編集部コラム/復讐するは我にあり

本日の書き手:ドM男性ライターY

 実は、どうしても許せないヤツがいる。

 我が愛しの“メカニック”ちゃんを拉致監禁し、あまつさえ魑魅魍魎が跋扈するダンジョンに置き去りにした重罪人……その名は“ろうじん”。今は“したてや”としてのうのうと暮らしている。

1.jpg
↑“ろうじん”時代の悪行をさらっとカミングアウトする“したてや”。これはたぶん、呪いとか関係ない。こいつの趣味に決まっている! 

 いたいけな彼女を拘束した挙げ句、あんなことやこんなことをしていたに違いない! ムキー! 万死に値する! これはもう、天誅っていうか人誅を下してやるしかあるまい!

2.jpg
↑ついでに言えば、なんか妙に偉そうなのもイラっとする。

はらせぬ恨みをはらし、許せぬ人でなしを消す!

 というわけでダンジョンにやってきた僕。周囲に人影はない。こっそりと人誅を下すには、もってこいのロケーションだ。

3.jpg
↑相変わらず偉そうな“ろうじん”。“メカニック”ちゃんの痛みを思い知れ!!

 なお、どういう理屈なのかNPCに武器は当たらない。というわけで、即効性を重視して殺害方法はマグマを選択!

4.jpg
↑地底世界のマモノなどを除けば、無敵の殺傷能力を誇るマグマ。どう考えてもバケツで携帯するには危なすぎる代物だ。

 さあ、それではいってみよう! 積年の恨み、今こそ晴らすとき!

5.jpg
↑マグマに焼き尽くされた“ろうじん”。大自然の力の前には、さしものヤツも太刀打ちできず爆発四散! やったぜマイハニー!

蘇る老人

 しかし、喜んだのもつかの間。なんとヤツは何事もなかったかのように復活しやがったのだ!

6.jpg
↑空中から平然と蘇る“ろうじん”。こいつ、本当に人間か……!?

 他のNPCは死亡しても名前違いの別人がやってくる。が、“ろうじん”の場合はどうやら同一人物の模様。おまけに何度殺してもムダ。これが“スケルトロン”の呪いの為せる業か……!

 とはいえ、復活位置は固定されている。それを利用し、ブロックでまわりを囲んで逃げられなくして……と。

7.jpg
↑復活と同時に焼き殺される、まさに無限地獄! Mの僕でもここまでハードなプレイはちょっと、いや、絶対にイヤだ。

 現実時間で平均30秒という脅威のサイクルで復活はするものの、とりあえず成敗ッ! いやあ、良かった良かった!

根本的な解決とは

 と、安心したのも束の間のこと。そう、大切なことは、変質者(“ろうじん”&“したてや”)がいない世界で、“メカニック”ちゃんと心置きなくキャッキャウフフすることじゃあないか? 

 “ろうじん”の死亡&復活劇が40回を越えたあたりで、僕はあることに気が付いた。日中は30秒前後で復活を繰り返す彼だが、なんと、夜の間は「復活しない」のだ。

 これは何を意味するのか? “スケルトロン”を倒すために“ろうじん”に話しかけることで、ヤツは姿を消す。仮にこれが、“ろうじん”=“スケルトロン”=“ダンジョンガーディアン”だとしたらどうだろう? 

 つまり、“ろうじん”が死んでいる間は、きっとダンジョンはもぬけの殻に違いないのだ! そうと決まれば善は急げってヤツだ!

8.jpg
↑待っててねマイハニー! 「“メカニック”ちゃんを変態から守ろうプロジェクト」、開始!

 と、勢い勇んでダンジョンに侵入するも……。

9.jpg
↑グワーッ! やっぱりダメでした。仮説は脆くも崩れ去る。

 というわけで、「“メカニック”ちゃんを変態から守ろうプロジェクト」は早々に頓挫した。現時点で“ダンジョンガーディアン”を倒す方法は見当たらない。

 遺憾ながら、計画は放棄。残された手段はこれしかなかった……。

10.jpg
↑不死身の邪悪は封印するが鉄板。“ろうじん”の復活地点周辺をブロックで囲んだ、いわゆる「いしのなかにいる」状態。

 これでヤツが“メカニック”ちゃんに不埒なマネをすることは、ひとまず防げた。ごめんねマイハニー、もう少しだけダンジョンの中で待ってておくれ!

コメント

コメントを入力する
投稿前に利用規約をご確認ください。

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。