ストーリー&世界観/CH.14_Ulterior_Motives

01.jpg

あらすじ

 世界が転換し、セバスチャンは地下鉄へと続く道に立っていた。ジョセフの安否を気遣いつつ、地下へと潜るセバスチャン。

 そこに襲いかかってきたのは、触手を使い獲物を捕食する恐ろしいクリーチャー、クウェル。これを撃退し、地下鉄の車両に移動したセバスチャンの前にルヴィクが現れる。

「YOU WILL SUFFER」

 目の前に次々と倒れてくる鉄骨には、血塗られた文字でそう書かれていた。

「お前は苦痛を味わう」
 
 それは、ルヴィクからの明確な宣戦布告だった。

「ぼくの研究を、また自分の名前で発表したな」
「実績のない君が、一流の学術誌に発表する唯一の方法だ」

 セバスチャンは、ルヴィクの記憶を垣間見る。それは、マルセロに才能を利用された者の記憶だった。

 だが、ここはルヴィクが作り出した世界。それを自分に見せるルヴィクに、セバスチャンは吐き捨てるようにひとりごちる。

「同情でも、して欲しいのか?」

<<前のストーリーへ次のストーリーへ>>

ギャラリー

02.jpg
↑タティアナの背後にある、尋ね人の張り紙の人物は、まさか……?

03.jpg
↑オルタエゴが謎の触手に連れ去られる瞬間。犯人は一体?

04.jpg
↑不意打ちをしかけてくるクウェル。この強敵をいかにして下すか。

05.jpg
↑ルヴィクの過去。その研究成果を我が物にせんと、マルセロはついに実力行使へ打って出た。

<<前のストーリーへ次のストーリーへ>>

コメント

コメントを入力する
投稿前に利用規約をご確認ください。

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。