ストーリー&世界観/CH.3_Claws_of_the_Horde

01.jpg

あらすじ

  河に逃げ込んだセバスチャンは、付近にある村を訪れる。そこで待っていたのは、異形と化した者──ホーンテッドの手から逃れた医師、マルセロだった。

 村の奥へと行ってしまった患者のレスリーを助けるため、セバスチャンに協力を仰ぐマルセロ。明らかな異常な状況の中、二人は協力することにする。

「銃を持っているのは、君だ」

 自らの身を犠牲にし、ホーンテッドたちの元に囮として赴くマルセロ。しかし、激しいチェーンソーのエンジン音がセバスチャンの耳を穿つ。

 現れたのは、異常な世界でセバスチャンを付け狙った怪人・サディストだった。チェーンソーの凶刃をかいくぐり、激しい戦いを繰り広げるセバスチャン。

 辛くもサディストを倒したセバスチャンは、マルセロと共に村の奥へと向かうのだった。

<<前のストーリーへ次のストーリーへ>>

ギャラリー

02.jpg
↑辿り付いた先は、陰鬱な空気が支配する村。

03.jpg
↑ドアを開ければ当たり前のように死体がぶら下がっている。この村で何が起きたのか?

04.jpg
↑レスリーを追うため、セバスチャンの助力をあおぐマルセロ。

05.jpg
↑果敢にもホーンテッドの囮役を買ってでるマルセロ。

06.jpg
↑再び姿を現したサディスト。以前とは違い、逃げずに打ち倒さなくては道は開けない。

07.jpg
↑サディストから得たチェーンソーで鎖を断ち切る!

<<前のストーリーへ次のストーリーへ>>

コメント

コメントを入力する
投稿前に利用規約をご確認ください。

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。