現するパンプキング(2015年8月6日)パンプキン言いすぎ! 未だに最終WAVEまでは行けていない。今のところの最終目標でもある。

 あと、トカゲ族の聖域に押し入って古の巨人・ゴーレムにグレネードランチャーを叩き込んだり(2015年6月4日)、レアアイテム入手に必須な“かぎがた”をモンスターから搾取(2015年6月11日)してみたり、テラリア神なる妄想人造女神をでっち上げたり(2015年7月2日)。今となってはどれも良い思い出です。

最後に

 以上、大体こんな1年でした。

 改めて振り返ると、

 このゲーム、やれること多すぎ!! 素晴らしい!!

 に尽きます。

 そしてなにより……、皆様のコメントや情報、ものすごく助けになっております。

 いつもヘッポコな僕にアドバイスいただけまして、本当にありがとうございますっ!!

 いやー、最初こそ「『テラリア』って何ですかそれ美味しいんですか?」状態だったのに、今ではギュンギュンにハマってしまっているというね。『テラリア』の魔力……恐るべし。

 で、「今まで結構書かせていただいたなあ」と記念すべき編集部コラムの1回目をふと見てみたところ、

27.jpg
↑最初のコラム。2014年……8月29日、だと……? 今日って……2015年の8月27日!?

 やっべ……、1周年に2日足りねーじゃねーか!! 恥ずかしっ!!

01.jpg
↑勢いで作った後に気づいたという大失態。おせーよ!

 こんな僕ではありますが、これからも、お付き合いいただけると嬉しいです!!

コメント

コメントを入力する
投稿前に利用規約をご確認ください。

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。