クリーチャー/センティネル(Sentinel)

01.jpg 

特徴

 体長:2.4m 体高:2.1m 体重:260kg

 巨大な犬のような姿をしたクリーチャー。教会の守護者であり、墓地の下にある新興宗教の研究室で育てられた。いけにえになった犠牲者を餌として食べていたため、人間の肉を欲している。

 元が犬であったことが疑わしいほどに巨大であり、顔には普通の犬のような部分も残っていはいるが、グロテスクな部分が目立つ。また、首の下が展開し、巨大な顎のように変化する特性がある。

 かつては教会の番犬であった。なお、Sentinel(センティネル、センチネル)は、見張りや番人という意味。

ギャラリー

02.jpg
↑首の下に開いた顎。捕まってしまえば、あっという間に餌にされてしまう。

03.jpg
↑檻の中で鎖に繋がれている状態。しかし、教会にとって仇なす者がいれば、噛み殺さんと飛び出してくる。

04.jpg
↑見開かれた金色の瞳に、理性の光は欠片も宿っていない。 

05.jpg
↑こうなってしまっては全てが終わり。餌になる以外の未来はない。

06.jpg
↑成人男性を優に越える体躯ながら、その動きは非常に素早い。普通の人間ならば抵抗する術なくやられてしまう。

07.jpg
↑その体には、ホーンテッドのような有刺鉄線が絡みついている。これは何を意味するのだろうか?

08.jpg
↑「異常な成長」の影に、醜悪な事件の香りが漂う。

考察

 センティネルは元はただの犬であったが、その異形を見るに、ノインとツェーンに施された処置をされた可能性もある。また、実は本作においては異例の立場でもある。

 詳細はノイン&ツェーン(Neun&Zehn)を参照してほしい。

その他のクリーチャー

コメント

コメントを入力する
投稿前に利用規約をご確認ください。

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。