ストーリー&世界観/CH.1 An_Emergency_Call

01.jpg

あらすじ

 セバスチャンと同僚の刑事、ジョセフとキッド、そしてオスカーは殺人事件現場──ビーコン精神病院へと急行する。

「きっと患者を切り刻んだとかいう、イカれた医者の亡霊ですよ」

 オスカーは、そう軽口を叩く。連続失踪事件の捜査を担当していたセバスチャンは、今回の事件との関連性を危惧する。しかし、凄惨には違いないものの、あくまで現実の範疇内での殺人事件。誰もがそう考えて疑わなかった。

 現場への無線を繋ぐセバスチャン。しかし、不可思議な現象が発生、無線が切れ、明らかに異常な事態が発生していると4人は気が付く。

 現場に到着した彼らが目にしたものは、あまりにも多くの死体だった。だが、その中で生存者を見つける。その男の名はマルセロ・ヒメネス。この精神病院の院長だ。

「ルヴィク」呆然と呟くマルセロ。いぶかしみつつも、監視カメラの映像を確認するセバスチャン。だが、そこに映っていたのは、人ならざる動きで人を殺める男の姿だった。驚愕するセバスチャンの後ろに、その男、監視カメラの先にいたはずの“ルヴィク”が姿を現し、襲いかかる。

 次に目を覚ましたセバスチャンが目にしたのは、死体、血、そして殺戮者の姿。非現実かつグロテスクな世界、古びた蓄音機から流れ続ける「G線上のアリア」。

 状況も分からないまま、必死に生き延びようとするセバスチャン。しかし、その後からチェーンソーを持った大男・サディストが肉薄する。背後から切りつけられ、巨大なトラップに巻き込まれ、熾烈な逃亡劇の末、セバスチャンは辛くも逃げ切ることに成功。

 エレベータを登った先は、非現実的な世界ではなく、元いたビーコン精神病院だった。だが、外に飛び出したセバスチャンを待っていたのは、崩壊するビル、断裂する地層、人影のいない街だった。

 彼らは救助にかけつけたオスカーの手を借り、生き残ったマルセロ、患者のレスリー、そしてキッドと共に、崩壊する街の中を抜ける。救助が間に合わなかったジョセフのことを気に掛けていた最中、バックミラーにフードコートの男・ルヴィクの姿が映る。セバスチャンは慌てて後ろを振り返るも、ルヴィクの姿はどこにもない。

 そして、オスカーの顔に不気味な血瘤が無数に浮き出る。目まぐるしく状況が変化する中、レスリーが狂ったように叫ぶ。

「落ちる! 落ちる! 落ちる!」

 次の瞬間、彼らの乗った車は、断崖の上から飛び出すのだった。

次のストーリーへ>>

ギャラリー

02.jpg
↑殺人現場へと急行する4人。

03.jpg
↑雨の降りしきる現場。セバスチャンが表情を堅くする。

04.jpg
↑古びたビーコン精神病院。この中で、どんな光景が待ち受けているのか。

05.jpg
↑血と骸。あまりに凄惨な事件現場。

06.jpg
↑監視カメラでは、人ならざる動きで殺人を行う男の姿が。

07.jpg
↑今しがた、カメラに映っていたはずの男が背後に……!

08.jpg
↑目覚めた場所は血のにおいが充満する空間。「G線上のアリア」が流れる中、人肉を潰す異様すぎる怪人。

09.jpg
↑チェーンソーで切りつけれてしまった! だが、ここで足を止めるわけにはいかない。

10.jpg
↑触れれば一瞬でミンチになるトラップ。突破口はどこにある?

11.jpg
↑血の池には、ときおり死体が浮いてくる。

12.jpg
↑再び追いすがってくるサディスト。まともに戦っても勝ち目はない。

13.jpg
↑病院の外に出ると、街の様子は一変していた……。

14.jpg
↑バックミラーに映った男は……!

15.jpg
↑絶壁から飛び出してしまった車。これより、今まで以上に数奇な物語が幕を開ける。

次のストーリーへ>>

コメント

コメントを入力する
投稿前に利用規約をご確認ください。

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。