• TOP>
  • 「海堂学園高校編」育成のコツ

「海堂学園高校編」育成のコツ

※アプリ内お知らせより転載(2016年2月2日)

/theme/famitsu/pawapuro/images/banner/20160202_kaido_kotsu.jpg

人気コミック「MAJOR(メジャー)」とのコラボレーションシナリオである「海堂学園高校編」で選手を育成するときの注目ポイントを紹介していきます。原作の世界観を再現した熱いシナリオとなっています!

茂野吾郎の存在でストーリーが変化!
海堂学園高校には、イベキャラ「茂野吾郎」をデッキに「セットしている場合」と「していない場合」の、2つのストーリーが存在します。
SS01.jpg
茂野吾郎をセットしない場合、吾郎が転校して去った後の海堂が描かれます。
このルートで最も重要なイベントは、生き残りをかけた「紅白戦」です。
海堂のメンバーを2つに分けて行われる3月の紅白戦は、負けると強制的に育成終了となってしまいます!
そのため、ここは実技の勝負強さが問われる最大の正念場です。
SS02.jpg
茂野吾郎をセットした場合、吾郎が転校を撤回して海堂に残ります。
このルートでは紅白戦自体がなくなり、途中終了の危険はありません。
吾郎の存在によってどのようにストーリーが変化していくのかをお楽しみください!
SS03.jpg
練習し続けてストイックゲージをためる!
このシナリオでは、練習をすると「ストイックゲージ」がたまっていきます。
ゲージが50%以上になると「ブレイクスルー」コマンドが使用可能になります!
SS04.jpg
「ブレイクスルー」コマンドを使用した週は、スペシャルタッグ練習の効果が大きくアップし、さらにケガ率が0%になります!
ただしストイックゲージが100%になると強制的にブレイクスルー発動となってしまいますので、タッグ練習が起きている週を狙って早めにコマンドを使用するのがオススメです。
SS05.jpg
「休む」や「デート」など、「練習」以外のコマンドを行うと、ストイックゲージが半減してしまいます。
ただ「休む」コマンドに関しては、減ったゲージ量に応じた経験点を獲得できます。
SS06.jpg
そのため、ストイックゲージを効果的にためるには、メンタル練習などを駆使してとにかく連続で練習をすることが重要です!
また、イベキャラと一緒に練習すると多めにゲージが上がります。
とくに茂野吾郎と一緒に練習したときはさらに多く上がります。
SS07.jpg
「3連続練習イベント」で能力アップ!
「休む」コマンドなどをはさまず、同じ練習を3週連続で行うと、「3連続練習イベント」という特別なイベントが発生します。
ただしメンタル練習では発生しません。
このイベントが発生すると、主人公が大きく成長します!
SS08.jpg
練習画面の下部に出るカウンターは、今どの練習を何回連続で実行しているかを示しています。
例えば、守備練習を2週連続で行った次の週は、守備練習の下に2カウントがたまっている状態となります。
SS09.jpg
3連続練習イベントは何種類かあり、それぞれ登場するキャラが異なります。どのイベントが発生するかはランダムです。
さらに、登場キャラをデッキにセットしていると効果がアップします。
また、登場キャラをデッキにセットしていないと発生しないものもあります。
SS10.jpg