編集部コラム/打倒!オクラム!

本日の書き手:ドM男性ライターY 

 前回、ギミックの粋を尽くしたカボチャタオースは敗北した。何故だ!?

「坊やだからさ」と答えてみたいのは山々だが、残念ながら違う。単純に、パンプキンムーンの熾烈な進撃を捌き切れず、朝を迎えてしまったのだ。

01.jpg
↑大挙する敵を倒しきれず、時間制限を迎えるの図。「あ、定時なんで帰ります〜」と悪びれずにタイムカードを通す新入社員よろしく、颯爽と帰るパンプキング。僕には、情熱も思想も理念も頭脳も気品も優雅さも勤勉さもあった。しかし、速さだけが足りなかった。

 これを鑑み、僕は思いを新たにすると決意した。

 高望みをするのではない。できることからやっていく! 地道にコツコツと積み重ねていけば、いつか某引っ越し会社よろしくデカい人間になれるに違いないのだ。

 次にすべきこと。

 それは、ハードモードの実質的ラスボスと名高いオクラムを倒すことなんじゃなかろうか。

 皆様、いつもコメントありがとうございます!!

 そもそも、このオクラムなる存在、皆様のコメントがなければ、

「なんだコイツ。ネーミング地味だし倒さなくてもいいんじゃね?」華麗にスルーするところでした。未だに箸を持つ手と茶碗を持つ手を混同しかけるダメダメな僕に、道を示していただき超絶助かっております!

 さて、いただいたコメントを総合するに、オクラムは大ボスパンプキングが裏ボスというノリらしい。

 正直なところ、倒す順番を完全にしくじっているワケで、そりゃあ、いきなり挑んだって勝てるワケもない。きっと連日の猛暑で頭がどうにかなっていたんだ。

 三十六計逃げるにしかず。どこかのエラい人もそう言っていた。そう、これは撤退ではない。強いて言えば戦略的撤退。つまるところ、勝利への序曲なのだそうなのだ。

 というわけで、打倒オクラム! オクラムを倒せば仕事も恋愛も万事がオールオッケーうまくいく!

 べ、別に「パンプキンムーン攻略するよりも何とかなりそうだから」とか、そんな後ろ向きな理由じゃないんだからねっ! ……ホントデスヨ……?

オクラム、その前に

 オクラムを呼び出すには“あやしいドクロ”なるアイテムが必要とのこと。とはいえこのアイテム、作るのには結構な手間が必要となる。

02.jpg
↑必要な素材は、“きかいのめだま”×2、“きかいのドクロ”×1、“ひかりのソウル”×5、“やみよのソウル”×5、“アダマンタイトインゴット×10。流石は大御所、他のボス連中よりギャラ(素材)が高いわ。

 ちなみに、“あやしいドクロ”オクラムを呼び出すためのもので、“きかいのドクロ”スケルトロン・プライムを呼び出すためのもの

 ガンダムガンガルよろしく、片方がパチモンというわけではないので安心しよう!(何がだ)

03.jpg
↑“ひかりのソウル”を狩るために“せいなる大地”へ。あくまで個人的な感想として、“ひかりのソウル”はやけに集まりにくい印象。“やみのソウル”は気づけばたまってることが多いんだけど。僕の心に光がないとでも!? ははは、まさか。

05.jpg
↑余談だけど、“きかいのドクロ”を作るために必要な“ホネ”を集めるためダンジョンに潜っている途中、“ビンづめのウィスプ”なるペット召還アイテムがドロップ! フワフワ光って辺りを照らしてくれる優れものだ。これは嬉しい。

 それにしても、ハードモードのボス2体の召還アイテムが素材に必要だとは……、オクラム、やはりラスボスというに相応しい存在なのだろう。

06.jpg
↑“きかいのめだま”から召還されるツインズ80年代風アイドルみたいな名前なのに、見た目はグロ系。「ひょっとしたら美少女ユニット!?」って期待したワクワクを返せ。

07.jpg
“きかいのドクロ”から召還されるスケルトロン・プライム。ノーマルモードのボス・スケルトロンをまるっとサイボーグ化したような見た目をしている。なんとなく、買ったものをすぐに届けてくれそうなイメージ。

 ん? 待てよ……。

 こいつらを呼び出すためのアイテムが素材にあるってことは、オクラムは戦隊モノでいうところの合体怪人みたいなやつに違いない!

 今までやられたボスたちの怨念めいた何かが集合、なんやかんやで合体して番組後半で立ち塞がる、実に燃えるシチュエーションじゃないか!? 

 まあ合体怪人って、番組の後半、新しいキグルミの制作費を捻出するのが難しくなって「とりあえずあるものでなんとかするか」文字通りツギハギでデッチ上げられるなんて噂もあるけど、細かいことは気にしない!

