クリーチャー/ブラックキーパー(Dark_Keeper)

00.jpg

特徴

『ザ・エクセキューショナー』のラストボス。見た目はキーパーと酷似しているが、その名のとおり漆黒のボディを持つ。

 本編で登場したキーパーとは異なり、ハンマーやズタ袋による打撃、有刺鉄線トラップの設置はおこなわず、刀による素早い近接攻撃を仕掛けてくる。また、アンノウンと同じく、ラウラのものに酷似した“腕”を召喚することができる。

 STEM支配力が強まった主人公でから生み出され、娘を連れ去った。

ギャラリー

01.jpg
↑娘に向かう黒い粒子。ルヴィクも、これに類似した力でクリーチャーを生成したシーンがある。

02.jpg
↑娘を捕らえるブラックキーパー。しかし、父である主人公から分離した存在だからか、抱きかかえる様子はどこか慈しみに満ちているようにも見える。

03.jpg
↑武器はハンマーなどではなく、刀。その動きは非常に俊敏だ。

04.jpg
↑本家キーパーと同じく、本体は金庫部分。トラップを利用しなければ、完全に粉砕することはできない。

05.jpg
↑第3ラウンド、腕を召還する前の予備動作。演舞のような流麗な所作に、思わず目を奪われる。

06.jpg
↑刀を突き立てた瞬間、地面から召喚される腕。どことなく、魔術的なエッセンスを感じさせる。

考察

 主人公(キーパー)のSTEM支配力が具現化した存在と考えることが妥当。ラウラに似た力を使えることは不明だが、STEMにはルヴィクの意志が色濃く残っており、それが何らかの影響を及ぼした可能性があるのではないか。

その他のクリーチャー

コメント

コメントを入力する
投稿前に利用規約をご確認ください。

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。