登場人物(キャラクター)/ジョセフ・オダ(Joseph_Oda)

01.jpg

来歴・人物

 身長:175cm 体重:67kg  年齢:33歳

 セバスチャンの相棒として、長年コンビを組んでいる刑事。33歳。合理主義者で口数は少なく、常に冷静。

 性格は温厚で人当たりがよく、たびたび暴走するセバスチャンを抑える役目も務める。 性格も趣味もセバスチャンとは正反対だが、相性はいい。また、人には親切だが自分には厳しい。

 斧を使った格闘戦、スナイパーライフルによる狙撃、ピッキング、爆弾処理と多彩な能力を持っている非常に優秀な刑事。

 実は既婚者であり、愛妻家。しかし、家庭内では尻に敷かれているらしい。

 眼鏡を非常に大切にしているが、これは単に目が悪いというだけではなく、別の理由もあるようだ。

 CV(声優):千葉一伸

ギャラリー

02.jpg
↑セバスチャンに指示をされるわけでもなく、自ら危険な爆弾解体に挑む。

03.jpg
↑正気を失い、セバスチャンに襲いかかる。この症状が、後々彼を苦しめることになる。

04.jpg
↑正気に戻ったジョセフ。数少ない、眼鏡なしの素顔。

05.jpg
↑水責めトラップに捕らわれたキッドを見て。冷静な分析だが、この後ホーンテッドに階下にたたき落とされることになる。

06.jpg
↑後輩であるキッドに対しても、丁寧な物腰は崩さない。彼の性格がよくわかるシーンだ。

07.jpg
↑ピッキングをしている最中、セバスチャンに対して。他人には基本的に穏やかなジョセフだが、セバスチャンに対してはかなり辛辣な発言も。それが逆に、仲の良さを伺わせる。

08.jpg
↑体の異変に気づき、自ら命を絶とうとする。ある意味合理的な判断だが、このような行動をセバスチャンが許すわけもない。

09.jpg
↑悪夢のような世界を評して。ジョセフならではの鋭い考察と言える。真実は果たして……?

10.jpg
↑自らの体の異変について、セバスチャンに相談したシーン。よほど不安なのか、らしくもなく過去の傷をえぐってくる。

11.jpg
↑スナイパーライフルを拾うジョセフ。その腕前はかなりのものだ。

12.jpg
↑眼鏡に対する想いを吐露する。彼の過去と何か関係があるのだろうか?

考察

 ジョセフは作中で最もセバスチャンとの関わりが深い人物だ。セバスチャンはその性格が災いし、今までのパートナーとは長続きしなかったらしいが、ジョセフとはおよそ8年にも渡りコンビを組み続けている(セバスチャンの手記 2005月3月を参照)。

 また、彼はセバスチャンが独断で危険な捜査(マイラが残した捜査ファイルの引き継ぎ)を行っていたことを告発した。だが、それもセバスチャンの身を案じてのことと思われる。

 なお、彼にまつわるエピソードとして「眼鏡」がある。

 CHAPTER.6において、ジョセフはセンティネルに奇襲され負傷、眼鏡を落としまう。そして、辛くもセンティネルから逃れたセバスチャンに、ジョセフは「眼鏡を中に落としてきてしまった」旨を伝える。

 一応はダメージを与えているとはいえ、センティネルはまだ存命であり、常識的に考えれば、パートナーであるセバスチャンの安全>>>>眼鏡であるはず。

 また、本来有能であるはずのジョセフが、パートナーが危険にさらされる可能性があるにも関わらず、『眼鏡を落としたので、危険だけど取りに行ってくれると嬉しい』という流れに持っていくこと自体が不自然だ(セバスチャンは、ぼやきながらも取りに行くことになるが)。

 しかし、裏を返せばそれだけジョセフにとって眼鏡は大切なものであったということになる。また、このときの彼は、ホーンテッドと化してしまう自身に非常に怯えていたと思われる描写が度々ある。
 
 眼鏡に対し「なぜか落ち着くんです」と発言していることから、ホーンテッド化への恐怖を少しでも和らげるためだった……、そう解釈できなくもない。

 しかし、なぜジョセフが眼鏡に対してそこまでの執着をしているのか、ということについて、ついに作中で明かされることはなかった。

 また、CHAPTER.10においてルヴィクが「ジョセフはダメだった」とセバスチャンに伝えるシーンがあるが、これは「意識の同化ができなかった」ということなのだろうか?

 なお、CHAPTER.15のアマルガム戦の前に、ジョセフと思われる人物がSTEMシステムに繋がれている描写がある。

 エンディングにおいてセバスチャンがSTEMシステムの中で目覚めたとき、同様に装置の中に入ったジョセフらしき人物が背後に写りはするものの、最終的な彼の生死は不明である。

『ザ・コンセクエンス』のジョセフ

 失踪事件の捜査において、セバスチャンと意見を食い違いを見せていた。無茶な捜査に乗り出すセバスチャンを助けようとするも、その真意は伝わらなかった。

ギャラリー(『ザ・コンセクエンス』)

13.jpg
↑本編では信頼しあっているように見えるが、失踪事件の捜査においてはこんなやり取りもあった。

14.jpg
↑ジョセフの口ぶりから、セバスチャンがかなり強引な手段を取っていたことがうかがえる。

15.jpg
↑キッドの待遇をいかにするか。トレーニングを積ませるではなく、チームとして行動させると主張するセバスチャンの心理を冷静に分析する一コマ。

『ザ・エクセキューショナー』のジョセフ

 被験者“刑事”として登場、キーパーと戦うことになる。自己喪失状態にあり、本編で見せた冷静沈着な様子は皆無。娘の書き置きでは、彼女に「眼鏡をかけていても話せる感じじゃなかった」と評されている。

 戦闘では銃撃、火炎瓶の投擲、オノによる斬撃をおこなってくる。

ギャラリー

001.jpg
↑体を掻きむしりながら登場。なお、これは痒みによるものではなく、自傷行為の一環らしい。

002.jpg
↑血涙を流し、斧を振るうジョセフの落書き。右の腕を飛ばされている女性は、キッドだろうか。

003.jpg
↑無造作に銃を放ってくる。妙にホーミング性能が高く、避けたつもりでも当たることがしばしば。

004.jpg
↑火炎瓶の投擲。どこから取り出したのか、一瞬で点火して投げつけてくる。

005.jpg
↑頭皮が剥がれているにも関わらず斧を振りかざしてくる。痛覚が麻痺しているとしか思えない。

006.jpg
↑顔面をハンマーで強打。なお、どれだけ殴っても眼鏡が割れることはない。

007.jpg
↑STEMに繋がれていた記憶。『ザ・エクセキューショナー』は本編の後日談の位置づけだが、ジョセフはまだ解放されていないのだろうか……?

その他の登場人物

コメント

コメントを入力する
投稿前に利用規約をご確認ください。

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。