• TOP>
  • 【検証】変化球育成順で必要経験点は変わるのか?

【検証】変化球育成順で必要経験点は変わるのか?

はじめまして! 気持ちはストレートに!  恋愛は多彩な変化球で相手を惑わしていきたいライターの小西です!
でもキレ味が足りないせいで、なかなか惑わしきれてない感じです。自分も驚異の切れ味が欲しい!!!

さて今回のテーマは、変化球育成順で必要経験点は変わるのか?です。

例えば、最終的な変化球量のゴールを「カーブ2 シュート1」とした場合、上げる順序には以下のようなパターンが考えられます。

パターンA:カーブ1 → カーブ2 → カーブ2&シュート1
パターンB:カーブ1 → カーブ1&シュート1 → カーブ2&シュート1

この2パターンで、最終的な総合必要経験点は変わるのかどうかということです。

なので、1つの球種を上げきってから他の球種に着手するのと、2つの球種を並行して上げていくのでは、どちらのほうが経験点が低く済むのかを検証してみようということですね。

変化球検証画像01.png

▲上げる順序って悩みどころですよね。正解はあるのでしょうか。

変化球を得意としているイベキャラでデッキを埋め尽くしまくり、練習はセクション1からひたすら変化球練習。ひじの爆弾にもめげず、チームメイトが変化球練習にひとりもいなくても、高校生活を変化球練習で過ごしまくります。

変化球検証画像02.png

▲変化球しか練習しません!

結論! どちらも変わらなかった!

いきなり結論から言うと総経験点に差はなく、どちらのパターンで取得していったとしても変わりません。でした。
どうやら今回の『パワプロ』では、変化球の上げる順序に優劣はないようです。

以下、検証内容について説明していきますが、これらはあくまで小西が検証した結果なので、すべてのパターンにおいて必ずしも”経験点に差はない”と断言できるわけではありませんが……。そこのところを踏まえていただいた上で、参考にしてくださるとうれしいです!

「カーブ2&シュート1」投手の検証

それでは先ほど紹介しました、ふたつのパターンにて検証したものを報告します。

パターンA:カーブ1 → カーブ2 → カーブ2&シュート1
パターンB:カーブ1 → カーブ1&シュート1 → カーブ2&シュート1

各変化量を習得するのに必要だった経験点と、総経験点は以下の通りになりました。

パターンA

 必要経験点総経験点
 技術変化球精神技術変化球精神
カーブ192959295
カーブ215588248713
カーブ2 シュート128111155219828

パターンB

 必要経験点総経験点
 技術変化球精神技術変化球精神
カーブ192959295
カーブ1 シュート12599133412818
カーブ2 シュート11870105219828

……このとおり、同じではありませんか!

「カーブ2&シュート1&フォーク1」投手の検証

せっかくなので3球種でも試してみました。

パターンは以下の2通りで検証。

パターンA(1つずつパターン):カーブ1 → カーブ2 → カーブ2&シュート1 → カーブ2&シュート1&フォーク1
パターンB(3つ並行パターン):カーブ1 → カーブ1&シュート1 → カーブ1&シュート1&フォーク1 → カーブ2&シュート1&フォーク1

そして結果は以下のようになりました。
(経験点は変化球のみ記載します)

パターンA

 必要変化球総変化球
カーブ12929
カーブ25887
カーブ2 シュート1111198
カーブ2 シュート1 フォーク1245443

パターンB

 必要変化球総変化球
カーブ12929
カーブ1 シュート199128
カーブ1 シュート1 フォーク1233361
カーブ2 シュート1 フォーク182443

やはり、総経験点に差はありませんでした。

お好みの順番で変化球を強化すればいいよ!

というわけでして、検証の結果「変化球強化順は、あまり気にすることないよ!」ということがわかりました。
小西個人的な意見としては、サクセス中早い時期から3球種持っていると試合運びが楽な気がするので、変化量レベル1でも複数の変化球を覚えてから、各変化量をアップさせるやりかたをしています。

いかがでしたでしょうか。「変化球は1球種ずつ育てるもの!」という概念を持たれていた方や、「取得順で経験点を損してるかもしれない」なんて不安だった方、私以外にもいらっしゃったのでは?
今回の攻略日記が参考になっていれば幸いです! く、ひじに爆弾が……。
※この記事の内容は2015.1.19時点のバージョンのものになります

(執筆:小西)