クリーチャー/クウェル(Quell)

01.jpg

特徴

 全長:4.3m 体重:330kg 

 長い触手が特徴的なクリーチャー。それを用い、油断した標的を捕まえ殺害する。
 
 身体の色を周囲の色に変化させ溶け込む能力に加え、毒ガスを吐き、ヒルのような生物をも造り出す非常に危険な存在。

 その正体は、他人の目に触れたくないという、ルヴィクの欲望が具現化したクリーチャー。

ギャラリー

02.jpg
↑長く、強靱な触手。捕まってしまえば後はない。

03.jpg
↑捕まえるのは飢えを満たすため。顎を開き、肉をむさぼり食う。

04.jpg
↑背景の色と一体化する、まるでカメレオンのような能力も兼ね備えている。

05.jpg
↑ヒル状のクリーチャーを生み出す。自らの身を標的に叩き付け、爆ぜさせてダメージを狙ってくる。

考察

 ルヴィク由来のクリーチャーである。長い触手や生み出すヒル状の生物、そして毒ガスと多彩な能力を持っているが、その本質はカメレオンのような周囲の背景との同化。この能力こそが本クリーチャーの出自である「ルヴィクの人の目に触れたくない欲望」を最も体現したものである。

 なお、ルヴィクが人前に出たくない理由としては、焼けただれた肌、そしてフードの下にある露出した脳と見ることもできるが、実はフード姿のルヴィクは、物語開始時点のルヴィクの姿とは異なる。

 つまり、クウェルを生み出した欲望の真実は「人の形を成していない現在のルヴィク=脳だけの姿を人に見られたくない」というものである可能性が高い。

その他のクリーチャー

コメント

コメントを入力する
投稿前に利用規約をご確認ください。

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。