クリーチャー/アマルガムα(Amalgam α)

01.jpg

特徴

 全長:3.9m 体重:2.1t

 複数の生物、人が融合したような外見の巨大なクリーチャー。

 巨体を生かしての突進に加え、ダメージを受けるとより禍々しい外見へと変貌する。

 その正体は、STEMシステムと接続され、実験中に死んだ被験者たちの怒りと憎しみがひとつとなり、具現化したもの。死の恐怖から逃れようと、動くものすべてに襲いかかる。

 更に、周囲の恐怖と憎悪をも取り込むことで、より巨大化する性質を持つ。

ギャラリー

02.jpg
↑このおぞましいクリーチャーに対峙すれば、身動きを取ることすらままならない。

03.jpg
↑たとえ自身が入り込めない場所でも、腕を突き入れる。求めるは対象の死のみ。

04.jpg
↑紫色に発光し、姿を大幅に変える。負の感情を取り込んだ結果なのか?

考察

 本クリーチャーの正式名称は「アマルガムα」であり、本作のラストボスである「アマルガム」のいわば素体である。

 なお、その姿は「双頭」「触手」「人間らしいもの」が生えているというもの。

 これらはそれぞれ、オルタエゴ(双頭・触手)、ホーンテッド(人間らしいもの)と見ることができ、設定にあるように「被験者たちの意識がひとつになった」ことを示していると思われる。

 俗な言い方をすれば「合体クリーチャー」の一種と言えるが、元が被験者たちの意識であるだけに、キーパーやサディストなど、ルヴィクの体験・感情に由来するクリーチャーたちは含まれていないということになる。

『ザ・エクセキューショナー』のアマルガムα

 被験者“精神患者”が変貌した姿。本編で登場するアマルガムαとは異なり、形態変化をすることはない。

ギャラリー(『ザ・エクセキューショナー』)

001.jpg
↑肉薄するアマルガムα。本人の望みどおり、右手のみならず四肢が増えたが、人間部分に意志が残っているようには見えない。

002.jpg
↑車を投げつけて攻撃してくる。その様子はちゃぶ台返しを連想させ、更にハンマーで打ち返すことも可能とあり、若干コミカル。

003.jpg
↑多数の瞳、「知っている」という言葉の連呼。多足多頭となった全能感の現れだろうか?

その他のクリーチャー

コメント

コメントを入力する
投稿前に利用規約をご確認ください。

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。