キャラクター/ナポレオン・ボナパルト

ナポレオン.jpg

人物

 革命戦争における活躍と、フランス革命後の混乱を収拾した結果、いち軍人でありながら皇帝の地位まで上り詰める。

 作中ではアルノとの交流も描かれている。

CV(声優):高橋広樹

来歴

 1769年コルシカ島生まれ。洗礼名は“ブオナパルテ”。青年時代のナポレオンはひどく痩せこけており、不恰好な恰好にコルシカなまり、地方出身者特有の立ち振る舞いは、同じ士官学校に通う洗練された貴族子弟の中で浮いていた。その後エコール・ミリテールの砲兵科に入学。通常4年の課程を12ヶ月でこなし、少尉として卒業した。

 1791年、コルシカの解放者パスカル・パオリの支援のため、彼はコルシカ島で数ヶ月を過ごした。だがナポレオンは滞在期間を超過し、1792年1月1日、隊を除名された。これにより一度は民間人となったが、すぐに志願兵からなる大隊の大佐に任命された。この隊の任務は聖職者基本法に反対するデモ隊の鎮圧だったが、命令されていないにもかかわらず、彼はアジャクシオの要塞を占領した。

 後に、彼は1792年6月20日および8月10日の革命運動に参加。トゥーロンの包囲攻撃への参加と砲兵隊の指揮は、オーギュスタン・ロベスピエール(マクシミリアン・ロベスピエールの弟)から称賛された。マクシミリアンはナポレオンを准将に任命し、イタリア方面軍の砲兵隊を指揮させた。

 1795年、パリにおいてヴァンデミエールの反乱が起こった。この時にナポレオンは司令官であるポール・バラスの副官に登用される。ナポレオンは市街地で大砲を使うという大胆な戦法により鎮圧に成功、将軍へと昇進する。なお、ポール・バラスの愛人ジョセフィーヌは、後のナポレオンの妻となった。

その他の登場人物

コメント

コメントを入力する
投稿前に利用規約をご確認ください。

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。