ノストラダムスの謎/サトゥルヌス

サトゥルヌス 難易度◆◆◆

場所:シテ島 パレ・ド・ジュスティス
01.jpg
02.jpg

1つ目の謎かけ

我は2本の剣を振るう者
正義と法の狭間に立つ
偽りなく公平に、刻々と打ちつける
君主にも、農民にも同等に

■ヒント
“我は2本の剣を振るう者、偽りなく公平に刻々と打ちつける”は時計。“正義と法の狭間に立つ”は法的機関を指している。

★答え

2つ目の謎かけ

24の光の花弁に囲まれ
バラの聖母は、石のごとく静かに見守る
その下の信者たちを
夕陽に染まる彼女を見よ
花開くバラの姿を

■ヒント
 “24の光の花弁”、ステンドグラスは花のような形のものがある。“夕日に染まる”=西側ということ。

★答え

3つ目の謎かけ

水の流れの間に立つ、聖母とともにあれ
バラから翼廊へ、モーセの書の数をたどれ
5つのアーチ、5つの見開いた目、5つの悪夢
最後のひとつの下に宝が眠る
無限への扉が

■ヒント
 “バラ”は2つ目の謎かけのものと同じ。“翼廊”とは、教会の左右に張り出した部分を指す言葉。バラから回廊→バラは“5つの”は、アーチなどの数。

 “モーセの書の数”=モーセ五書のことだが、単純に5という数字を導いているだけで深い意味はない。

★答え

コメント

コメントを入力する
投稿前に利用規約をご確認ください。

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。