• TOP>
  • 砲撃四脚

砲撃四脚

頭上に中~遠距離攻撃を可能にする砲身を備え、
四脚の機動力でフィールド上を駆け回る
砲撃タイプの人工アブダクター。

頻繁に突進攻撃を行うため、攻撃範囲が非常に広く
張り付いていても振り落とし判定を備えた攻撃が豊富なので
人工アブダクターのなかではかなり厄介な部類に入る。

対峙した場合は砲撃弐脚と同様に、砲身を優先的に破壊しよう。

バリエーション

無し

破壊可能部位

▼上半身
砲身
鳥篭
前外縁部
右外縁部
左外縁部
右肋骨1~3
左肋骨1~3

▼下半身
胸部

尻尾
右前脚(大腿部)
右前脚(脛)
左前脚(大腿部)
左前脚(脛)
右後脚(大腿部)
右後脚(脛)
左後脚(大腿部)
左後脚(脛)

対策

各種砲撃を封じるために、最優先で砲身を狙うのは砲撃弐脚と同様。
ただし、こちらは四脚タイプのため、突進攻撃や各種踏み潰し系の攻撃も
十分に攻撃手段として脅威になり得る点に注意。

振り落とし判定を持った攻撃に注意しつつ、張り付きながら根気よく
溶断や個人携行火器での攻撃をくり返して耐久値を削っていこう。

主な攻撃パターン

ヘッドバット

頭部を勢いよく前方に振り下ろす。
振りほどき判定あり。
攻撃範囲が狭く、地上にいれば回避は容易だが
アブダクターに張り付いていると振りほどきでダメージを受けてしまう。

砲撃

頭上の砲身から砲撃を行う。
その場から砲撃、標的を追跡してダッシュしながら砲撃、
バックジャンプしながら砲撃、砲身を回転させながら周囲360度に砲撃の4パターンがある。
どれも砲撃四脚に張り付いていれば当たらないので、
溶断での部位破壊を重点的に狙っていれば自動的に回避できることが多い。

突進攻撃

正面に向かって突進しながら、砲身が健在の場合は砲撃を行う。
突進中のアブダクターの脚部にヒットするとダメージを受けるので
急いで左右に回避しよう。
また、追加兵装を装備している場合はこれを乱射しながら走る場合もある。

基本的に脚部以外に張り付いていれば安全。
砲撃タイプは、砲身が健在だと突進しながら砲撃を行ってくる。
張り付いていれば砲撃は当たらないので、小剣やフレアナイフ系のアイテムでの溶断や、
張り付いたままでも攻撃が可能な個人携行火器が有効だ。

突進乱れ撃ち

フィールド上を無造作に走り回りつつ、砲身を回転させて周囲に砲撃をバラ撒く。
怒りモードになるとこれを多用する傾向にあり
鳥篭を破壊したあとの暴走モードでは、無造作ではなく標的を追いかけて走るようになる。
砲撃四脚に張り付いていれば砲撃は当たらないが、乱戦時などにこれを行われると非常に厄介。

砲撃四脚が怒りモードに移行したら、優先的に砲撃四脚を狙って
張り付き攻撃を仕掛けるといい。

踏みつけ攻撃

足下を勢いよく踏みつける。
右足、左足の2パターンあり、連続で行う場合も。
足を上げたら踏みつけの合図なので、その場を離れれば問題ない。

弐脚とは異なり、後ろ足でも踏みつけを行ってくるため
うっかり巻き込まれないように気をつけておこう。

ジャンプ攻撃

ジャンプした着地の衝撃で攻撃する。
真上に飛び上がるパターンと前方にジャンプするパターン、
さらにバックジャンプで距離を取るパターンがある。
弐脚タイプにもバックジャンプ自体はあるものの、振り払い判定はない。
こちらにはしっかり振り払い判定がついているので
張り付いているときに砲撃四脚が飛び上がったら離脱を心がけよう。

また、着地時の攻撃判定が非常に広く、
地上にいる場合もアブダクターに張り付いている場合も、
どちらの場合でも脅威になるので、砲撃四脚が跳び上がったら
安全な位置に避難しよう。

空間転移攻撃要請

アクセサリ含めたすべての友軍の位置に爆発を発生させる。
アブダクターの頭上でピンクの光が拡散されるのが予備動作で、
プレイヤーの座標にエフェクトが出現後、一定時間が経過すると爆発を引き起こす。

ダッシュなどで移動していれば回避は容易だが
ほかのキャラクターを狙った爆発に巻き込まれる可能性があるため、
移動先に友軍が居ないかは小まめにチェックしておこう。

また、戦闘不能状態の味方の座標にも爆発は発生するため
プレイヤーが戦闘不能中にこれを発動されると
蘇生を行いにきたNPCが巻き込まれる二次被害につながることが多い。

これで壊滅してしまうと一気に戦況が不利になるので
こうなってしまったらアクセサリコマンドやチームコマンドを使い
プレイヤーに近づかないようにして全滅を避けよう。

追加兵装

追加兵装を装備していた場合、それを使った攻撃をくり出す。
追加兵装の種類に関しては別項を参照。