アイテム/メカニック/ギミックの基本

ギミックとは?

 テラリアのプレイ中に地下探索をしていると、不意に毒矢をくらったり岩が落ちてきたりと、様々なトラップに出遭うことがあるだろう。

gimmick1.png
↑不審なものを見つけたら要注意。

gimmick5.png
↑既成ギミックによるトラップで死亡することもある。

 このようにテラリアでは、ワールド生成時にギミックを用いたトラップもいくつか仕掛けられているが、このギミックは自分自身でも仕掛けることが出来るのだ。

 ギミックを上手く利用することで、マモノやボスとの効率的な対戦が出来たり、金策を講じることも可能になるため、ぜひ活用してもらいたい。

ギミックの仕組み

 ギミックを仕掛けるには、まず“レンチ”、“ワイヤー”、“ギミック”、“出力アイテム”が必要だ。ギミック構築は一見、難しいように思えるかもしれないが、前述の基本4アイテムが用意できれば簡単に仕掛けることが出来る。

gimmick2.png
↑今回は“レンチ”、“ワイヤー”、“クラゲのせきぞう”、“レバー”を使用。

 各アイテムは、スケルトロンを倒した後に登場するメカニックからの購入や、ワールド生成時に地下へ仕掛けられた既成ギミックを採掘することで入手可能。

さっそく仕掛けてみよう!

 アイテムが揃ったら早速ギミックの構築だ。

 まずは“ギミック”と“出力アイテム”を設置し、“レンチ”を使って両アイテムを“ワイヤー”で繋げよう。

gimmick3.png
↑いずれも“ワイヤー”が少し触れる程度でOK。

 ちなみに“ワイヤー”は、“レンチ”や“ワイヤーカッター”もしくはギミックを作動させられる“出力アイテム”を直接持っていないと可視化が出来ない。

作動させてみよう!

 アイテムの設置、“ワイヤー”の接続が済んだら、ギミックが機能するかどうかを確認してみよう。

 “出力アイテム”をタップして、スイッチオンだ!!!

gimmick4.png
↑“ギミック”が作動して“あおクラゲ”がスポーンされた。

 今回は簡単な例を挙げたが、ギミックで出来ることはまだまだたくさんある。ギミックを活用して、より豊かなテラリアライフを実現しよう!

コメント

コメントを入力する
投稿前に利用規約をご確認ください。

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。