ストーリー&世界観/CH.6_Losing_Grip_on_Ourselves

01.jpg

あらすじ

「またこの場所か……」

 セバスチャンが目を覚ましたのは、変わらずタティアナのいる病院だった。彼女の後を付いて行くと、そこにうずくまっていたのはレスリーと思しき男。しかし、彼が振り向いた瞬間、世界は再度その姿を変える。

 たどり着いた場所は、夕暮れが美しい湖畔。巨大な教会へと向かうセバスチャンは、倒れているジョセフを見つける。

 はぐれてしまったキッドを助けるため、再び協力する2人。数多のホーンテッドたちを相手取り、復活したチェーンソー男・サディストを撃破し、幾多の困難を乗り越えて教会への道を踏破していく。

 しかしその最中、ジョセフが敵に捕らわれ、ギロチンにかけられそうになってしまう。すんでのところで彼を救出したセバスチャンだったが、ジョセフはこう言い放った。

「どうして助けたんです」「もう、時間の問題なんです」

 自らのホーンテッド化を憂い、目の前で拳銃を使って自ら命を絶とうとするジョセフ。それを止め、叱咤するセバスチャン。

 そしてついに、2人はホーンテッドに捕らわれたキッドを発見する。しかし、後を追う2人の前に、双子の巨人・ノインとツェーン、教会の巨大な番犬・センティネルが姿を現す。

 それらの異形に打ち勝ったセバスチャンは、教会の巨大な門に手をかけるのだった。

<<前のストーリーへ次のストーリーへ>>

ギャラリー

02.jpg
↑美しい夕暮れ。しかし、和んでいる暇はない。

03.jpg
↑再び体調の悪化を訴えるジョセフ。彼の体はどうなってしまうのだろうか。

04.jpg
↑これだけの数のホーンテッド。文句のひとつも言いたくなる。

05.jpg
↑ジョセフとの共闘。ホーンテッドを斧でなぎ倒してくれる。

06.jpg
↑三度現れたサディスト。今度こそ息の根を止めてやろう。

07.jpg
↑断頭台にかけられたジョセフ。

08.jpg
↑理性的な彼にとって、自らが怪異となることは許しがたいことだ。命を自ら絶とうとするほどに。

09.jpg
↑ジョセフの考察。中世のように見えるにも関わらず、確かに電気も通っている。まるで、記憶を混ぜたかのような……。

10.jpg
↑巨人の片割れ・ツェーン。オブジェを振り回し、命を刈り取らんと迫ってくる。

11.jpg
↑落ちたジョセフの眼鏡。暴虐の番犬・センティネル。

<<前のストーリーへ次のストーリーへ>>

コメント

コメントを入力する
投稿前に利用規約をご確認ください。

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。