第1弾『ザ・アサインメント』/CHAPTER.1-2

『サイコブレイク』の第1弾DLC、『ザ・アサインメント』のチャプター1-2を、
動画&マップ付きで攻略していきます。

攻略一覧
1.研究報告書“手記番号16”を入手
2.幻影を追っていく
3.コンピュータを起動して先へ進む
4.サウンドトラック“Authorization”を入手
5.破れた手紙3を入手
6.キャダバーから逃れ、先へ進む
7.人事ファイル“音声記録1:採用”を入手
8.エレベーターに乗り、元来た道を戻る

攻略一覧

1.研究報告書“手記番号16”を入手

MAP
 
 チェックポイントを通過後、階段を降りると進める道が無くなっている。正面から見て左側の壁に星のマークが描かれているので、それを参照に中央の壁にフラッシュライトで同様のマークを映し出そう。

 焦点が合うと赤く光り、そのまま照らし続けていると扉が出現する。先へ進み、左側の戸棚の下に星のマークがあるので、フラッシュライトで照らそう。

 出現したテーブルから研究報告書“手記番号16”を入手するとイベントが進行し、先へ進めるようになる。階段を下りてすぐ左へ曲がり、壁に隣接している棚にカタツムリがいる。

 キャラクターモデル“ホーンテッド(メビウス)”が入手できるので、忘れずに回収しておこう。

研究報告書“手記番号16”→星マークを照らして出現させるテーブルの上。
キャラクターモデル“ホーンテッド(メビウス)”→階段を下りて左側、壁に隣接した戸棚。

2.幻影を追っていく

 奥の部屋に進むと、台の上に星マークがあるのでフラッシュライトで照らす。プロジェクターが出現し、イベントが進行したら来た道を戻ろう。幻影達は消えると共に扉を残していくので、それを追って先へ進んでいこう。カーテンで仕切られた部屋は、三箇所中に入れるようになっている。

 それぞれホワイトボードをフラッシュライトで照らしていくことでイベントが進行する。扉が開いたらそのまま正面に向かい、左側の扉を開けると先へ進むことができる。

チェックポイント

3.コンピュータを起動して先へ進む

 エスカレーターを降りるとイベントが発生。イベント発生後は、そのままさらに下に降りていこう。階段を降りるとセーブポイントがある。

 エレベーターに乗り、下に降りると正面にコンピュータがあり、右側にダクトがある。まずはコンピュータを起動して、奥の部屋に進もう。室内にある機械を操作すると、先へ進めるようになる。

チェックポイント

4.サウンドトラック“Authorization”を入手

MAP
 
 先へ進み、階段を下りるとガラス張りの部屋があるので中へ入る。奥の機械を操作すると、キャダバーが出現する。

 二体目のキャダバーが出現した際に開いたダクトの奥に、サウンドトラック“Authorization”がある。スニーク移動をしていれば発見されないため、慎重に取りに行こう。

 入手後は、一体目のキャダバーが出現したダクト内から先へ進んでいく。ダクト内にもキャダバーがいるが、触れない限りは気づかれないため、敵に接近しないように進んでいこう。

サウンドトラック“Authorization”→キャダバーが出現したダクト内。

チェックポイント

5.破れた手紙3を入手

 先へ進み、梯子を降ろすと下にはキャダバーが三体いる。ここのキャダバーはやり過ごすよりも、自爆させてしまった方が安全に進むことができる。

 キャダバーは音に反応するため、梯子を下りたらあえて走ることでこちらに気づかせることができる。その状態で腹部の球体が赤くなったら、梯子を登って避難すると、自爆をさせることができる。近くにいる三体は全てこの方法で始末できるため、先へ進む前に倒しておこう。

 奥へ進むと、さらに一体キャダバーがいる。こちらはやり過ごしても良いが、遮蔽物が多くあるので逃げるのが得意であれば自爆させてしまっても良い。右側をスニーク状態で進むと梯子があるので、上ると金庫がテーブルの上にある。

 金庫は、一つのボタンを押すと周囲のライトが点灯する。全てのライトを点灯させるとロックが解除され、破れた手紙3が入手できる。梯子を降りたら、ビンを入手してから先へ進もう。奥の通路に入り、レバーを引くと先へ進める。

破れた手紙3→キャダバーがいる通路の右側、梯子を登った先。

チェックポイント

6.キャダバーをやり過ごし、先へ進む

MAP
 
 レバーを引くと、一定時間だけ先へ進めるようになる。

 奥へ進むと、右奥にキャダバーが一体いる。左奥から先へ進まなければならないが、シャッターは一定時間で元に戻り、その際に音を出してしまう。この音によってキャダバーも動き出すため、触れてしまう危険性が高い。

 キャダバーに触れないよう、タイミングを合わせて先へ進もう。先へ進むと、さらに二体のキャダバーが徘徊している。

 この二体は、同じルートを動き続けているため、触れないように先に動きを確認しておこう。スニーク状態へ下に入り、まずは右手のシャッターの奥に進む。奥へ入ると、左手にある箱が動かせるので、それを動かしてから戻ろう。

 再びシャッターを通ったら、すぐ右側へ進み箱を動かしてキャダバーを潰した場所まで進んでいく。辿り着くと、箱に上り、そこから梯子まで登れるようになっている。ここにあるビンを、忘れず拾っておこう。

 ここのキャダバーは、ビンが一本あれば先に全滅させることも可能。ただし、確実に成功するわけではないので、死亡回数を気にする場合は慎重に進むことを推奨する。

 ビンがある場合、最初のシャッターを通った場所で待機し、左奥のシャッターが開くと同時にビンを投げ込む。すると、右側にいるキャダバー、奥にいるキャダバー二体がビンを投げた方向に集まる。

 この状態で、シャッターが開く前に走って音を立て、全員の注目を引いておこう。上手くいけば、シャッターが開くと同時に全員が自爆し、安全に先へ進めるようになる。

チェックポイント

7.人事ファイル“音声記録1:採用”を入手

 梯子を登り、ガラス張りの部屋に入り最後の認証を行う。奥のテーブルには人事ファイル“音声記録1:採用”があるので、忘れずに入手しておこう。

 認証後は、部屋を出て正面の認証機器を使うと、元の場所まで戻る事ができる。

人事ファイル“音声記録1:採用”→ガラス張りの部屋内、机の上。

チェックポイント

8.エレベーターに乗り、元来た道を戻る

 来た道を戻り、エレベーターに乗ろうとすると中からホーンテッドが出現する。梯子を登る前にビンを拾っていた場合は、顔に当てることで怯ませ、エレベーターに即座に逃げ込むことができる。

 ビンを所持していなかった場合は、コンピュータがあるカウンターの裏側からダクト内に逃げ込もう。ダクト内にはキャダバーが出現しているが、触れなければ問題ない。

 ダクトの逆側から外に出ると、ホーンテッドに気づかれるより前にエレベーターに逃げ込むことができる。エレベーターを出たらセーブしておこう。

<<CHAPTER.1-1へCHAPTER.1-3へ>>

(C)2015 ZeniMax Media Inc. All other trademarks or trade names are the property of their respective owners. All Rights Reserved.

コメント

コメントを入力する
投稿前に利用規約をご確認ください。

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。