クリーチャー/インプ(Imp)

01.jpg

特徴 

 小人のようなクリーチャー。常に群れを成し、這いずり回りながら大群で襲ってくる。
 
 体中が血にまみれ、どのような顔をしているか判別がつかない。片足がないゆえに立ち上がることはできないが、その動きは機敏。ホーンテッドとは異なり、個体ごとに大きな特徴は見られない。また、耐久力はほとんどなく、踏みつぶすだけで息絶える。

ギャラリー

02.jpg
↑その体はどんな小さな隙間でも潜り込むことができる。

03.jpg
↑這いずり回る理由は、左足の欠損か? よく見れば、その外見はオルタエゴに似ており、あたかも「成り損ない」のようだ。

04.jpg
↑水中を泳ぐこともある。水辺に出現した場合、目を凝らせばこのように顔だけ出した光景を見ることできる。

考察

 インプの特筆すべき点は、その姿である。非常に小さな体躯ながら、その姿はオルタエゴに酷似している。

 クリーチャー・オルタエゴは解離性同一障害の被験者の意識が顕在化したものだが、それと何かしらの関係があると推測できる。

 ただし、インプの出現数は膨大であり、ルヴィクたちが実験した解離性同一障害の被験者たちの数よりも明らかに多いと思われるため、正確な因果関係は不明。

その他のクリーチャー

コメント

コメントを入力する
投稿前に利用規約をご確認ください。

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。