• TOP>
  • オンラインハッキング

オンラインハッキング

オンラインハッキング

必要人数:2人
プレイ形式:1対1


開始方法

1. オンライン契約のモード選択画面に移行する。
2. 「オンラインハッキング」を選択する。
3. 「ターゲットのハッキングを依頼」を選択する。
4. 「ハッキングするプレイヤーを検索中」と表示される。
5. マッチングするまで待機する。
6. 相手プレイヤーが見つかると、相手の情報が表示される。
7. 時間内に「方向キー下」を押してモードの開始を承諾する。

※マッチング後に承諾すると自動的にゲームが開始される。
侵入する側のみ検索を行う必要があり、侵入される側は検索を行う必要はない。
ただし、参加可能な状態(ミッションなど行っていない状態)である必要がある。


開始条件

・「オンライン契約イントロ」クリア後。

Act 1「後部座席の運転手」の初回開始時に発生する、オンライン契約のイベントをクリアした後。
詳細は後部座席の運転手を参照。


モード詳細

いずれかのプレイヤーのゲームに入り込み、相手にバレずにハッキングを行うモード。

侵入した側はハッキングし、インストールを「100%」にする事が、
侵入された側はインストールが「100%」になる前に侵入者をスキャンし特定する事が目的。

ハッキングを開始すると、侵入された側に「侵入を受けている」という警告が表示される。
その後、お互いのミニマップに円が表示され、侵入した側は円の中に留まりハッキングをし続ける事が目標となる。
侵入された側は円の範囲内にいる相手を見つけることが目標。

時間経過で円の範囲が徐々に狭まっていく。
侵入した側は相手プレイヤーを攻撃してはならない。

相手に見つかってしまうと、その時点でハッキングが中断される。
その後、侵入した側は相手から逃げ切る事が目標となり、侵入された側は相手を倒す事が目標となる。

マッチング後に承諾すると、侵入した側は相手プレイヤーの近くにテレポートし、ゲームが開始される。


攻略

侵入する側の場合

大前提として、こちらが一般人から外れた動きをすれば相手には気づかれてしまう。
その為、対象に近づいた後は派手な行動を一切取らない事が基本となる。

プレイヤーの場所によって隠れる場所やその数なども変わるため、難易度の変動が大きい。
待ち伏せされていることも考え、走る、ハッキング、武器を構えるなどの行為は控える必要がある。

ハッキング後は車や遮蔽物、高所などに身を潜める。
その際、カメラから見える位置にいると相手がカメラをハッキングしたときに気づかれてしまう。
相手の位置だけでなく、周囲の状況にも目を配ろう。

車に身を潜めることで捜索の目から逃れることはできるが、気づかれた際にすぐ逃げることができないので要注意。

危険ではあるが対象の行動に合わせ、移動をし続けるのも有効。
とにかく顔を見せず、怪しい動きを取らない様に心がけよう。

万が一見つかった際の為に手近な乗り物を把握しておくと良い。

侵入された場合

オンラインに繋いでいると唐突に侵入されることがある。
だが、相手はこちらを殺害することができないため、強気な行動に出ても問題ない。

敵を見つけた際に即座に倒せるようにグレネードランチャーなどを構えておくと逃がす確率を減らせる。

相手はハッキングを開始する前、こちらの姿を見つける必要がある。
その為、身を潜めてハッキングする前に撃退することも可能。


備考

検索中、又は参加可能なプレイヤーがいる場合、画面右側に探知した旨の表示が出ることがある。
この時に「方向キー下」を押すことでも、相手プレイヤーの検索、及び参加ができる。

コメント

コメントの投稿にはTwitterのログインが必要です。利用規約はこちら