 が。

 何か忘れていやしないか? 何か……。

 あっ。

 デストロイヤーを呼び出す“きかいのワーム”がハブられてる。

08.jpg
↑デストロイヤーさん。超巨大な体軀を誇るものの、実際はたいして強くない。まさに不遇のボス。

 うん、確かにね、僕もこのコラムでデストロヤーのみならず、その前身ぽいイーターオブワールドを「見かけ倒し「名前負け」「単なるデカいミミズ」と散々ネタにしてきたよ。

 だからって、ここでハブることないじゃないか! 同じボス友達だろ!?

 というか“きかいのめだま”をふたつ使うんだったら、ひとつ減らして“きかいのワーム”入れてやれよ。アレか? 「このオクラム、2人乗りだから」みたいにツインズとスケルトロン・プライムがジャイアン&スネ夫めいたことを言ってやがるのか。ボスの世界でも広がる陰湿ないじめ……まさに現代社会の闇と言えよう。

 おお……聞こえる……聞こえるぞ……!

「僕もオクラムに入りたかったよぉ……」

 という、馬鹿デカい図体に似合わない弱者の声がっ!!

 あいわかった。合体怪人として不適格者扱いされたキミのためにも、オクラムをバッサリと討伐してやろうじゃないか!

オクラム、その最中

 そんなこんなで“あやしいドクロ”が完成、例によって夜を待ち、オクラムを召還っ!

11.jpg
↑さぁて、どんなヤツが来るのか? へへっ、オラ、ワクワクしてきたぞっ!

12.jpg
↑って、なんだこの小さいやつら! まるでイナゴの大群。オクラムさん、手下にばっかり攻撃させるんじゃなくて姿を現したまえよ。

13.jpg
と、タカを括ってたら、おもむろに本体が襲来! おお……、なんというゴッタ煮っぷり、まさに合体怪人。もちろん、デストロイヤーの要素は影も形も見当たらない。仲間はずれも大概にしろよ!

 ついでに言えば、脳みそ部分は“クトゥルフののうみそ”に由来しているようにも見える。

14.jpg
↑“クトゥルフののうみそ”。雑魚を射出&キモチ悪い脳みそというあたり、類似点が多い。ちょっと男子ー! デストロイヤーちゃんの気持ち考えなさいよー!

 そんなオクラムだが、僕はグロ耐性が極端にないので、初見こそ、

 グロいキモやめて近寄らないで!! 

 と拒否反応が出た。が、グルグル回転しながら攻撃してくるので、見た目は気持ち悪いものの、どことなくコミカル。さらに、何を急いでいるのが動きが異常なまでに速く、すぐにフレームアウトしてしまう。シャイなのかな?

 なので、鳴り物入りの登場に水を差して申し訳ないんだけど、ちょっと戦っただけで「指示出しした部下がうまく動いてくれずにテンパってる無能上司」としか思えなくなってしまった。

 攻撃自体もそこまで痛いわけではなく、テラブレードとコラプタージャベリンを振っていたらHPがゴリゴリと削れていく。そしてHPが半分を切ったあたり、お待ちかねの第二形態に変化!

18.jpg
↑本来の瞳が無くなり、脳みそに巨大な瞳が出現! が、一応のラスボスというには変身度合いが地味。デストロイヤーさんをハブるからこんなことになるんだ。今ならまだ間に合うぞー、みんな謝れ。
 
 第二形態のオクラム様は、第一形態に比べて攻撃が激しくなり、吐いてくるビームの色が変わる。が、圧倒的に強くなるとか、そういった印象はない。むしろ動きがよりセコセコしているので、小者という印象が増してしまった。

15.jpg
↑口から吐瀉物めいてビームを乱射。実際はユラユラ揺れているorグルグル回っているので、せわしない。うん、終電前の新橋あたりにこういう酔っ払い、いるわ。

 さて、オクラム様のHPも残りわずか! が、まさかここで終わりってことはないよね? フリーザ様みたいに第三形態に変身するとか、ビッグバンめいたスンゴイ攻撃を撃ってくるとか? いやいや、実は裏で操っているさらに悪いヤツがドヤ顔で出てくるとか……!?

16.jpg
↑ヤッター撃破だー!

 って、なんだこのアッサリ感!? 

 いや、合体怪人の末路としてはある意味王道か……、切ねえ。

オクラム、その後に

 意外とアッサリ倒れてしまったオクラムだが、ありがたいことに初見の防具を落としてくれた。イヨっ! さすが大ボス、太っ腹!!

17.jpg
↑いかにも伝説っぽい防具、ドラゴンマスクをゲットだぜ!

 ……ん? ちょっとまてよ?

 つまりこれって、必然的にドラゴン系の足&胴体の防具も、こいつから落ちるってことだよね?

 そして『テラリア』的な流れからいけば、他の装備やアイテムもドロップするタイプに違いない。

 OKわかった承知した。アイテムコンプまで何度も何度もオクラムを倒せと。そういうことなんだな!?

 ああオクラムよ……お前もしょせん、アイテムのためにひたすら狩られる宿命からは逃れられなんだか。デストロイヤーさんを仲間に入れないから、こんな憂き目に遭うんだよ。

 ドM男性ライターYは、何かと不遇なデストロイヤーさんを応援しています。

コメント

コメントを入力する
投稿前に利用規約をご確認ください。

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。