編集部コラム/ダンジョン探索、もう怖くない!

本日の書き手:ドM男性ライターY

『テラリア』で一番怖い場所といえば、ダンジョンを置いて他にはない。

 どこからともなく出現するスパイクボールや縦横無尽に駆け巡る火の車輪、いやらしく設置された“スパイク”、気を抜いた瞬間に飛んでくる毒矢など、まさに死と隣り合わせのお化け屋敷と呼ぶにふさわしい。

01.jpg
↑そして、出現するマモノはホネ&ホネのオンパレード。とにかく、アンデッド系の連中がわんさかと沸いてくる。

 僕は確かにドMだが、だからといって怖いのは大の苦手。もし、“メカニック”ちゃんとお化け屋敷に入ったら、彼女の腰にしがみついてゴールまで目を瞑ったままでいる自信があるレベルだ。

 しかぁし! 僕みたいなヘタレ野郎でも心配ご無用! ピクニック気分でダンジョンを探索できる、その名も『BGM変化法』をお伝えしよう!

カベを壊せばあら不思議

 そもそも、ダンジョンはなぜあんなにも怖いのだろう? 暗くてアンデッドがいっぱい出てくるから? もちろん、それもひとつの要因には違いない。が、僕が思う最大の“怖さ”は、ずばり、BGMだ。

02.jpg
↑画像だけでも聞こえてくる「ふぁ〜〜ん、ふぉえ〜〜ん…………ぼっ、ぼっ、ぼぼっぼ……ぼぼっぼっぼっ……♪」陰鬱なベースラインが印象的なBGM。暗さと相まって、とにかくこれが不気味。

『テラリア』の環境はブロックによって決定されることが多い。が、実はダンジョンに限っては、背景のカベも環境構築の一因となっている。そこで……、

03.jpg
↑ハンマーorハンマアクスを使って、カベをとにかく壊し続ける! 

 すると……、おお、よく耳を澄ませてほしい!

04.jpg
↑出現した燦然と輝く太陽! 聞こえてくるのは「テッテレ、テテレテッテレ、テテレレッ、テッ、テケテケテッ、テッ♪」という、お馴染みのBGM! 

 つまり、カベを壊しながら進んで行けば、必然的にBGMは「怖くない方」に固定される。お化け屋敷で言えば「内装をぶっ壊して外の光を入れる」という乱暴な方法には違いないが、これでダンジョン探索もへっちゃらだ!

注意点

 一見お手軽に思える『BGM変化法』だが、注意すべきは「カベの端からでないと不可能」ということだ。

06.jpg
↑このように、ダンジョンのど真ん中でハンマーを振り回しても無駄。カベを採掘することはできない。

 なので、ダンジョンの入り口や、外からブロックを壊して潜り込み、「カベの端」から壊す必要がある。

07.jpg
↑ダンジョンの入り口からの場合。一番簡単な方法だが、奥まで行くには時間がかかる。

08.jpg
↑入り口以外から不法侵入の例。手間はかかるが、任意の場所から潜り込むことが可能。

 また、『BGM変化法』の原理は「環境を生成する」のではなく、「ダンジョン環境を破壊し、デフォルトの地下環境にする」というもの。

05.jpg
↑普通の地下扱いなので、本来ならば出現しない“レッドスライム”まで出てくる。逆に言えば、ダンジョン固有のマモノは出現しなくなる。

 なので、ダンジョン固有マモノのドロップアイテムが欲しいときには、残念ながら怖い思いを強いられることになる。

 なお、この方法で“スケルトロン”を倒さずにダンジョンに進入しても、毎度お馴染みの制裁は受けるので注意だ。

09.jpg
↑のどかなBGMの中で“ダンジョンガーディアン”に瞬殺! 実際目の当たりにするとかなりシュールな光景。

「宝箱を回収したいけど、怖いのはヤダ」「“メカニック”ちゃんだけ助けたい!」こんなときこそ、『BGM変化法』の出番!

 おどろおどろしいダンジョンも、普段のBGMなら驚くほど平常心で望めること請け合いだ。怖がりさんは是非お試しあれ。

コメント

コメントを入力する
投稿前に利用規約をご確認ください。

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。