ストーリー&世界観/CH.10_The_Craftsman's_Tools

01.jpg

あらすじ

 セバスチャンは、成長したルヴィクの記憶に触れる。

 ルヴィクが自らの研究のために犯した数々の殺人。それを咎めるマルセロ。

 人間を「クズ」「実験材料」「害虫」と言い切るルヴィクは、明らかに狂っていた。

 そして、セバスチャンは病室のベッドの上で、何度目かになる目覚めを迎える。隣の部屋の物音。気がかりになった彼は、廊下に出て隣人に声をかける。
 
 部屋の中の男は、こう名乗った。

「ルヴィクの抱いた激しい憎しみだ」と。

 男は「ルヴィクを止めるまで、この悪夢は終わらない」と言い残し、姿を消す。

 次にセバスチャンが導かれたのは、古びた配電施設だった。襲いかかるクリーチャーたち、長大な刃を振るう、醜悪なメリーゴーランド、そして、枷に嵌められたクリーチャー・トラウマ。

 熾烈な戦いを乗り越え、セバスチャンが遭遇したのは、長い爪と黒髪を持ったクリーチャー、すなわち、変わり果てた姿のラウラだった。

 そして、辛くもラウラを撃退したセバスチャンの前に、ルヴィクが再び姿を現す。

「お前が何を欲し、恐れているか、何をさせられるか知っても、生きていけるかな?」

 ルヴィクの初めての問いかけに、戸惑うセバスチャン。しかし疑問を返す前に、再度ルヴィクの生家である洋館へと飛ばされてしまう。

 そこで目の当たりにしたのは、レスリーを装置に繋ぐマルセロの姿だった。銃を向けるセバスチャンに、マルセロは振り向きもしない。

「時間がないんだ、警部。かつてレスリーは、“ここ”にいて現実へ戻った。ルヴィクと“接続”されて生還できた。そんな被験者は、彼だけだ」
「すごい話だ。いったい彼をどうするつもりだ?」
「彼こそが現実世界に戻る、唯一の方法なんだ」

 そしてマルセロは装置を作動させる。悲鳴を上げるレスリー、変わる世界。

 しかし、結果は失敗に終わった。彼らの前の前に現れたのは、研究の犠牲となった者たちの怒りが具現化した巨大なクリーチャー、アマルガムα。

「こいつも、我々と同じだ。……外に出たいのか」

 アマルガムの振り下ろす豪腕に、マルセロの最後の言葉がかき消える。

 セバスチャンはアマルガムαの熾烈な攻撃を耐え凌ぎ、激戦の末、これを撃破するのだった。

<<前のストーリーへ次のストーリーへ>>

ギャラリー

02.jpg
↑ルヴィクの行った研究。それこそが、この悪夢を作り出したと言っていい。

03.jpg
↑セバスチャンに問いかける「ルヴィクの憎しみ」。しかし、敵意は見受けられない。こいつは一体……?

04.jpg
↑強大な敵・トラウマは、ルヴィクが父からの受けた宗教的抑圧から生まれた。

05.jpg
↑金網越しのラウラ。閉じ込められている真意とは?

06.jpg
↑セバスチャンを“セブ”と呼ぶルヴィク。ふたりの間には、過去に何か繋がりがあったのだろうか?

07.jpg
↑マルセロに向けられた銃。彼の過去を知った以上、もはや信用には足りない。

08.jpg
↑憎悪を飲み込み変異するアマルガムα。打ち倒さねば、未来はない。

<<前のストーリーへ次のストーリーへ>>

コメント

コメントを入力する
投稿前に利用規約をご確認ください。

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。