ストーリー&世界観/CH.4_The_Patient

01.jpg

あらすじ

「レスリーは慣れ親しんだ場所に、きっと来るはずだ」

 マルセロはそう言った。村の奥にはマルセロの弟・バレリオが管理するホスピスがあるという。だが、そこでセバスチャンが目にしたのは、不気味なうわごとを繰り返しながら死体を切り刻む、異形と化したバレリオの姿だった。

 バレリオを倒し、レスリーの後を追う2人。しかし、そこに謎の男・ルヴィクが突如として姿を現す。

「ルヴィク、お前なのか」

 マルセロはルヴィクとは何らかの関係があるらしく、再び消えた彼の後を追うな、とセバスチャンに伝える。彼の忠告を無視したセバスチャンは、不可思議な波動に身をさらされることになる。

 次の瞬間、セバスチャンは血の池に浸かっていた。どことも分からぬ状況の中、建物の奥へと進む彼の前に、ルヴィクが再び姿を現し、扉を消してしまう。さらに、辺りにあった死体と思しきものが、ホーンテッドとなってセバスチャンに襲いかかってくる。

 ホーンテッドたちを倒したセバスチャンの前に、再び扉はその姿を現す。その奥で待っていたのは、長い黒髪を振り乱し、絶叫と共に殺意を向けてくるクリーチャー・ラウラだった。

 人ならざる素早い動き、長く、凶刃な爪。捕まれば一撃で死が待ち受ける絶望的状況をかいくぐり、ひとまずの安全を確保するセバスチャン。しかし、そこに再びルヴィクが姿を現す。瞬間、世界は崩壊し、セバスチャンは意識を失うのだった。

<<前のストーリーへ次のストーリーへ>>

ギャラリー

02.jpg
↑自らの信念を語るマルセロ。しかし、その口調からは、何かを隠しているような匂いがする。

03.jpg
↑呆然と呟くタティアナ。だが、セバスチャン以外の患者の姿は見たことがない。

04.jpg
↑ホーンテッドと化し、襲いかかってくるバレリオ。

05.jpg
↑同じ言葉を連呼するレスリー。彼も含めて、全てが狂っていると言える。

06.jpg
↑姿を現したルヴィク。彼の目的は一体……?

07.jpg
↑扉を血肉で塞ぐルヴィク。その表情からは、何も読み取ることができない。

08.jpg
↑出現するラウラの魔の手から逃れる。捕まれば一巻の終わりだ。

09.jpg
↑三度、姿を現すルヴィク。やはり、彼の真意は伺えない。

<<前のストーリーへ次のストーリーへ>>

コメント

コメントを入力する
投稿前に利用規約をご確認ください。

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。