編集部コラム/期待と失望。がっかりアイテム3選

本日の書き手:ドM男性ライターY

 様々な効果を持つアイテムが満載の『テラリア』。

 実は意外な効果を持つものもあるが、使い方がわかった上で「どう使えばいいんだこれ」と困惑してしまうアイテムも多い。そういったアイテムは、えてして説明文が期待を煽るものとなっており、使用前と使用後の落差が非情に激しいのも特徴だ。

 それでは、独断と偏見で厳選した「がっかりアイテム」、とくとご覧あれ!

3位  水中での無限活動が可能な唯一のアイテム! だが……。

「あー、もう息切れる! 死んじゃうよぉ! ハアハア///」なんてことになりがちな水中の探索。こんな楽しみ方をするのはMの人だけかもしれないが、水中での要となるのは、ずばり“呼吸”だ。

 息切れ=死。この非情な現実はいかんともしがたい。

 そんな死と隣り合わせの水中探索の救世主、それが“タケヅツ”なのだ!

1.jpg
↑心強い謳い文句。期待を抱かずにはいられないっ!

 しかし……実際はこれ、「先端が水面に出ているとき」という条件下でしか効果はない。

2.jpg
↑限界ギリギリでもこの深度。これで何をしろと!?

 おまけに、“タケヅツ”を使用しているときには他のアイテムが使えない。つまり、マモノに襲われたらひとたまりもないのだ。

「水中でもへっちゃらさ」という謳い文句、嘘ではないが、ど〜にも言いくるめられた感は否めない。がっかりだよ!

2位 付いていきます、どこまでも……。“ひかりのオーブ” 

 シャドウオーブを破壊することで入手できる“ひかりのオーブ”。神々しいネーミングからは「魔王の闇の衣でもはがせるのでは?」とつい期待してしまいがちだ。

3.jpg
↑召喚したら心強い味方になってくれるのか? それとも何かスゴイ効果が……? 否応にも期待は膨らむ。

 というわけで、早速使ってみよう!

4.jpg

 “きらめく”、というにはやけに弱々しい光。そしてプレイヤーが動くとノロノロとくっついてくる。だが、それだけだ。具体的に言えば、「辺りをちょっと照らす」以外の効果はない。

5.jpg
↑同じ場所で未使用の状態。正直、あってもなくてもあまり変わらないレベル。

 仰々しいネーミング&期待を煽るだけ煽っておいて、実際はショボい効果。このがっかり感、流石の2位である。

堂々1位! プレイヤーだけを殺すアイテムかよ!

「がっかりアイテム」1位の座に輝いたのは、“スパイク”である。ダンジョンの至るところにわんさかと仕掛けられ、少しでも触れようならばプレイヤーのライフをごっそりと奪う卑劣なワナだ。

6.jpg
↑破壊することで“スパイク”は入手可能。

 設置可能、という端的すぎる説明文。そこで、多くのプレイヤーはこう考えるはずだ。

「これってワナとして使えないかな?」と。

 では、実際にやってみよう!

7.jpg
↑ここから、スライムのいる隙間に“スパイク”を設置する。マモノにも効果があれば、攻略の幅は飛躍的に広がる。期待はうなぎ登りだ。

 さて、衝撃の結果をご覧いただこう。

8.jpg
↑ぴんぴんしているスライム。対照的に誤って死亡した僕。

 ちなみに“スパイク”はNPCにも効果がない。そう、つまり“スパイク”は「プレイヤーだけを殺すトラップ」なのだ! もうわけがわからないよ……。

 だが、がっかりするにはまだ早い! ベストオブ使えないアイテムである“スパイク”だが、ドM的に見れば、ある意味最高のアイテムと言える使い方がある。

9.jpg
↑NPCが傷つかないことを利用し、“ナース”ちゃんの部屋に“スパイク”を敷き詰める。

10.jpg
↑好きなだけダメージを負おう。

11.jpg
↑こうして、好きなときに好きなだけ、彼女に治療してもらうことが可能となる!

 なお、ブラッドムーンの夜には更にキっツいお言葉をいただける。Mならずともゾクゾクしてしまうこと間違いなし! 

 このように、「がっかりアイテム」にも意外な需要が眠っているかもしれない。それを発掘するのも、楽しみのひとつではないだろうか。

コメント

コメントを入力する
投稿前に利用規約をご確認ください。

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。