登場人物(キャラクター)/タティアナ・グティエレス(Tatiana_Gtierrez)

01.jpg

来歴・人物

 身長:174cm 体重:56kg  年齢:38歳
 
 セバスチャンを手助けする、謎の女性。
  
 その正体は、ビーコン精神病院の閉鎖病棟に勤務し続けてきた看護師である。

 彼女は「見てはいけないもの」を見過ぎたせいで感情を失い、やがてそれ以上のものを失うことになった。

 CV(声優):井上喜久子

ギャラリー

02.jpg
↑ここが病院だとすれば、あまり聞きたくない言葉だ。

03.jpg
↑セバスチャンの当然の疑問に対して、頑として口を割らない。

04.jpg
↑初めて能力のアップグレードをするときの台詞。椅子の禍々しさと相まって、恐怖心を煽る言葉になっている。

05.jpg
↑幻か、幻影か。悪夢の世界から、セバスチャンを誘導するように鏡の向こうへと消えていく。

06.jpg
↑セバスチャンをファミリーネームで呼ぶ数少ない人物でもある。なお、こちらのロッカーの中身は、ロッカーキーさえあれば自由に使って良いとのこと。

07.jpg
↑何度もセーブに赴くとこのように言われる。しかし、セバスチャンの置かれた状況を考えれば、心配するなというのが無理な話ではある。

考察

 タティアナの正体はビーコン精神病院の看護師であり、セバスチャンが目を覚ます場所(いわゆるセーブルーム)が当病院の閉鎖病棟と思われる。

 だが、この場所がルヴィクの脳内であるのか、現実のものであるのかは不明。

 さらに、CHAPTER.14では彼女自身が自分の尋ね人の張り紙を貼っていると思わしきシーンがあるが、この後、彼女は完全に姿を消す。

 なお、仮にセーブルームがルヴィクの脳内であるとすれば、彼女はSTEMシステムに接続されていると考えられる。

 セバスチャンに対して「ここはあなたに必要な場所」と言っていることから、当然何かを知っていると思われるが、穿った見方をすれば、この台詞を患者全員に言っている可能性も否定できない。

 エンディングでは、キッドの背後にそれらしき人物(スーツ、眼鏡の女性)が見られるが、彼女という保証はどこにもなく、最終的な安否は判明しない。

 いずれにせよ、本作屈指の謎に包まれた人物である。

その他の登場人物

コメント

コメントを入力する
投稿前に利用規約をご確認ください。

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。